クローニング

クローニングとは?

遺伝子クローニングとは、生物から抽出したすべてのDNAの中から、目的の遺伝子を探し出してコピー(クローン化)することである。

遺伝子クローニングの基本的な手順

1. 目的の遺伝子を持つとされる生物から抽出したDNAを制限酵素で遺伝子サイズに切断する。

2. バクテリアのプラスミドも同じ制限酵素で切断する。

3. 遺伝子サイズのDNAと切断したプラスミドを1つの試験管にまとめる。多くの場合、プラスミドと遺伝子サイズのDNAはアニーリングして、組み換えプラスミド(組み換えDNA)を形成する。

4. 組換えプラスミドは、エレクトロポレーションやヒートショックを用いてバクテリアに移される。

5. バクテリアをプレートに移し、コロニーを形成させる。すべてのプレート上のすべてのコロニーを遺伝子ライブラリーと呼ぶ。

6. 遺伝子ライブラリーをスクリーニングして、目的の遺伝子を含むコロニーを特定するには、以下の3つのうちの1つを調べる。
目的の遺伝子または極めて類似した遺伝子のDNA配列
目的の遺伝子がコードするタンパク
目的の遺伝子に近い位置にマッピングされたDNAマーカー

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号