欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド若者に対するモデルナワクチン中止

新型コロナワクチン
スカンジナビアでは2021年10月6日、モデルナ社のCOVID-19ワクチンについて、心筋炎症のリスクが高まるという非常に稀な副作用があるとして、若年層への使用を中止するという報道がいろんな報道機関からなされました。リンク先を一つあげておきます。
apnews.com/article/coronavirus-pandemic-business-denmark-public-health-health-453163d8f93618fde90c06d3474921a0

スウェーデンでは30歳未満の受給者に対するModerna社のCOVID-19ワクチン使用を中止し、デンマークでは18歳未満に中止、ノルウェーでは30歳未満には代わりにPfizer社のワクチンを接種するよう促す決定をしました。

フィンランドでも、30歳未満の人に対するモデルナワクチンの投与忌避が決定されました。

ノルウェー(EU非加盟)では、すでに未成年者にコミナールティワクチンを推奨しており、スウェーデン、デンマークが発表するのにあわせてこれを改めて表明しています。ノルウェー公衆衛生研究所の感染管理責任者であるGeir Bukholm氏は、「30歳未満の男性も、ワクチンを接種する際にはコミナティを選択することを検討すべきである」と声明で述べています。

北欧の予備的な分析によると、Moderna社のワクチンに関しては、特に2回目以降の接種で関連性が明確になるとのことで、「リスクの増加は、ワクチン接種後4週間以内、主に最初の2週間以内に見られる」と述べています。スウェーデン政府機関は、これらの年齢層には代わりにファイザー社のワクチンが推奨しています。

これらの国々では未発表の研究結果に基づいて判断しており、スウェーデンの公衆衛生局は、1991年以降に生まれた人を対象に、ワクチンを接種した若者の間で心筋炎や心膜炎が増加しているというデータを示し、「影響を受けるリスクは非常に小さいが、心筋や心膜の炎症などの副作用のリスクが高まる」とメディアの取材に答えています。Moderna社のワクチンに関しては、特に2回目の接種後に関連性が明らかになったとも報告しています。

デンマーク保健局は、北欧で行われた未発表の研究データに言及しており、今後、欧州医薬品庁(EMA)に送られてさらなる評価が行われる予定です。最終的なデータは1ヶ月以内に得られる見込みであると付け加えています。デンマーク保健局は、「心臓の炎症は極めて稀な副作用であり、しばしば軽度の経過をたどり、自然に治る」としても、この決定を下したとのことです。

心筋炎

モデルナ社の広報担当者は、デンマークとスウェーデンの規制当局が、まれに心筋炎や心膜炎のリスクがあるとして、若年層へのワクチンの使用を中止する決定をしたことを認識しており、「心筋炎や心膜炎は一般的に軽度であり、標準的な治療と休養により短期間で回復する傾向があります。COVID-19に感染した場合、心筋炎のリスクは大幅に高まり、ワクチン接種はこれを防ぐ最善の方法です」と言及していいるそうです。

プレプリントの米国の研究によると、20歳未満の若い男性がCOVID-19に感染した後に心筋炎を発症する可能性は、ワクチンを接種した人に比べて最大で6倍になると報告されています。

EMAの安全性委員会は7月、コミルナティやスパイクバックスのワクチン接種後、ごくまれに炎症性の心臓疾患が発生する可能性があり、2回目以降の若い男性に多く見られると結論づけた。

モデナ社とファイザー・バイオンテック社が使用している、いわゆるmRNA技術に基づく注射のCOVID-19予防効果は、引き続きリスクを上回ると、米国、EU、世界保健機関の規制当局は考えています。

カナダの保健当局が発表したデータによると、モデルナ社のワクチンを接種した後の方が、ファイザー社/バイオンテック社のワクチンを接種した後よりも、稀な心臓の炎症の報告例が相対的に多いという。

どちらのワクチンもmRNA技術に基づいているが、ファイザー社のワクチンは1回あたり30マイクログラムであるのに対し、モデナ社のワクチンは100マイクログラムです。

また、米国の2つのワクチン安全性監視データベースのうちの1つのデータでは、Modernaのワクチンは若年層の心筋炎のリスクが高い可能性が示唆されている。
米国では、18歳未満の方へのワクチンは承認されていません。(ファイザー社が12~18歳への投与を申請中です)

モデナ社のワクチンSpikevaxは、2021年1月に27カ国の欧州連合(EU)で18歳以上の人に使用する許可が下り、同年7月には、欧州医薬品庁がModerna社のCOVID-19ワクチンを12歳から17歳の子供に使用することも推奨しました。モデルナ社のワクチンはカナダでも、12歳以上の子供への使用が承認されています。

しかし、米国と欧州の規制当局は、モデルナ社とファイザー社のワクチンの両方が、10代と若い成人にまれに見られる反応、すなわち胸の痛みと心臓の炎症に関連しているようだと警告しています。

まとめ

日本ではモデルナのワクチンに対してどういう議論がなされるのかもまったく読めないので、国民の皆さんは御自分たちで情報を集め、納得のいくように取捨選択してください。

関連記事

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

 

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移