二人目・三人目も高齢出産はリスクが高い?経産婦がより出生前診断を希望する理由とは?

35歳以上の初産を高齢出産と言いますが、2回目・3回目の経産婦でも35歳以上となるとリスクは初産婦と大きく変わるものではありません。経産婦は初産婦以上に出生前診断を希望する傾向にありますが、その理由をお伝えします。
35歳以上の初産婦を高齢出産と定義されていますが、高齢出産におけるリスク初産婦二人目・三人目の経産婦で変わるところはそんなに大きくありません。
妊婦さん

35歳以上の初産婦(高齢出産)と、二人目・三人目の経産婦(厳密には高齢出産とは言わない)の高齢出産リスクの違いとは?

20代でぷりぷりだったお肌が30代になると、お肌の張りがなくなってくると感じたことはありませんか?
皮下には結合組織があるのですが、この結合組織がだんだんとかたくなるためなのです。
20代にくらべ、30代では子宮の出口に当たる組織(膣、子宮頸管、子宮口)がやはりかたくなるため、開きにくくなってしまうため、高齢出産の初産婦では若い妊婦さんに比べて難産になりやすく、本人や産婦人科医の「より安全なお産を」ということで帝王切開を選択する圧が高まりますので、帝王切開の率が高くなります。
35歳以上の高齢経産婦の場合、一度産道が開いたことがあるため、骨盤の骨がすでにお産に適した形に変化しており、高齢初産婦に比べると難産になりにくいという違いはあるでしょう。

35歳以上の初産婦(高齢出産)と二人目・三人目の経産婦(厳密には高齢出産とは言わない)でも変わらない同等の高齢出産リスクとは?

関連記事
高齢出産と赤ちゃんの障害・流産・死産|増えるのはダウン症だけじゃない
ハイリスクと言われる高齢出産、35歳以上の出産の知っておきたい10のリスク
でご紹介した高齢出産にまつわるリスクは、35歳以上の初産婦と経産婦でまったく同等です。

35歳以上の初産婦(高齢出産)にはない二人目・三人目の経産婦(厳密には高齢出産とは言わない)ならではでの高齢出産リスクとは?

関連記事 高齢出産で後悔する7つのポイント|障害をもって生まれた我が子
の中にも書きましたが、初産のときは、「たとえどんな障害がある子供でも必ず受け止めて育てられる」と頑張る思いが強いのですが、それはご夫婦だけしかいないからであって、上にお子さんがいる状況だとだいぶ気持ちも変わってきます。
自分たちが産んだ子供に障害があって苦労するのは全く問題ないのだけど、上の子は「兄弟姉妹」として生きていかないといけないので、障害のある子供が兄弟にいると、学校でからかわれたりいじめられたりしないか、結婚するときに問題になったりしないか、ということが気になるようです。上のお子さんのハンディキャップになることはなるだけ避けたい、という思いが働くので、初産婦の時にはNIPTなどの出生前診断を希望しなかったご夫婦も、二人目・三人目の出産となると、出生前診断を希望される方が増えます。
親としてすでに存在する我が子のリスクマネージメントは当然のことでしょう。

2020年の米国産科婦人科学会のガイドラインでは妊婦全員に出生前スクリーニングが推奨されました

出生前スクリーニングにはいろいろな種類があります。
赤ちゃんの首の後ろのむくみ NT
超音波胎児スクリーニング検査
妊娠中の逐次型(シーケンシャル)胎児スクリーニング検査
NIPT関連記事|クワトロテスト・母体血清マーカーテスト
NIPT関連記事|妊娠中の統合型胎児スクリーニング

まとめ

日本ではまだまだ産婦人科の医師やスタッフが出生前診断に対するネガティブなイメージを持っていることが多く、赤ちゃんの疾患の有無を知ることができる検査を受けたいと希望するだけで非難されたりする環境も現実には多く存在します。
しかし。あなたの人生を歩むのはあなた自身です。
障害のあるお子さんが生れた時、育てる義務が発生するのは産婦人科医ではなくあなた自身です。
出生前診断は、あなたやあなたのお子さんの人生のリスクマネージメントとして、もっと当たり前に受け入れられていくべきだと考えています。

母体血を採血するだけで赤ちゃんの染色体異常などの有無を知ることができるNIPTは、早期に受けると妊婦さんたちの安心感を増すことが報告されています。
長い人生でみると、妊娠期間はほんとうに短いものです。
早い段階でNIPTを受けて、安心しておなかの赤ちゃんとゆっくり楽しく過ごせるようにお考え下さい。

ミネルバクリニックではほかにない豊富な世界でも最新鋭のNIPTメニューを取り入れて、妊婦の皆様のニーズにお応えしています。
ミネルバクリニックでは出生前診断のエキスパート、臨床遺伝専門医が皆様をお待ちしております。
女性専門医で、出産経験も3回ありますので、みなさまのご不安におこたえできると考えております。
是非、ミネルバクリニックにご相談下さい。

高齢出産関連記事
高齢出産と赤ちゃんの障害・流産・死産|増えるのはダウン症だけじゃない
高齢出産の定義は何歳から?より安全安心な35歳からの妊娠出産のために
高齢出産の芸能人たち|キャリア形成優先で40代で出産はもう定番
ハイリスクと言われる高齢出産、35歳以上の出産の知っておきたい10のリスク
高齢出産で後悔する7つのポイント|障害をもって生まれた我が子
二人目・三人目も高齢出産はリスクが高い?経産婦がより出生前診断を希望する理由とは?

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13/18/21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

仲田洋美(医師)

プロフィール

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

さらに詳しいプロフィールはこちら