新出生前診断|NIPTの費用は何が決めているのか

NIPTの費用は海外ではどうなっているのか

NIPTの費用は何が規定しているのでしょうか?

検査プロバイダーのNIPT受託サービスにかかる原価に含まれるもの

1.専用採血管
2.検体輸送
3.分析・評価、報告書の作成
4.販促費
などが含まれると考えられます。

NIPTが他の出生前診断のための検査と比較して高コストになる理由

他の出生前検査と比較して高コストとなる理由は、ずばり、分析・評価のプロセスにかかる費用が大きな原因を占めています。
例えば、イルミナのVeriseq2を導入しようとすると2億円弱の初期投資が必要となるでしょう。
世界一の包括的NIPT検査を提供している第3世代のスーパーNIPTを検査可能な設備投資の初期費用は実に5億円です。

海外の世界的NIPTアンケート調査結果から

www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5065727/
こちらの研究論文からみていきましょう。
NIPTの費用として妊婦さん本人の負担額としては、13/18/21トリソミーの基本検査だけで、大体米ドルに換算して350ドル~2900ドルの幅があり、平均では874ドルと報告されています。
www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4303457/
こちらの研究報告では13/18/21トリソミーの基本検査だけで、ヨーロッパの国々では631ユーロから858ユーロ、アメリカでは795ドルから3000ドルと報告されています。

アメリカ国内での費用負担のばらつきの原因とは?

アメリカという同じ国内でも費用負担に差があるのはなぜでしょうか?
検査項目や検査会社の違いではありません。
これらの研究報告が出た頃は、まだ微小欠失症候群などへの拡張はなされていませんでした。
したがって、これらの研究報告の対象ははあくまでも13/18/21トリソミーという基本検査の費用に限られています。
なのにどうしてこんなにNIPTの費用に幅があるのでしょうか?
これは、アメリカでは保険は聞くのですが、妊婦さんが加入している医療保険により償還する費用に違いがあるからです。
アメリカでは同じ検査会社の同じメニューでも保険会社により償還価格が異なっています。

NIPTの流通経費による費用への影響

NIPTでは試料(サンプル)である妊婦さんの末梢血を検査提供会社(プロバイダー)まで運ぶ輸送網が必須となります。
検査所から医療機関への検査結果の報告は、郵送ではなくインターネット報告でなされるのが今風ですが、安全性を担保するため、海外の検査会社では医療機関ごとに専用のポータルサイトを提供しており、こうしたインターネットによるページ閲覧システムの開発や、センシティブな個人情報を含むサイトとなるため外部からの攻撃にたえられるように設計せねばならず、そのための保守費用などにシステム開発や実際に保守する人出も必要ですので、そうした専門的技術をもった人材の採用などの経費も大きくかかることになります。こうしたインフラの整備、人員の整備もNIPTを検査会社が提供する費用に反映されています。
そして検査会社でNIPT受託が可能な状態になったとしても、妊婦さんと検査会社ダーの間には必ず医療者が存在し医療の一環として行われるため、 こうした人的・設備的経費もNIPTの費用に加味されることとなるでしょう。

NIPTの広告経費による費用への影響

国によっては一般に向けた医療の広告・宣伝活動が制限されていますが、妊婦さんがNIPTについて知る機会はたくさんあります。
検査会社は、説明資料を電磁的に一般向け、医療従事者向けにそれぞれ作ったり、複数の言語に対応したりしています。わが国ではみなさまご存じの通り広告も可能であるため、たくさんのクリニックの広告が出てくることでしょう。
たとえば NIPT 東京 というキーワードのクリック単価は3000円程度で、広告費は高騰していると想像できます。こうした広告費用もまた、NIPTの費用に加味されることとなります。

臨床遺伝専門医によるNIPT

NIPT・新型出生前診断(新型出生前検査)関連記事|NIPTとその費用

NIPTは医療費控除の対象?初検査で知っておきたい5つのポイント

NIPTの費用は医療費控除できるのか?

NIPT・新型出生前診断(新型出生前検査)関連記事|NIPTとライフプラン(人生計画)

出生前診断の費用とファイナンシャルプランニング

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

仲田洋美(医師)

プロフィール

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ3匹。

さらに詳しいプロフィールはこちら