欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

塩基配列 Nucleic acid sequence

DNA構造:ヌクレオチド、リン酸塩、糖及び塩基。DNA教育のベクター画像情報の図。DNA鎖らせん分子らせん。

塩基配列とは、DNA(GACT、グアニンアデニンシトシンチミンを使用)またはRNA(GACU、グアニンアデニンシトシンウラシル)分子内の対立遺伝子を形成するヌクレオチドの順序を示す5つの異なる文字のセットで示される塩基の連続のことをさす。

慣例的に、配列は通常5’末端から3’末端に向かって示される。DNAの場合、センス鎖を使用する。核酸は通常、分岐していない直鎖状のポリマーであるため、核酸の配列を指定することは、分子全体の共有結合構造を定義することに相当する。このため、核酸の配列のことを一次構造とも呼ぶ。

このように塩基配列には情報を表す能力がある。生物のデオキシリボ核酸は、生物の機能を指示する情報を表している。(遺伝暗号アミノ酸コード

 

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移