胚盤胞とは?胎盤胞になる確率やグレード、移植について解説

胚盤胞の電子顕微鏡写真
胚盤胞の発達

胚盤胞は哺乳類の胚の特徴的な段階です。体外受精や顕微授精を行った受精卵は、胚盤胞まで培養させてから子宮内へ移植させます。このページでは、胚盤胞とは何か、なぜ胚盤胞まで培養させてから子宮内へ移植させるのか、胚盤胞の評価とはどうのようなものかを解説していきます。

胚盤胞とは?

胚盤胞とは胎児になる「内細胞塊」と胎盤や羊膜になる「栄養外胚葉」が確認できる状態の受精卵のことです。

胚盤胞期の胚は、通常、50~200個の細胞を持っています。
自然妊娠の場合、受精卵は卵管を通って子宮に向かう間に胚盤胞に成長します。
卵巣から放出された卵子は受精した後、胚は卵管に沿って移動しながら分裂します。子宮に入るころには胚盤胞になります。

受精卵の分割と発達

受精卵は以下のように分割し、発達していきます。
受精1日目:雄性前核と雌性前核が確認できる
↓分割する
受精2日目:4分割される(分割期胚)
受精3日目:8分割される(分割期胚)
受精4日目:桑実胚 細胞が桑実のように複数に分割されている状態。桑実胚の内側の細胞塊の細胞と包膜の間に空洞ができ、この空洞が液体で満たされます(胞胚腔)。
受精5~6日目:胎児になる「内細胞塊」と、胎盤や羊膜になる「栄養外胚葉」が確認できる状態。内細胞塊と空洞の間に内胚葉になるhypoblastと呼ばれる薄い細胞層ができ、のちに呼吸器や消化管になります。

胚盤胞移植とは?

不妊治療で行わるのが、胚盤胞を子宮内に移植する胚盤胞手術です。体外受精や顕微授精で受精させた胚を胚盤胞の状態にまで培養させてから、子宮内へ移植する手術のことです。

なぜ胚盤胞を移植するのか?

残念ながら全ての受精卵が無事に着床するわけではありません。中には胚盤胞まで育つことができない受精卵もあります。そのような受精卵を子宮内へ移植しても、妊娠の可能性はありません。しかし胚盤胞まで分割が進んでいると、その受精卵は着床・妊娠の可能性がより高くなります。なぜなら、胚盤胞は胎児になる細胞塊(内細胞塊)と胎盤や羊膜になる細胞(栄養膜)を有しているからです。着床の可能性が高い胚盤胞を移植することで、着床と妊娠が期待できるのです。

胚盤胞まで育つ確率

胚盤胞まで育つ受精卵は全体の約30~50%といわれています。

なぜ胚盤胞まで育たない?

胚盤胞まで育たない原因の多くは、胚のエネルギー不足や、染色体異常といわれています。この場合、卵子と精子いずれにもその原因が考えられます。

冷凍胚盤胞の移植

かつては、顕微授精で受精した胚を培養させ、3日目の分割期胚か5日目の胚盤胞になった状態で子宮へ移植していました。しかし現在、多くの体外受精や顕微授精では冷凍胚盤胞の移植が行われています。なぜ一度冷凍させるのでしょうか? それは、冷凍させる期間を置くことで、子宮環境を自然な状態で着床・妊娠へ向けて整えられる準備期間になるためです。冷凍させることで、胚の質がよくなるわけではありません。

では、子宮環境を着床・妊娠へ向けて自然に整えるとはどういうことでしょうか? 排卵を促す排卵誘導剤は、卵巣ホルモン(卵胞ホルモン)を過剰に分泌させます。この過剰な卵巣ホルモン(卵胞ホルモン)の分泌は子宮内の環境を悪化させ、着床を妨げる恐れがあるあることが分かっています。

そのため、卵巣ホルモン(卵胞ホルモン)を使って採卵した胚をすぐには移植せず、次の周期の自然な排卵を待ちます。次の周期では卵巣ホルモン(卵胞ホルモン)を使用せず、子宮内が自然なホルモン環境になったところで胚盤胞を移植し、着床の可能性を上げようというわけです。

胚盤胞の評価

より着床に適した胚盤胞を移植するために、胚盤胞には3つの観点を総合的にみるグレード評価があります。

観点1 胚盤胞の発達段階|胞胚腔(胚の内側の細胞のない空間)の広がりをチェックします

クラス1:胞胚腔が胚盤胞全体の1/2以下を占めている状態
クラス2:胞胚腔が胚盤胞全体の1/2以上を占めている状態
クラス3:胞胚腔が胚盤胞全体に広がった状態
クラス4:胞胚腔が拡大し透明帯(卵子を覆っているたんぱく質の殻)が薄くなった状態拡張期胚盤胞
クラス5:胚盤胞の栄養芽層の一部が透明帯から一部が飛び出した状態
クラス6:胚盤胞が透明帯から完全に脱出した状態

観点2 胚盤胞がクラス3以上になると、内細胞塊と栄養外胚葉を細胞数で評価します。

内細胞塊(胎児になる細胞塊)の評価
A:細胞数が多く密になっている
B:細胞数が疎らで数個しかみられない
C:細胞数が非常に少ない

観点3 栄養外胚葉(胎盤や羊膜になる細胞塊)の評価
A:細胞数が多く密になっている
B:細胞数が疎らで数個しかみられない
C:細胞数が非常に少ない

この3つを総合的に評価し、グレードの良い胚盤胞を移植することで妊娠の可能性を高めます。

まとめ|胚盤胞は受精から5~6日目の着床準備の整った胚のこと

胚盤胞は胎児になる「内細胞塊」と、胎盤や羊膜になる「栄養外胚葉」が確認された、子宮に着床する準備の整った受精卵のことです。不妊治療ではこの受精卵を胚盤胞の状態になるまで培養させて凍結し、子宮内を着床に適した環境に整えてから胚盤胞の移植が行われます。

受精卵が胚盤胞まで分割する確率は30~50%程度といわれており、うまく育たない理由は染色体異常に原因があるとされています。

 

この記事の著者 仲田洋美(総合内科専門医がん薬物療法専門医臨床遺伝専門医


NIPTトップページに戻る