欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

CHM

遺伝子名;CHM

CHM遺伝子に関する説明です。この遺伝子の病的変異はX連鎖劣性でコロイデレミア(網膜黄斑ジストロフィー)を引き起こします。網膜黄斑ジストロフィーは、黄斑部を含む網膜が変性を起こす病気で、通常、両眼性で、多くは遺伝します。また単一の病気ではなく遺伝形式や病状、進行の度合いが異なるいくつかの病気の総称で、生後からほぼ不変なものから、進行し失明に至るものまでさまざまです。小児期から学童期に夜盲や視力不良で発症します。進行すると視野障害が起きますが、視力は、比較的晩期まで保たれます。

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子 CHM
疾患名 コロイデレミア(網膜黄斑ジストロフィー)
バリアント c.1584_1587delTGTT
c.1609+2dupT
c.1131_1133dupATA
c.877C>T
c.703-1G>C
c.715C>T
c.1609+2T>A
c.1520A>G
c.1144G>T
c.1138C>T
c.1019C>A
c.820-2A>G
c.808C>T
c.799C>T
c.757C>T
検出率 >70%
分布
引用
程度
遺伝形式 X 連鎖劣性遺伝
症状:引用元 www.japo-web.jp/info_ippan_page.php?id=page20
症状 ジストロフィー(異栄養症)とは、遺伝子の異常による代謝障害のために成長に伴い組織が萎縮・変性をきたす病気のことで、全身の病気では筋ジストロフィーが有名。眼では角膜ジストロフィーと網膜黄斑ジストロフィーが知られる。網膜黄斑ジストロフィーは、黄斑部を含む網膜が変性を起こす病気で、通常、両眼性で、多くは遺伝する。網膜黄斑ジストロフィーは、単一の病気ではなく遺伝形式や病状、進行の度合いが異なるいくつかの病気の総称で、生後からほぼ不変なものから、進行し失明に至るものまでさまざまです。小児期から学童期に夜盲や視力不良で発症する。進行すると視野障害が起こるが、視力は、比較的晩期まで保たれる。眼底検査、網膜電図や、蛍光眼底造影で異常所見を示す。コロイデレミアは桿体(暗いところで働く細胞。色は識別できないがわずかな光でも感じることができる。)が傷害され、主にX 連鎖劣性遺伝(CHM遺伝子異常)であり、保因者である女性にも眼底異常や夜盲が出現する。
頻度
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移