コドン codon

コドンとは

DNA塩基配列は、mRNA転写されて核外に持ち出され、さらにtRNAと3つ一組のコドンで対応し、アミノ酸翻訳されます。
3つ一組をコドンといい、基本的には翻訳された後のmRNAの塩基配列を指します。
コーディング遺伝子タンパクをコードする遺伝子)のエクソンの部分のDNAの配列の3個の塩基の組み合わせであるトリプレットが1個のアミノ酸を指定する一たい一対応が存在し、この関係はそのものを遺伝暗号と呼びます。
アミノ酸は500種類以上見つかっていますが、タンパクを作るアミノ酸は22個しかありません。
これに対して、コドンは4の3乗つまり64の配列があり、コドン配列のほうが余りますので、実際には一対一対応しているのはたった2種類のみで、メチオニンとトリプトファンのみです。
コドン表を出しておきます。スマホの方は水平スクロールしてご覧ください。

コドン表
2つ目の塩基
UCAG
1つ目の塩基UUUU PheUCU SerUAU TyrUGU Cys
UUC PheUCC SerUAC TyrUGC Cys
UUA LeuUCA SerUAA   終止 UGA  終止 
UUG LeuUCG SerUAG   終止UGG Trp
CCUU LeuCCU ProCAU HisCGU Arg
CUC LeuCCC ProCAC HisCGC Arg
CUA LeuCCA ProCAA Gln CGA Arg
CUG LeuCCG ProCAG GlnCGG Arg
AAUU Ile ACU ThrAAU AsnAGU Ser
AUC IleACC ThrAAC Asn AGC Ser
AUA Ile ACA ThrAAA LysAGA Arg
AUG Met・開始ACG ThrAAG LysAGG Arg
GGUU ValGCU AlaGAU AspGGU Gly
GUC ValGCC AlaGAC AspGGC Gly
GUA ValGCA AlaGAA GluGGA Gly
GUG ValGCG AlaGAG GluGGG Gly



アミノ酸合成は、5’から3’の方向に行われます。

スタートコドン

スタートは必ず開始コドンのメチオニンAUGです。

ストップコドン

これがきたら終了ね、という命令をするストップコドンは3種類あり、UAA,UAG,UGAです。

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号