NIPTの費用相場を検査別・地域別で紹介|医療費控除・自治体補助がない理由

カップル
NIPT新型出生前診断)を受けたいと思ったときにしっかりと確認しておきたいのが、検査費用の相場です。NIPTは自費診療であるため医療費控除や自治体補助がないのも、NIPTに踏み込めない原因ではないでしょうか?今回は、NIPTの検査費用の相場を、検査別・地域別に紹介します。併せて、NIPTの医療費控除・自治体補助の有無についても解説します。

NIPTの費用相場

貯金箱
NIPTの費用相場は10~25万円程度です。この費用のなかには、採血費や検体輸送費、検査を行うにあたって必要な説明を行うための費用なども含まれています。費用相場は10万円程度の差がありますが、これは、対象となる疾患が異なるためです。検査プランは主に以下のように分かれています。

  • 1. 21,18,13番染色体トリソミー)の検査
  • 2. 21,18,13番染色体(トリソミー)+性染色体の検査
  • 3. 全染色体(トリソミー、モノソミー)+性染色体の検査
  • 4. 全染色体(トリソミー、モノソミー)+性染色体+全染色体の欠失・重複疾患の検査

このうち、1の「21,18,13番染色体(トリソミー)の検査」は、日本産婦人科学会が定めるNIPT検査です。クリニックが実施しているプラン内容は異なるものの、およそ上述した4つの検査に分類されています。

費用面では、1の検査内容が基本プランとなり最も安く、4の検査内容に近づくにつれて検査費用が高くなる傾向にあります。NIPTを検討する際は費用だけではなく、調べたい染色体がプランのなかに含まれているかどうかも確認しましょう。

21,18,13番染色体(トリソミー)の検査

この検査は21,18,13番目の染色体異常を調べる検査で、母体の血液を採取して行うため胎児への影響はありません。費用は10万円程度となっています。

21番染色体の異常「ダウン症候群」、18番染色体の異常「エドワーズ症候群」、13番染色体の異常「パトー症候群パトウ症候群)」、それぞれの染色体異常を検査できるのが特徴です。これらの疾患は染色体異常のなかでも頻度の高い疾患で、ダウン症候群は出生時の1,000人に1人の割合で起こります。

費用を抑えてNIPTを受けたい方に向いている検査ですが、3つの染色体異常のみの検査であるため、そのほかの染色体異常の有無は確認できません。

※「ダウン症候群」について詳しく知りたい方は、「ダウン症候群とは」の記事をお読みください。

21,18,13番染色体(トリソミー)+性染色体の検査

この検査は21,18,13番染色体の検査に加えて、性染色体の検査を行います。費用は15万円程度です。

性染色体の検査は、性別を決定するX染色体Y染色体の異常を調べる検査です。性染色体の数の異常があると「クラインフェルター症候群」「ターナー症候群」「トリプルX症候群」など性染色体異常の有無を確認できます。そのほかにもお腹の赤ちゃんの性別を知ることも可能です。

性染色体異常は、染色体異常の病気の5%を占めます。胎児の性別を把握しつつ、性染色体異常の有無の可能性を知りたい方に向いています。

全染色体(トリソミー、モノソミー)+性染色体の検査

この検査では、すべての染色体の異常と性染色体の異常を調べることができます。費用は18万円程度です。

染色体異常は、本来2本でペアの染色体が3本になるトリソミーや、2本ある染色体の1つが欠損するモノソミーなどがあります。年齢が35歳を超えた妊婦は全染色体のトリソミーが発生しやすくなるため、全染色体のトリソミー・モノソミーの有無を調べる検査がおすすめです。

全染色体(トリソミー、モノソミー)+性染色体+全染色体の欠失・重複疾患の検査

この検査ではすべての染色体の数や、欠損・重複疾患の有無と性染色体異常を調べることができる検査です。費用は24万円程度です。既存の58種類の染色体異常(症候群)を特定することができ、それ以外の領域の染色体の欠損や重複も調べることができます。

この検査では、現時点で行える検査すべてを調べることができるため、これまでに流産を繰り返している人や死産を経験した人に向いている検査です。早い段階で細部までを調べたい方におすすめです。

地域別のNIPT検査費用

お金
NIPTの地域別の検査費用を調査しました!お住まいの地域の平均的な費用を確認してみましょう。

 東京:27.5万円
 札幌:20万円
 大阪:20万円
 福岡:18.5万円
 京都:18万円
 愛知:19万円
 埼玉:19万円
 仙台:16万円
 兵庫:19.5万円
 広島:18万円
 神奈川:16.5万円

上記で紹介した費用はあくまでも各地域の平均です。プランなどにより費用は異なるため、NIPTを実施している地域のクリニックの料金表をお確かめください。

NIPTの検査結果はいつ分かる?

NIPTは採血した検体を別の検査施設に送る場合がほとんどです。そのためNIPTは検査を受けてから結果がわかるまでに1~2週間程度かかります。検査内容や医療機関によっては結果報告までに時間差がありますので、予約時に確認するようにしましょう。

NIPTの検査料金は医療費控除・自治体補助の対象になる?

NIPTは自費診療であるため、検査料金は医療費控除や自治体補助の対象にはなりません。

医療費控除とは、申請する本人または生計をともにしている配偶者や、その親族が1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に受けられる控除です。この医療費控除の対象は「治療を目的とした医療行為に支払った費用」です。

そのためNIPTのように対象疾患の有無を検査するスクリーニング検査では、現時点では医療費控除の対象外となっています。

同様に自治体補助もNIPTは対象外です。一方で、妊婦検診は自治体補助の対象となり、全額または一部の補助があります。NIPTを受ける際にはいずれも対象外であることを承知の上で検査を受けましょう。

陽性の場合、確定的診断検査の費用を負担してくれるクリニックもある

NIPTは医療費控除や自治体の補助の対象外ですが、NIPTで対象疾患が陽性の場合には、確定的診断の費用を負担してくれるクリニックもあります。

この場合、入院費や診察料、交通費などの負担は行われませんが、10万円程度かかる羊水検査の費用の負担がないのは不安な時期に心強い味方です。NIPTを受ける医療機関を検討するときは、陽性の可能性が指摘されたあとにどのようなサポートがあるかも確認しておきましょう。

互助会を設置している検査機関もある

NIPTは医療費控除や自治会の補助の対象外であるためクリニックや検査機関ごとにさまざまなサポート体制が整っています。その一つが、互助会の設置です。

NIPTの互助会では、会費を支払い入会します。検査の結果が陽性の場合は、確定的検査である羊水検査の費用を補助してくれるなどの費用面の支援を受けることができます。

費用補助には一定の基準を満たす必要がありますが、万が一、陽性となった場合に費用の負担が軽減されるのは金銭面で助かります。

国内のNIPT検査費用は安いのか?

国内のNIPTは保険適用外の検査であるため、決して検査費用が安いとは言えません。海外では、保険適用内でNIPTを受けることができる国もあります。

NIPTは2013年に開始された新しい出生前診断であることから、保険適用となるにはまだ時間がかかるでしょう。決して安くはない費用だからこそ、遺伝カウンセリングなどを受け専門家に相談して納得した上で検査を受けることも大切です。

NIPTのこれから

前述の通り、NIPTの検査費用の相場は現在決して安いとは言えない金額です。海外でも広く普及している一方で、NIPTにかかる費用は従来の出生前診断と比べると依然として高いままです。今後、検査数が増え、NIPTの有効性と安全性が十分に確保されれば日本でも保険適用となる可能性もあります。

現在では、NIPTを公衆衛生の一部門に含めるということも議論されており、法整備が進められています。今後の法整備に伴い、NIPTの費用も見直されていくのではないでしょうか?

まとめ

NIPTは保険適用外の非確定的検査であるため、10~25万円程度の費用がかかります。また、地域や認可施設・認可外施設によっても費用は異なります。NIPT検査を検討するときは、自分が受けたい検査がプランのなかに含まれているか、陽性だった場合のサポート体制が整っているか、互助会などがあるかなども確認しておきましょう。

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます