お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

16p13.3

16p13.3微小欠失症候群の概要

www.omim.org/entry/610543
16p13.3染色体欠失CREBBP(600140)、DNASE1(12505)、TRAP1(HSP75;606219)の各遺伝子に影響を及ぼす連続遺伝子症候群です。

Rubinstein-Taybi Syndrome-1 (RSTS1; 180849)は、CREBBP遺伝子内の点変異または欠失により発症する。

第16染色体のp13.3に位置するCREB(cAMP response element-binding protein)結合タンパク質遺伝子(CREBBPまたはCBP)を含む微小な欠失が、Rubinstein-Taybi症候群(RTS, MIM #180849)の約10%の個体で確認されている。この症候群は、出生前および出生後の成長制限、小頭症、形態異常、親指と足指の幅の広さ、および知的障害を特徴としている。顔面の特徴としては高い眉毛、長い睫毛,鼻孔の下に伸びる突出した中隔を有する嘴状の鼻,下降した口蓋裂,高い口蓋,および小顎症が挙げられる.親指は幅広で半径方向に偏っており、足指もかなり幅広で内反しています。一般的に多毛症が見られます。先天性心疾患は患者の3分の1に見られます。目の異常としては、緑内障、白内障、斜視などがあります。

RTSの発症者の約40%にCBP遺伝子の変異が検出されています。また、別の遺伝子であるEP300の突然変異は、少数の症例を占めています。RTSと一致する臨床的特徴を持つ患者の約50%には、CBPやEP300に検出可能な欠失や変異がないことから、他の未知の遺伝子がこの疾患の原因となっている可能性もあります。

16p13.3微小重複症候群の概要

www.omim.org/entry/613458
このエントリーでは、連続した遺伝子重複症候群を表す。重複しているのは染色体16p13.3で、重度のRubinstein-Taybi症候群(610543)に見られる欠失と相補的な関係にある。重複している共通の遺伝子はCREBBP(600140)で、古典的なRubinstein-Taybi症候群(180849)ではこの遺伝子が変異している。
この重複はRubinstein-Taybi臨界領域を含み、サイクリックアデノシン一リン酸cAMP応答要素結合タンパク質CREB結合タンパク質(CREBBP)遺伝子を含む。

臨床的特徴としては、正常な成長、軽度から中等度の発達遅延、親指が小さく近位に埋まっている、指が長い、軽度の関節彎曲症(複数の関節の拘縮)と近位指節関節の屈曲変形が挙げられる。異形の特徴としては、目が奥まっている、口蓋裂、鼻梁が広い、唇が長い、上唇が薄いなどが挙げられる。この重複症は、心臓疾患(心房中隔欠損症、ファロー四徴症)、粘膜下口蓋裂、および眼の疾患(斜視、眼瞼下垂)を伴うことがある。この重複は、正常な表現型を示す保因者である両親にも見られるため、その浸透率は様々である。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号