お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

yahooニュース「新型出生前診断」の拡大で”ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年8月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/

2021年7月

6日(火)・7日(水)/13日(火)・14日(水)/

20日(火)・21日(水)/27日(火)・28日(水)/

2021年6月

1日(火)・2日(水)/8日(火)・9日(水)/

15日(火)・16日(水)/22日(火)・23日(水)/
 
29日(火)・30日(水)/

RET

↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子  MIM #164761
遺伝子座10q11.21
疾患名Multiple Endocrine Neoplasia Type 2
(MEN2)多発性内分泌腫瘍2型
遺伝形式常染色体優性
疾患頻度MEN2の有病率は1/35,000と推定されている。
 理由常染色体優性病原性変異体は、甲状腺髄様癌、褐色細胞腫、および他の臨床所見と関連する多発性内分泌腫瘍2型(MEN 2)と関連する。”>RET遺伝子における常染色体優性病原性変異体は、甲状腺髄様癌、褐色細胞腫、および他の臨床所見と関連する多発性内分泌腫瘍2型(MEN 2)と関連する。
 詳細浸透率が低いMEN2Aの亜型と考えられている。\nMEN2BはMEN2の約5%を占める。MEN2Bでは、悪性度が高いMTCが早期に発生することが特徴である。”>多発性内分泌腫瘍症2型(MEN2)は、MEN2A、MEN2Bおよび家族性甲状腺髄様癌(FMTC)の3つの病型に分類される。これらすべての病型では、甲状腺髄様癌(MTC)を発症するリスクが高い。MEN2AとMEN2Bでは褐色細胞腫発症のリスクも高く、MEN2Aでは副甲状腺過形成あるいは腺腫が発症するリスクもある。MEN2Bでは、口唇や舌の粘膜神経腫、厚い口唇を伴う特徴的な顔貌、消化管神経節腫、マルファン様体形などの他の特徴を伴う。MTCは通常、MEN2Bでは小児期早期、MEN2Aでは若年成人期、FMTCでは中年期に発症する。
MEN2AはMEN2の70~80%を占める。95%にMTCを発症し、約50%に褐色細胞腫を、20~30%に副甲状腺機能亢進症を発症する。
FMTCはMEN2の約10~20%を占めMTCが唯一の臨床徴候である。
今日では、FMTCは別個の病型ではなく、褐色細胞腫や副甲状腺機能亢進症の浸透率が低いMEN2Aの亜型と考えられている。
MEN2BはMEN2の約5%を占める。MEN2Bでは、悪性度が高いMTCが早期に発生することが特徴である。
症候群(JPS)は胃、小腸、結腸、直腸を主とする消化管に罹患する過誤腫性ポリープとして特徴づけられる。ここでの“若年性”はポリープ発症年齢を表現しているのではなく、むしろポリープの形態を表現した用語である。JPSの患者の多くは20歳までにポリープを発症しているが、生涯で4個から5個のみのポリープ数の人もいれば100個以上認められる人もいる。もし、ポリープに対して治療されなかった場合、ポリープからの出血や貧血の原因となり得る。ほとんどの若年性ポリープは良性であるが悪性化することもある。JPS家系での消化器癌発症リスクは9~50%である。中でも大腸がんの発症リスクが最も高いが、胃や上部消化管、膵臓がん発症例も報告されている。"}”>OMIM171400
162300
155240
Pubmed20301434

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑