アニーリング

アニーリングとは?

1本鎖DNAとなったDNAを冷却していくと、相補的なDNAが互いに結合し再び2本鎖となります。
相補的なDNAが結合することをアニーリングといいます。
アニーリングは、相補的な配列を持つ2本の一本鎖オリゴヌクレオチド(おおよそ20塩基対かそれ以下の長さの短いヌクレオチドの配列)を加熱し、冷却するプロセスです。
熱はすべての水素結合を破壊し、冷却は配列間に新しい結合を形成することを可能にします。
オリゴヌクレオチドのアニーリングは、通常、DNAのアニーリングと呼ばれていますが、このプロセスはRNAにも使用されています。最も効率的なアニーリングは、変性後に温度をゆっくりと低下させるときに発生します。

このプロトコルは、相補的な配列を持つ2つの一本鎖オリゴヌクレオチドをアニーリングするためのものです。加熱した後に冷却するとハイブリダイゼーションが容易になります。

annealing

関連記事:ハイブリダイゼーション