お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

DPP10遺伝子

遺伝子名;dipeptidyl-peptidase 6
別名:DPPX; MGC46605
染色体番号: 7
遺伝子座: 7q36.2
関連する疾患: 
遺伝カテゴリー: Genetic Association-Rare Single Gene variant-Rare single gene variant/multigenic CNV-Rare single gene variant/Functional-Functional

omim.org/entry/126141

機能

DPP6遺伝子産物は、A型電流のキネティクスを調節する。
A型電流は、神経細胞で広く調べられており、これらの電流が発火頻度を制御していると考えられている。多くの神経細胞では、定常状態での不活性化が顕著なため、静止した膜電位ではA型チャネルは利用できない。これらの細胞でA型チャネルが利用可能になるのは、活動電位の後の過分極で、膜電位が十分に負になって不活性化がなくなるときである(22)。A型チャネルは、過分極後の減衰時に活性化し、脱分極を遅らせる傾向がある。このようにして、A型の電流は活動電位の間の期間を長くする。

Sunら(2011)は、Dpp6を欠損させたマウスでは、CA1海馬ニューロンの樹状突起の興奮性を制御するのに重要なA型K+電流勾配が欠如していることを報告した。Dpp6を欠損させると、特に遠位樹状突起でA型電流が減少することがわかった。電流密度の減少は、チャネル活性化の電圧依存性の脱分極シフトを伴っていた。これらの変化により、樹状突起の興奮性が高まり、樹状突起のAPバックプロパゲーション、カルシウム電気発生、シナプス長期増強の誘導が促進された。樹状突起の興奮性が高まったにもかかわらず、DPP6ノックアウトした記録では、体細胞に電流を流しても発火行動にほとんど影響がなかったことから、神経細胞の興奮性はコンパートメント別に制御されていることがわかった。

発現

Wadaら(1992)は、ウシとラットの脳ライブラリから、ジペプチジルペプチダーゼIV関連タンパク質のcDNAクローンを単離した。DPPIV関連タンパク質は、セリン、アスパラギン酸、ヒスチジンが触媒三座を形成するファミリーに属するジペプチジルペプチダーゼIV(102720)とは異なり、最初のセリン残基を示さない。横谷ら(1993)がヒトホモログを単離した。

自閉症スペクトラムASDとの関係

DPP6遺伝子のまれな変異は、自閉症との関連が確認されています(Marshall et al.2008; ORoak et al.2012)。また、DPP6と筋萎縮性側索硬化症(ALS)との間に遺伝的な関連が認められています(van Es et al.)

その他の表現型

なし