欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

RNAポリメラーゼ

RNAポリメラーゼとは何か?

RNAポリメラーゼは、DNA塩基配列をRNAの塩基配列にコピーする酵素で、転写のプロセスを担っている。RNAポリメラーゼは、タンパクサブユニットからなる複合分子であり、DNA分子に格納された情報を新しいメッセンジャーRNA分子にコピーする転写プロセスを制御する。
RNAAポリメラーゼ

RNAポリメラーゼ(RNAP)は、複数のサブユニットからなる酵素で、DNAを鋳型にしてRNAポリマーを合成する転写プロセスを触媒する。RNAポリマーの配列は、鋳型となるDNAの配列と相補的で、5’→3’の方向に合成される。

RNAポリメラーゼはすべての生物種で発見されているが、その数や構成は生物種によって異なる。例えば、バクテリアには1種類のRNAポリメラーゼしか存在しないが、真核生物(多細胞生物や酵母)には3種類の異なるRNAポリメラーゼが存在する。しかし、このような違いにもかかわらず、転写メカニズムには驚くほどの共通点がある。例えば、遺伝子発現を時間的、空間的に変化させるためには、すべての生物種が転写を制御する仕組みを必要とする。

RNAポリメラーゼ

RNAポリメラーゼは十数種類のタンパク質で構成されている。これらのタンパクは、DNAを取り囲み、巻き戻し、DNAの情報に基づいてRNA鎖を形成する機械を形成している。酵素が動き出すと、RNAポリメラーゼはDNAに沿って進行し、何千ものヌクレオチド長のRNA鎖をコピーする。
RNAポリメラーゼは巨大なマルチサブユニット複合体である。RNAポリメラーゼは、プロモーター領域の70~90塩基対のDNAに接触してDNAの転写を開始し、転写中はDNAはポリメラーゼに巻き付いている。真核生物には、3つの異なるタイプのRNAポリメラーゼが存在する。

RNAポリメラーゼI(Pol I):リボソームサブユニットの生成に用いられる。
RNAポリメラーゼII(Pol II):タンパク質をコードするRNAとマイクロRNAの生成に使用される。
RNAポリメラーゼIII(Pol III):各tRNAと小リボソームRNAサブユニットの生成に使用される。

 

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移