お知らせ

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

05/21

厚生労働省の広報誌に見開き4ページ掲載されました.

厚生労働 2020年5月号「知りたい」と「知ってほしい」をつなげます-MHLW TOP INTERVIEW – 2020/5/8

休診日のお知らせ

2021年1月

1日(金)・2日(土)・3日(日)年始休暇/

年末・年始休暇の間に出た結果に関しては、マイページで御覧になれるようにします(マイページは年末・年始休暇も更新します)。

5日(火)・6日(水)/12日(火)・13日(水)/

19日(火)・20日(水)/26日(火)・27日(水)/

2020年12月

1日(火)・2日(水)/8日(火)・9日(水)/

15日(火)・16日(水)/22日(火)・23日(火)/

28日(月)空輸の関係で15時が最終予約。

29日(火)・30日(水)・31日(木)/

12月29日から1月3日まで年末・年始休暇です。
年末・年始休暇の間に出た結果に関しては、マイページで御覧になれるようにします(マイページは年末・年始休暇も更新します)。

2020年11月

3日(火)・4日(水)/10日(火)・11日(水)/

17日(火)・18日(水)/24日(火)・25日(水)/

21日(土)は午前中休診です。14時以降の診療となります。

AIP


↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子  MIM #605555
遺伝子座11q13.2
疾患名AIP関連家族性単独下垂体腺腫
遺伝形式常染色体優性
体細胞突然変異
疾患頻度
 理由AIPにおけるヘテロ接合性病原性変異体は、散発性下垂体大型腺腫と同様に下垂体腺腫素因(PAP)症候群としても知られるAIP関連家族性単独下垂体腺腫(FIPA)と関連している。
 詳細AIP-関連家族性単独下垂体腺腫 (AIP-related FIPA) は, 下垂体腺腫をもつ患者でのAIP生殖細胞変異の存在として定義される。

本疾患で最も多く生じる下垂体腺腫は, 成長ホルモン分泌性下垂体腺腫 (somatotropinoma)で, 次いでプロラクチン分泌性腺腫 (prolactinoma), 成長ホルモンおよびラクトーゲン分泌性腺腫 (somatomammotropinoma), 無機能性下垂体腺腫 (NFPA)の順である。まれに, TSH- または ACTH-分泌性腺腫 (thyrotropinoma および corticotropinoma) がみられる。

臨床所見は, ホルモン分泌過剰, ホルモン分泌欠損, +/- 腫瘤効果 (例, 頭痛, 視野喪失) の結果である。
同一家系内では, 下垂体腺腫は同じまたは異なる型が可能である。

AIP-related FIPAの好発年齢は 20-24 歳である (6-66 歳の範囲)。

OMIM102200
Pubmed16728643
21753072

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑