エピジェネティック(エピジェネシス)

エピジェネティック(エピジェネシス)とは?

この記事の著者:仲田洋美
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

遺伝型における変異(塩基配列の変化)以外で遺伝子機能に影響するあらゆる要因をさしてエピジェネティックといいます。
典型的なエピジェネティックな要因としては、DNA塩基配列を変えずにゲノム構造や遣伝子発現に影響するDNAメチル化やクロマチン構造といったヒストン修飾や
転写因子の結合があります。