お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年10月

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2021年9月

1日(水)/7日(火)・8日(水)/14日(火)・15日(水)/

21日(火)・22日(水)/28日(火)・29日(水)/

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/31日(火)/

2q23.1

www.omim.org/entry/156200

2q23.1微細欠失症候群

染色体2q23.1の微小欠失MBD5遺伝子(611472)のヘテロ接合性の変異または破壊によって精神遅滞(MRD1)が引き起こされる可能性がある。
2q23.1欠失症候群のほとんどの症例はde novo新生突然変異)であり、これは欠失がどちらの親からも受け継がれていないことを意味している。

2q23.1の欠失は,重度の知的障害,痙攣,自閉症スペクトラム障害,低身長,小頭症などとの関連が認められている。痙攣の重症度や表現型から、レット症候群、アンジェルマン症候群、スミス・マゲニス症候群などの診断が考えられます。欠失領域に関与する遺伝子であるメチルCpG結合ドメインタンパク質5(MBD5)は,メチルCpG結合タンパク質ドメインファミリーに属し,レット症候群で変異したメチルCpG結合タンパク質2(MECP2)遺伝子も含まれる。MBD5は、自閉症や神経発達障害にも関与していると言われている。その他の臨床所見としては、粗い顔つき、異常な睡眠パターン、行動上の問題などが挙げられる。

これらの患者のスクリーニングには、神経発達障害および自閉症の評価、脳画像検査を伴う神経学的評価、および脳波(EEG)検査がある。2q23.1欠失症候群の診断は、症状によって疑われることもありますが、遺伝子検査によって確定されます。

治療としては、各人の症状に基づいて行われ、痙攣発作の管理や自閉症に対する特異的な治療法がなされる。

2q23.1微細重複症候群

2q23.1マイクロデュプリケーション症候群は、2番染色体の長腕の部分的な重複に起因する稀な染色体異常症候群であり、主に、全般的な発達遅延、筋緊張低下、自閉症様の特徴および行動上の問題を特徴とする。また、頭蓋顔面形態異常(アーチ型眉毛、多毛、両側眼瞼下垂、突出した鼻、広い口、小顎症)や愛想の良い性格もよく見られます。軽度の指の異常(第5指の短縮形、大きくて広い第1指)が報告されることもあります。

MBD5を含む染色体2q23.1領域は、欠失や重複によって遺伝子の投与量が変化する容量依存性領域であるという仮説がたてられています。
2q23.1重複を有する23人の報告では、観察された表現型には、ID、言語障害、乳児期の筋緊張低下と粗大運動の遅れ、行動上の問題、自閉症的特徴、顔面の異形性(鼻翼の異常、アーチ型の眉、突出した鼻、小さなあご、薄い上唇)、および軽度の指の異常(第5指のclinodactyly彎指趾症と大きな幅のある第1指)が含まれる。微小重複のサイズは全症例で異なり、68kbから53.7Mbの範囲で、メチル化のパターンやエピジェネティックな制御に重要な因子であるMBD5を含む領域を包含している。

MBD5のハプロ不全が2q23.1微小欠失症候群の主要な原因因子であること、およびMBD5の変異が自閉症と関連していることが報告されている。MBD5はすべての重複症例に共通する唯一の遺伝子であり、MBD5の過剰発現が2q23.1微小重複症候群に見られる中核的な臨床症状の原因である可能性が高い。表現型の解析では、2q23.1重複では、相互に欠失した場合よりもわずかに重度の表現型になることが示唆されている。MBD5の欠失、変異、重複に関連する特徴および観察された遺伝子発現の変化は、MBD5が正常な発達に重要な用量感受性遺伝子であることを裏付けている。

*******************
ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号