お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

16p11.2

16p11.2微小欠失症候群の概要

www.omim.org/entry/611913
染色体16p11.2における約555kbの再発性微小欠失および微小重複は、ASD患者の最大1%にみられるものである。また、16p11.2の欠失は、早期に発症する重度の肥満と良く関連している。

16p11.2のこの欠失は、29.5から30.1メガベース(Mb)の位置でほぼ600kbにわたっている。このような再配列を媒介するフランキング・セグメントのため、再発する。臨床所見としては、様々なレベルの知的障害があり、言語遅延の発生率が高く、受容的言語よりも表現的言語の方が多い。これは神経発達や精神疾患を引き起こす最も一般的な欠失の一つであり、自閉症スペクトラムに関連する最も一般的な再発性ゲノム障害の一つと考えられている。いくつかの研究では,この欠失を持つ患者の最大55%が自閉症または自閉症スペクトラムの基準を満たしており、自閉症患者におけるこの微小欠失の頻度は約0.6%であるとされている。この欠失区間には,マイトジェン活性化プロテインキナーゼ3(細胞外シグナル調節型キナーゼ1;ERK1とも呼ばれる)をコードするMAPK3遺伝子が含まれている。ERK経路を制御する変異は神経認知障害や自閉症に関与しているとされる。

また、この欠失が、注意欠陥多動性障害(ADHD)、双極性障害、統合失調症、パニック障害などの精神疾患に関与している可能性を示すデータもある。この欠失を持つ患者の中には、頸胸部脊髄空洞症と診断された者もおり、発作や脳波異常のリスクが平均よりも高いとされている。古典的な欠失(座標29.7~29.9Mb)の遠位に、より小さい欠失(約200kb)があり、クラス2の肥満を呈する患者が数名報告されている。このように、肥満はこの欠失の表現型の一部である可能性がある。

正式な発達障害、神経精神医学、自閉症の評価が必要な場合がある。脊髄空洞症は無症状の場合もあるため、脊椎の磁気共鳴画像(MRI)を検討すべきである。

16p11.2微小重複症候群の概要

omim.org/entry/614671

16p11.2微小重複は、連続した遺伝子重複症候群(chr16:29.5-30.1 Mb, NCBI36)を示す。
染色体16p11.2における約555kbの再発性微小欠失および微小重複は、ASD患者の最大1%に自閉症スペクトラム障害(ASD)の疾患感受性を与える。

この反復する再配列は、約600kbに及ぶ16p11.2の欠失の相互に関係する。臨床症状には大きなばらつきがあり,大部分の症例では正常であるが,発達遅延や自閉症スペクトラム障害に至るまで様々である。他の多くの神経発達障害や行動障害も観察されている。この重複は、乳児けいれんやてんかんなどの発作性疾患のリスク増加と関連している。この重複を有する57人の患者の大規模なコホートを対象としたある研究では、不随意運動、左右対称の四肢の筋緊張低下、反射亢進、反射低下、三頭筋緊張低下、および構音障害などの神経学的所見が報告されている。この重複を有する患者に見られるその他の臨床所見には、胸腰部脊髄空洞症がある。この遺伝子座におけるコピー数変異(CNV)の変化(消失または獲得)は、言語、言語記憶、および抑制を含む認知を調節する。このコピー数増加を有する患者は、家族内の対照者と比較して、頭囲が小さく、BMIが低い。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号