院長仲田洋美の歴史(医学生時代)

仲田洋美

院長仲田洋美の学生時代

初めまして。仲田洋美(なかたひろみ)

と申します。

新型コロナウイルスSARS-CoV-2によるパンデミックが世界を震撼させています.こんな時期に,テレビで不適切な情報を流す人たちに怒って,国民の皆様に確かな情報を伝えるべく,SNSを駆使しております.そんなわたしの人となりを知りたい,というお声もいただくので,ページを追加してみます.

前からブログ等で書いてはいるのですが.

わたしは,1991年,医学科3年生に上がる春休みに結婚しました.

こんな感じです(笑)

夏休み明けに妊娠が発覚し.しばらくして双生児だとわかりました.多分一卵性.身長が低い(わたしは偽性偽性副甲状腺機能低下症という希少常染色体優性遺伝性疾患患者なので,病気のせいで低身長なのです.)ためか,『妊娠の継続は考え直したほうがいい』となんと旦那様の同期生の産婦人科医に言われました.当時,旦那様研修医1年目.

考え直す気なんてなくて.それより双子だったせいか悪阻がひどくて.寄生虫学実習とかもう,臭くて全然できなくて.一緒の班の男子に,『私の分もやっといて』とか丸投げしたりして乗り越えました!(笑)

でも.1月ごろからお腹がはるようになり,入院しろと言われて.全然ベッドから動いてはいけないといわれて.トイレもベッドの上でしろって言うので,さすがに無理ってポータブルおいてもらった.

そのうち家に帰されて,家で寝てるように言われて.このころの実習はのちに,4年生の夏休みに一人で全部やりました!なので,ウイルス学の実習は,『なにやりたい?』って聞いてくれたから,『電顕のぞきたい!』と要望し,ヘルペスウイルスを電顕でのぞくという恵まれた実習をやりました.あとは薬理学,免疫学とか6人でする実習を一人でやったのでもう大変でした(>_<)

今年の4月5日.息子のお誕生日にわたしがしたツイートを貼り付けます.

 

 

 

 

なので.
わたしは,『医師免許』をもって,ちゃんと説明してくれない医者が大嫌いで.
やっぱ,ちゃんと説明してもらいたかったですよね.
正期までいくと死亡率が高くなるといわれたら,頑張らなかったですよね.
無事に産みたかった.

 

 

 

 

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。
いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

院長経歴 2020年現在医師歴25年

  • 1995年 高知医科大学医学部医学科卒業
  • 1995年 高知医科大学医学部第三内科学教室(血液・呼吸器・感染症内科学教室)入局
  • 2005年 高知医科大学第二外科学教室(心臓血管外科・消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科)入局
  • 2005年 高知医科大学第二外科学教室助教
  • 2011年 兵庫医科大学医学部付属病院臨床遺伝部
  • 2014年12月 新宿ミネルバクリニック開院
  • 2018年3月 移転の為、新宿ミネルバクリニック閉院
  • 2018年3月 神宮外苑ミネルバクリニック開院

所属学会

専門医・認定医・その他

  • 日本内科学会認定内科専門医
  • 日本臨床腫瘍学会認定がん薬物療法専門医
  • 臨床遺伝専門医制度委員会認定臨床遺伝専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア指導医
  • 麻酔科標榜医
  • ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター
  • 日本化学療法学会認定抗菌化学療法認定医
  • 日本癌治療学会認定がん治療認定医

 

ヒポクラテスの木

院長・スタッフ紹介

高知医科大学医学部医学科6年生のころ。

臨床実習中に、友人が撮影したものです。
後ろには、ヒポクラテスの木。
医学の祖、ヒポクラテス(紀元前460-375)は、
エーゲ海のコス島で生まれました。
コス市には樹齢3000年と言われる大きなプラタナスの樹があるのですが、
ヒポクラテスがこの樹木の下で医学セミナーを開いたことから人々が
この大樹を医学のシンボルとみなして、「ヒポクラテスの木」と呼ぶようになりました。
その若木が広く世界中に植樹されています。
この木はプラタナスという名前の木で、
私たちを教育してくれた先生たちの思いがプラタナスに込められています。
卒業して20年が経過しやっと理解できるようになりました。
プラタナスの木にふざけて聴診器をあてたりした学生時代には戻れませんが、大学時代、無邪気に幸せに育んでいただいたからこそ、
医師になってからいろんな壁に衝突し、
数えきれないほどの挫折を経験してもなんとか起き上って、
「まだ頑張れる」と自分を信じることが出来たのだと思います。
さまざまな経験をしてきて気が付けば、
内科専門医、
がん薬物療法専門医
臨床遺伝専門医
という3枚の専門医資格を持つ国内唯一の医師となっていました。

しかし、ここがスタートラインです。
がんと遺伝の専門医として、遺伝性腫瘍の診療体制の整備に
微力ながら尽力していきたいと思います。
ハイヒールでエベレストに登ろうとしている、
わたしはそう表現されるくらい難しい道を選択してきました。
しかし、困難な課題だからこそ、取り組まねばならない。
私はそう思います。
そして.
言い続けたら第三次がん対策基本計画に遺伝性腫瘍に対する取り組みを入れてもらえました.

頑張ろう.
素直にそう思えるのも、
支援してくださるたくさんの方々がいらっしゃるからなのだと本当に感謝しています。
皆様、プラタナスの木のように、これからもどうぞ、
このお転婆で天然な専門医を見守ってくださいますようお願い申し上げます。
なお、ミネルバという名前に込めた思いがあります.
ミネルバは,ローマ神話の『医術と戦術の女神』です.世界中の医育機関の紋章に取り入れられています.
わたしも,ミネルバのような女医でありたい.そう思って,ミネルバをかぶりました!(笑)