エンドソーム Endosome

エンドソームとは?

エンドサイトーシス、得クソサイトーシス、ファゴサイトーシス
エンドソームは、真核細胞内に存在する細胞内選別器官の集合体である。エンドソームは、ゴルジ網を起点としたエンドサイトの膜輸送経路の一部である。細胞膜から取り込まれた分子やリガンドは、この経路を通ってリソソームで分解されるか、エンドソームサイクルで細胞膜に戻されることになる。また、分子はトランスゴルジネットワークからエンドソームに輸送され、リソソームに進むか、ゴルジ装置にリサイクルされて戻ってくる。

エンドソームの機能

細胞内の分子と細胞外の分子の輸送には、複雑な膜内システムが必要である。エンドサイトーシスとは、細胞外の粒子を細胞膜が包み込み、内容物を引き込んで、エンドソームと呼ばれる細胞内小胞を形成することである。この小胞は細胞内を移動し、ゴルジ体からの酵素を含む小胞と合流して内容物が消化される。内容物が細胞内で消化されると、小胞はライソゾームと呼ばれるようになる。エキソシストシスとは、細胞の内容物を細胞外に放出する膜輸送のプロセスである。ゴルジ体などから輸送されてきた小胞が、その膜を細胞膜に合流させて内容物を放出すること。このようにして、膜は細胞内でさまざまな目的のために再利用され続ける。また、小胞体とゴルジ体の間でも膜の輸送が行われる。

エンドソームとライソソームの主な違いは、エンドソームがエンドサイトーシスで取り込まれた物質を取り囲む液胞であるのに対し、ライソソームは加水分解酵素を含む液胞であることである。さらに、エンドソームはゴルジ装置の膜貫通部と細胞膜に形成される。
ライソソーム

この記事の著者