欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

変異原性

DNAのチミンジマーは、隣接する残渣が紫外線に曝されると生成される。ダイマーの蓄積は細胞死とがんを引き起こす。

変異原性(mutagenecity)とは、遺伝子突然変異を誘発することを意味している。その原因となる物質等のことを変異原(mutagen)と呼ぶ。変異原によるDNAの変化は、細胞に害を与え、癌などの特定の病気の原因となることがある。変異原の例としては、放射性物質、X線、紫外線、特定の化学物質などがある。

DNAを損傷する物質は、デオキシヌクレオシド三リン酸(dNTP)を損傷することもあります。dNTPは、DNAポリメラーゼがDNAを複製する際に使用します。損傷したヌクレオチドがDNAに誤って組み込まれると、突然変異が生じる。っまた、カドミウムのように、変異原がDNA修復過程そのものを阻害することもある。

変異原の多くは、通常の生理的条件下で細胞内に存在する内因性物質であり、活性酸素種やアルキル化剤などが含まれる。変異原は環境中にも存在し、太陽光や、食物や空気中に変異原である可能性のある多数の化学物質が含まれる。がんの発生を促進する変異原は、発がん性物質(発がん物質)と呼ばれる。

 

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移