従来の出生前検査におけるダウン症(21トリソミー)の検出率

ダウン症(21トリソミー)の従来の出生前検査での検出率とは

従来から,出生前スクリーニング検査として母体血清マーカー検査や赤ちゃんのNTをみる超音波検査が行われてきました.

この検査を,いつ,何種類行うか,によって赤ちゃんの異常の検出率は変わってきます.

ここではダウン症21トリソミー)を例に,いつ頃どの検査を受けるとダウン症(21トリソミー)が検出できる(ダウン症(21トリソミー)が疑われる結果が得られる)かについて,下の図にまとめてみました.

―21トリソミーの検出率―