絨毛・羊水検査の精度とは

羊水検査 絨毛検査の精度

 

このページでは,出生前診断の中でも 絨毛検査水検査精度についてご紹介します.

絨毛検査と羊水検査の精度をまとめた表

上の図は,侵襲的な出生前診断である絨毛検査羊水検査の検査精度についてまとめた表です.

第1三半期(妊娠0周0日~妊娠13週6日)では絨毛検査が,

第2三半期(妊娠14週0日~妊娠27週6日)では羊水検査が行われます.

どちらも感度特異度ともに高い検査で,赤ちゃんの異常(異常の有無や診断名)を決める確定診断となる検査です.

しかし,その一方,検査を行ったことによるリスクがあるのも事実です.

 

*表の参考文献*

1.Hahnemann JM, Vejerslev LO. Accuracy of cytogenetic findings on chorionic villus sampling (CVS)—diagnostic consequences of CVS mosaicism and non-mosaic  discrepancy in centres contributing to EUCROMIC 1986-1992. Prenat Diagn.  1997;17(9):801-820.

2.Mid-trimester amniocentesis for prenatal diagnosis. Safety and accuracy. JAMA. 1976; 236(13):  1471-1476.

3.Enzensberger C, Pulvermacher C, Degenhardt J, et al. Fetal loss rate and associated risk factors after amniocentesis, chorionic villus sampling and fetal blood  sampling. Ultraschall Med. 2012;33(7):E75-9.

キーワード:出生前診断 精度 感度 特異度 流産率

羊水検査関連記事

NIPTトップページ
NIPT関連記事|羊水検査
NIPT関連記事|羊水検査と痛み
NIPT関連記事|東京都の羊水検査実施施設
NIPT関連記事|羊水検査とNIPTの違いとは
NIPT関連記事|絨毛検査・羊水検査の精度とは
NIPT症例集|NIPT結果陽性で出産
NIPT症例集|NIPT陽性で羊水検査のために入院したのに…
NIPT症例集|羊水検査を受けずに中絶した人たち
NIPT症例集|羊水検査とリスク
NIPT関連記事|羊水検査の結果はいつ帰ってくるの?