お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

DHCR7

遺伝子名; 7-dehydrocholesterol reductase
別名: delta-7-dehydrocholesterol reductase, delta7-sterol reductase
染色体番号: 11
遺伝子座: 11q13.4
関連する疾患:  Smith-Lemli-Opitz syndrome
遺伝カテゴリー: Syndromic–Rare single gene variant

omim.org/entry/602858

機能

DHCR7遺伝子は、デルタ7-ステロール還元酵素(EC 1.3.1.21)をコードしている。この酵素は、哺乳類のステロール生合成の最後の酵素であり、7-デヒドロコレステロール(7-DHC)をコレステロールに変換する。この酵素は、ステロールのδ8-δ7異性化酵素によって導入されたC(7-8)二重結合を除去する。さらに、薬物による奇形に対する役割も知られている。AY9944やBM15766のようなコレステロール生合成の最終段階の阻害剤は、脳の発達を著しく阻害する(Moebius et al., 1998)。

発現

Wassifら(1998)は、シロイヌナズナ由来のステロールデルタ-7-レダクターゼとの相同性に基づいて、ヒトのステロールデルタ-7-レダクターゼ(DHCR7)をコードするcDNAクローニングし、線維芽細胞での発現によりヒト遺伝子産物の酵素機能を確認した。

Waterhamら(1998)は、ESTデータベースをA. thalianaの酵素のアミノ酸配列と検索することにより、ヒト7-デヒドロコレステロールリダクターゼをコードする部分的な転写産物を同定した。彼らは、残りの5プライム配列を5プライムRACEによって単離した。このcDNAをSaccharomyces cerevisiaeで異種発現させることにより、7-デヒドロコレステロール還元酵素をコードしていることを確認した。

Moebiusら(1998)は、DHCR7遺伝子をクローニングした。推定されたタンパク質は膜結合型で、予測される分子量は55kD、6〜9個の推定膜貫通セグメントを持つ。このタンパク質は、植物や酵母のステロール還元酵素と構造的に関連している。成人では、副腎、肝臓、精巣、脳に最も多く存在し、ユビキタスに転写されるmRNAである。脊椎動物では重要な酵素ですが、酵母には存在しません。ヒトのcDNAを異種発現させたSaccharomyces cerevisiae株のミクロソームは、7-デヒドロコレステロールのC(7-8)二重結合を除去した。コレステロールへの変換は、NADPHに依存し、AY9944、BM15766、トリパラノールで強力に阻害される。

自閉症スペクトラムASDとの関係

この遺伝子は、Smith-Lemli-Opitz症候群(SLOS)を持つ人の一部が自閉症を発症する症候性自閉症との関連が指摘されている(Tierney et al, 2001)。

その他の表現型

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子名DHCR7
遺伝子MIM番号602858
遺伝子座11q13.4
遺伝形式常染色体劣性
疾患名スミス・レムリ・オピッツ(Smith-Lemli-Opitz)症候群
疾患頻度
症状コレステロール合成の最終段階である7-デヒドロコレステロール還元酵素をコードするDHCR7遺伝子の変異によってコレステロール産生が低下することにより発症する症候群である。成長障害、小頭症、知的障害、特徴的顔貌(狭額症、内眼角贅皮、眼瞼下垂、上向きの鼻、小さい鼻、耳介低位等)、口蓋裂、外性器異常(男児)、第2趾と第3趾の合趾症、軸後性多指症等を特徴とする。難治性てんかんや痙攣をはじめとする中枢神経症状、先天性心疾患、喉頭・気道の奇形や換気障害をはじめとする呼吸器症状、腎奇形(水腎症、片腎、尿細管異常等)を伴うことも多い。
表現MIM番号270400

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑