お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

IMMP2L遺伝子

遺伝子名; IMP2 inner mitochondrial membrane peptidase-like (S. cerevisiae)
別名:IMP2
染色体番号: 7
遺伝子座: 7q31.1
関連する疾患: Mental retardation, X-linked 21/34
遺伝カテゴリー: Rare single gene variant–Genetic association/multigenic CNV-Multigenic CNV-Genetic association-Functional

omim.org/entry/605977

機能

ミトコンドリア内膜ペプチダーゼ(IMP)複合体は、核内にコードされたタンパク質のミトコンドリア標的前配列をタンパク質分解により除去することで、ミトコンドリア膜間部に成熟した活性のあるタンパク質を生成する。IMP1(IMMP1L; 612323)とIMP2は、IMP複合体の触媒サブユニットである

発現

Petekら(2001)は、ジル・ド・ラ・トゥレット症候群(GTS; 137580)の患者で、7番染色体の長腕部分にde novoの重複がある場合、以前にGTSの症例で破壊されていることが示された領域を定義する2つのマーカーの間に、遠位の染色体の切断点が生じていることを発見した(Boghosian-Sellら, 1996)。さらにPetekら(2001)は、酵母のImp2のホモログをコードするIMMP2Lという新規の遺伝子が、重複断片の切断点と7q31の挿入部位の両方で破壊されていることを発見した。 175アミノ酸のヒトIMMP2Lタンパク質は、酵母のタンパク質と41%、マウスのタンパク質と90%同一である。RT-PCR分析では、成人の肝臓と肺を除くすべての組織でIMMP2Lの発現が検出された。

Burriら(2005)は、酵母のImp2のホモログをデータベースで検索することにより、ヒトとマウスのIMMP2Lを同定し、IMP2と命名した。157アミノ酸からなるヒトのIMP2タンパク質には、保存された触媒作用を持つセリンおよびリジン残基と、特徴的なasn-X5-serモチーフが含まれていた。マウスのIMP2は、トランスフェクトした酵母細胞のミトコンドリアに局在していた。

Burriら(2005)は、マウスImp1とImp2が触媒作用を持つIMPサブユニットとして機能し、プロアポトーシスタンパク質であるDiablo(605219)をミトコンドリアで活性化することを示した。また、マウスのImp2は、Imp2-null酵母細胞の成長障害を補完し、酵母のIMP複合体を再安定化させた。

自閉症スペクトラムASDとの関係

IMMP2L遺伝子のまれな変異は、トゥレット症候群(自閉症との症候群的重複の可能性)と同定されている(Petekら、2001年)。しかし、別の研究では、トゥレット症候群またはASD患者をスクリーニングした結果、IMMP2Lにコーディング変異は見られなかった(Petek et al., 2007)。