欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

Gタンパク質

Gタンパク質G proteinは細胞内のグアニンヌクレオチド結合タンパク質guanine nucleotide-binding proteinで、細胞表面の受容体と相互作用し、細胞内の生化学的作用に影響を与える。Gタンパク質は、GTPaseと呼ばれる酵素グループに属している。

Gタンパク質の定義

Gタンパク質は、グアニンヌクレオチドであるGTPを結合して加水分解する能力を持つことから名付けられた。

広義

広義には、グアニンヌクレオチド結合タンパク質のスーパーファミリーは、構造的に異なる2つのクラス、すなわち、様々な細胞プロセスに関与する単量体GTP結合タンパク質monomeric GTP-binding proteins(単量体GTPaseとも呼ばれる)と、膜上の受容体を様々なエフェクター分子に結合させることにより、主に膜貫通型のシグナル伝達に関与するヘテロ三量体のGTP結合タンパク質からなる。

狭義

従来、「Gタンパク質」という言葉は、後者のヘテロ三量体GTP結合タンパク質にのみ適用されてきた。

Gタンパク質の役割

Gタンパク質は、細胞内の分子スイッチとして働き、細胞外のさまざまな刺激から細胞内へのシグナル伝達に関与するタンパク質群である。Gタンパクの活性は、グアノシン三リン酸(GTP)に結合し、グアノシン二リン酸GDP)に加水分解する能力を制御する因子によって制御されている。Gタンパク質は、GTPと結合しているときは「オン」つまり活性化された状態、GDPと結合しているときは「オフ」、つまり不活化された状態となる。

GPCR Gタンパク質共役型レセプター

Gsの一般的な機能は、細胞表面のGタンパク質共役型受容体GPCR)の活性化に応じて、細胞内のシグナル伝達経路を活性化することである。

GPCRは受容体-トランスデューサー-エフェクターという3つの要素からなるシステムの一部として機能している。
このシステムにおけるトランスデューサー(変換器)はGsαなどのGαタンパク質と、Gβγ複合体でGβとGγと呼ばれる2つのタンパク質が緊密に結合した複合体の3つのサブユニットからなるヘテロ三量体Gタンパク質である。

Nonsteroid hormones action

受容体が細胞外のホルモンや神経伝達物質など活性化リガンドと結合すると、活性化された受容体はグアニンヌクレオチド交換因子として働き、GαからのGDP放出とGTP結合を促進し、GTP結合したGαとGβγの解離を促進する。特にGTPが結合して活性化したGsαは、アデニルシクラーゼと結合してセカンドメッセンジャーであるcAMPを産生し,cAMP依存性プロテインキナーゼ(プロテインキナーゼA;PKA)を活性化する。

 

この記事の著者:仲田洋美医師
医籍登録番号 第371210号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について

クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移