お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

GRPR遺伝子

遺伝子名; Gastrin-releasing peptide receptor
別名:
染色体番号: X
遺伝子座: Xp22.2
関連する疾患: 
遺伝カテゴリー: Genetic Association–Rare single gene variant/genetic association-Rare single gene variant

omim.org/entry/305670

機能

GRPR遺伝子にコードされたタンパク質は、Gタンパク質結合受容体活性を有する。

Corjayら(1991)は、Xenopus ooctyesにGRPRを発現させると、GRPの発現後に脱分極反応が誘発されることを示した。この反応はGRPRアンタゴニストによって阻止された。

ヒトの気道におけるGRPRの活性化は、GRPに対する気管支細胞の増殖反応やタバコの長期使用と関連している。女性は男性よりもタバコの発がんに影響を受けやすいことを示す証拠が増えている。Shriverら(2000)は、女性がタバコの影響を受けやすいのは、気道でのGRPRの発現と関連しているのではないかと考えた。Shriverら(2000)は、78人(男性40人、女性38人)の肺組織と培養気道細胞、およびin vitroでニコチンに曝された肺線維芽細胞におけるGRPR mRNAの発現を分析した。Shriverら(2000)は、非喫煙者よりも女性の方が多く(55%対0%)、1〜25パック年の喫煙歴を持つ短期喫煙者(75%対20%)の気道細胞および組織でGRPR mRNAの発現を検出した(「パック年」とは、1日の喫煙本数に喫煙年数を掛けたもの)。女性の喫煙者は、男性の喫煙者よりも平均喫煙年数が短くてもGRPR mRNAの発現が見られた。肺の線維芽細胞と気管支上皮細胞は、高親和性で飽和可能なニコチン性アセチルコリン結合部位を示した。肺線維芽細胞におけるGRPR mRNAの発現は、ニコチンへの曝露後に上昇した。Shriverら(2000)は、女性におけるGRPR遺伝子の2つの発現コピーの存在が、タバコによって誘発される肺がんに対する女性の感受性を高める要因である可能性を示唆した。

Sunら(2009)は、マウスの脊髄でGRPRを発現するlamina Iニューロンを選択的に切除した。このマウスでは、ヒスタミン依存性の有無にかかわらず、すべてのかゆみ刺激(pruritogenic)に反応してひっかき行動が著しく低下した。一方、疼痛行動には影響がなかった。Sunら(2009)は、GRPR陽性のニューロンは、かゆみと痛みに別々の神経経路があるかどうかについて議論の焦点となっている視床下部路のニューロンとは異なることが示唆されると結論づけた。Sunら(2009)は、GRPR+ニューロンが、脊髄における痒み感覚の長年のラベルラインを構成していることを示唆した。

Yuら(2017)は、マウスが同種の人の引っ掻きを観察した後に引っ掻くことを発見した。分子マッピングにより、伝染性のひっかきを見せたマウスの視床下部の視交叉上核(SCN)で神経細胞の活動が増加していることがわかった。SCNのGRPRまたはGRPRニューロンをアブレーションすると、伝染性ひっかき行動が消失し、SCNのGRP(137260)ニューロンを化学的に阻害しても同様の結果が得られた。SCNのGRP/GRPRニューロンを活性化すると、ひっかき行動が誘発された。Yuら(2017)は、これらのデータにより、GRP-GRPRシグナルがSCNで伝染性の痒みの情報を伝達するのに必要かつ十分であることが示されたと結論づけた。

発現

腫瘍におけるガストリン放出ポリペプチド(GRP;137260)とその受容体の発現は、これらの分子が成長のためのオートクラインループの一部であることを示唆している。Spindelら(1990)は、マウスGRP受容体を用いた小細胞肺癌細胞株から作成したライブラリーから、ヒトGRP受容体cDNAをクローン化した。このcDNAは、ヒトゲノムライブラリーのスクリーニングに使用された。

Corjayら(1991)は、NCI-H345ヒト肺癌細胞からGRPRをクローニングした。この384アミノ酸のタンパク質は、Gタンパク質共役型受容体に特徴的な7つの膜貫通ドメインを持つと予測された。GRPRとNMBR (162341)は、55%のアミノ酸配列を共有しており、膜貫通ドメイン-3に最も高い保存性がある。GRPRとNMBR(162341)は、55%のアミノ酸の同一性があり、膜貫通ドメイン-3が最もよく保存されている。両タンパク質とも、細胞質ループとC-末端ドメインにプロテインキナーゼC(176960参照)のリン酸化部位がある。また、GRPRとNMBRは、遺伝子構造が類似しており、共通の祖先から進化したことが示唆されている。ヒトのGRPRは、ネズミのGrprと90%の相同性を持つ。

Wadaら(1991)は、ラット脳のin situハイブリダイゼーションにより、視交叉上核、室傍核、外側嗅覚路核、大脳視交叉前核、外側乳頭核にGrprの発現を検出した。他の脳領域では発現が弱いことがわかった。Wadaら(1991)は、この脳内での発現パターンがNmbrで見られたものとは異なると指摘している。

自閉症スペクトラムASDとの関係

GRPR遺伝子の稀な変異が自閉症と関連していることが確認されている(Ishikawa-Brush et al. しかし、日本人の集団コホートにおいては、GRPRと自閉症との間に遺伝的な関連性は認められませんでした。また、レット症候群の患者を対象としたスクリーニングにおいても、GRPR遺伝子には希少な変異が見られなかった。