欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

対立遺伝子

対立遺伝子とは?

対立遺伝子とは、ある遺伝子の2つ以上のバージョンのうちの1つのことをいいます。
個人は各遺伝子に対して2つの対立遺伝子を、それぞれの親から1つずつ受け継ぎます。
2つの対立遺伝子が同じ場合、個人はその遺伝子のホモ接合体といいます。
対立遺伝子が異なる場合、個人はヘテロ接合体といいます。
対立遺伝子という用語は、もともと遺伝子間の変異を記述するために使用されていたが、現在ではまた、ノンコーディングDNA配列間の変異を指すにも使われます。

ちょっとわかりにくいので例を挙げましょう。仮定の話として聞いてください。

たとえばエンドウ豆の花の色を規定するABCDE遺伝子があったとします。
白い色になるのがaaの組み合わせ(ホモ接合)
赤になる遺伝子がAAの組み合わせ(ホモ接合)
Aaならピンクになると仮定します。(ヘテロ接合)

このaとAは対立遺伝子とかアレル、アリルと呼ばれます。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話での受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移