お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

LAMC3遺伝子

遺伝子名: laminin, gamma 3
別名:
染色体: 9
遺伝子座: 9q34.12
遺伝カテゴリー: Rare Single Gene variant

omim.org/entry/604349

機能

LAMC3遺伝子産物は他の細胞外マトリックス成分との相互作用により、胚の発生過程において細胞の組織への接着、移動、組織化を促進する。

Barakら(2011)は、発達中のヒト胎児の脳にLAMC3の発現を見出した。受胎後20週の時点では、移動後の錐体神経細胞が密集する皮質板に豊富に存在し、また、大脳皮質の胚葉層である脳室帯や脳室下帯にも低レベルで存在していたという。LAMC3の発現は、胎児期後期から乳児期後期にかけてピークに達し、これは神経幹細胞が増殖し、ポストミトーシスの神経細胞が皮質板に移動した後に行われる皮質の組織化の時期と一致する。LAMC3は札幌後頭部に顕著な局在を示し、錐体細胞の体幹部と先端樹状突起に局在し、軸索に沿ってはほとんど検出されなかった。この結果は、LAMC3が大脳皮質の組織化に関与していることを示唆している。一方、マウスの胎児期の脳では、LAMC3の発現パターンが異なっていた。LAMC3の発現は、神経細胞には見られず、代わりに胎児期の脳血管系と髄膜に限定されていた(胎児期13.5日以降)。この発見は、LAMC3の発現が哺乳類の系統上で分岐していることを示唆しており、ヒトの大脳皮質形成の特異的な候補となった。

Gersdorffら(2005)は、マウスのラミニン-ガンマ-3のドメインIII3-5が、ラミニン-ガンマ-1のドメインIII3-5(150290)が示す親和性よりも低い親和性で、基底膜タンパク質nidogen(131390)およびnidogen-2(605399)と結合することを示した。

発現

ラミニン(150240参照)は、α鎖、β鎖、γ鎖からなるヘテロ三量体分子で、上皮構造の発生や安定化に機能している。Kochら(1999)は、ヒト胎盤絨毛から、既知のα鎖とβ鎖からなり、γ-3と呼ばれる新規のγ鎖を持つ新規ラミニン、ラミニン-12を精製した。また、ヒトのγ-1およびγ-2のcDNA配列をESTデータベースに登録したところ、アミノ酸配列がγ-3の精製ペプチド配列と100%同一の領域を含むcDNA、LAMC3が同定された。LAMC3のcDNAは、19アミノ酸の推定シグナルペプチドを含む、1,620アミノ酸のオープンリーディングフレームを含んでいる。このアミノ酸配列は、γ-1およびγ-2のアミノ酸配列とそれぞれ43.6%および34%の同一性がある。ノーザンブロット法によるγ-3の発現解析では、いくつかのヒト組織に5kbの転写産物が存在することが確認されている。免疫組織化学的手法により、γ-3タンパク質は、真皮-表皮接合部の神経貫通部や、肺、卵管、精巣上体、精管の繊毛上皮細胞の先端部に局在していた。

Gersdorffら(2005)は、免疫組織化学的分析と免疫金電子顕微鏡を用いて、ラミニンガンマ-3がマウスの成体および胚の組織の基底膜(主に脳、腎臓、皮膚、筋肉、精巣)に独占的に発現していることを示した。

自閉症スペクトラムASDとの関係

LAMC3遺伝子には、自閉症との関連が指摘されている希少な変異がある(O’Roak et al. この研究では、一人の自閉症患者において、機能的であることが予測されるデノボのミスセンス(Asp399Gly)変異が発見された。また、LAMC3遺伝子は、大脳皮質の発達に関与しているとされている(Barak et al.