前回ヒロクリニックNIPTでT21陽性結果で中絶のトラウマ

前回、ヒロクリニックNIPTを受けて陽性になり、羊水検査で確定後中絶した女性.20週近くの中期中絶の精神的ダメージって大きく震えながら来られました。

12週までにはっきりさせたいんです

アラフォー応援コースを作ってHPに掲載した翌日のことでした.
アラフォー応援コースは38歳以上を対象にしているコースで
NIPTといっても会社により測定方法はまちまちで,その違いが分かっている臨床遺伝専門医の私は
同じNIPTといっても測り方がまったく違う検査で,陽性が2回出れば陽性的中率としては
ほぼ100%に近づくわけなので
非常に少ない限局性胎盤モザイクの可能性のために
陽性になった全員に羊水検査をお願いするのはどうなのよ?と日頃
悶々としていて
なおかつ,羊水検査は16週以降でないと受けられなくて
結果が出て中絶となると中期中絶なので対応できる施設も少なく
19-20週だと生きて生まれることもあるので大変トラウマになる,ということを
ずっと患者さんたちから聞いてて.
わたしなりにこれなら,とひねり出したのがアラフォー応援コースでした.

ところが.
作った翌日,35歳くらいの患者さんが来て.
前回,ヒロクリニック(結果を郵送するだけのところ)でT21(ダウン症疑い)で
羊水検査を受けて,20週近くで中絶し,初めての妊娠でそうなったので
大きなトラウマになってしまい

今回は,どうしても12週まで決着をつけたいと強く希望しておられました.

お気持ちを聞いて.

若いので大体85%くらいの陽性的中率で帰ってくると思います.
すると,7人に一人くらいが外れることとなり,それだけで決定するのは憚られますので
お話をして
もう一つも同時に受けることにしました.

この方が翌日来られたことに大変びっくりしましたが.

やっぱり,一人一人に寄り添うということは
医学的知見をお伝えして
そのうえで当該一人一人に最善の医療を提供することだと私は思っているので

まだまだトラウマがあり涙ながらにでもちゃんとはなしていただいて

そのうえでお互いに納得して
2つの会社に検査を出すことにしたこと

いろいろ意見はあると思いますが

目の前の一人に寄り添えるのは
目の前にいる私だけなので.

一人一人といつまでもこうして向き合っていける医師でありたいと思います.

本当にいろいろ考えさせられました.
ミネルバに来ていただいて,ありがとうございました.

患者さんたちがわたしを日に日に成長させてくれています.

ありがたいことですね.

どうか陰性でありますように.

ちなみに,38歳未満ではありますが,特段の事情がある場合なので
アラフォー応援コースのお値段でお受けしました.

わたしとしては、こういう 陽性後のフォローがない体制で中絶にいたり、トラウマになる人たちを何とかしたいと真剣に思っています。

ミネルバでも陽性になって中絶する人はいるのですが
多くの方々が次に妊娠して😊してこられます。やっぱりそういうの、大事だと思います。

この記事の著者 仲田洋美(総合内科専門医、がん薬物療法専門医、臨床遺伝専門医