欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

CDC|COVID-19 ワクチンの安全性について

新型コロナワクチンのワクチンの安全性に関するアップでートがCDC米国疾病予防管理センターからなされましたので翻訳いたします。
www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/safety/safety-of-vaccines.html

更新日:2021年6月21日

知っておくべきこと

COVID-19ワクチンは安全で効果的です。
米国では、米国史上最も厳しい安全性監視のもと、何百万人もの人々がCOVID-19ワクチンを接種しています。
CDCでは、できるだけ早くCOVID-19ワクチンを接種することを推奨しています。
ワクチンの接種が完了していれば、パンデミック前に行っていた活動を再開することができます。完全にワクチンを接種した場合にできることについて、詳しくはこちらをご覧ください。

何百万人もの人々がCOVID-19ワクチンを安全に接種しています。
米国では、2020年12月14日から2021年6月21日までに、3億1700万回以上のCOVID-19ワクチンが接種されています。

COVID-19 ワクチンは安全で効果的です。COVID-19 ワクチンは、臨床試験で何万人もの参加者で評価されました。このワクチンは、安全性、有効性、製造品質に関する米国食品医薬品局(FDA)の厳格な科学的基準を満たしており、緊急使用許可(EUA)の裏付けとなりました。

COVID-19ワクチンがFDAから緊急使用許可を受けて以来、米国では何百万人もの人々がCOVID-19ワクチンを接種しています。これらのワクチンは、米国史上最も集中的な安全性モニタリングを受けてきており、今後も受け続ける予定です。このモニタリングには、COVID-19ワクチンの安全性を確認するための既存および新規の安全性モニタリングシステムの使用が含まれます。

安心できる結果

ワクチンの安全性監視活動の結果は安心できるものです。副作用のない人もいます。また、COVID-19ワクチン接種後に以下のような一般的な副作用が報告されています。

注射部位の腫れ、赤み、痛み
発熱
頭痛
疲労感
筋肉痛
寒気
吐き気
重大な安全性問題は稀です

現在までに、これらのワクチンの安全性を監視するシステムでは、ワクチン接種後に2つの深刻なタイプの健康問題が発見されただけで、どちらもまれです。これらは、J&J/Janssen COVID-19 Vaccineを接種した後のアナフィラキシーと血小板減少症候群(TTS)です。

アナフィラキシー

ワクチン接種後に重度のアレルギー反応(「アナフィラキシー」と呼ばれる)を起こした人が少数いますが、これはまれです。アナフィラキシーはどのようなワクチン接種後にも起こり得ます。アナフィラキシーが発生した場合、予防接種業者は反応を効果的かつ即時に治療するための薬を用意しています。

COVID-19ワクチンを接種した後は、重度のアレルギー反応が出て、すぐに治療が必要な場合に備えて、15~30分ほど様子を見ていただくことになります。

J&J/Janssen COVID-19ワクチン接種後の血小板減少症を伴う血栓症(TTS)について

J&J/ヤンセンCOVID-19ワクチンを接種した後、稀ではあるが重篤な有害事象である血小板減少を伴う血栓症(血小板減少症候群、またはTTS)のリスクがあります。50歳未満の女性は、このまれな有害事象のリスクが高まることに特に注意してください。このリスクが確認されていないCOVID-19ワクチンは他にもあります。

この有害事象は稀であり、18歳から49歳までのワクチン接種を受けた女性100万人あたり約7人の割合で発生しています。50歳以上の女性およびすべての年齢の男性では、この有害事象はさらにまれです。

CDCによる心筋炎および心膜炎の報告のモニタリング

CDCは、COVID-19ワクチン接種後の青年および若年成人における心筋炎および心膜炎の報告の増加を受けています。COVID-19ワクチン接種の既知および潜在的な有益性は、心筋炎または心膜炎の可能性を含む既知および潜在的なリスクを上回ります。12歳以上の方には引き続きCOVID-19の接種を推奨します。

長期的な副作用の可能性は低い

長期的な健康問題を引き起こす可能性のある重篤な副作用は、COVID-19ワクチンを含むあらゆるワクチン接種後に発生する可能性は極めて低いです。ワクチンのモニタリングによると、副作用は一般的にワクチン接種後6週間以内に起こることが分かっています。このため、FDAは承認されたCOVID-19の各ワクチンについて、最終投与後少なくとも2カ月(8週間)の調査を要求しました。何百万人もの人々がCOVID-19ワクチンの接種を受けていますが、長期的な副作用は検出されていません。

CDCはCOVID-19ワクチンの安全性を注意深く監視し続けています。科学者が安全性の問題とワクチンの関連性を発見した場合、FDAとワクチンメーカーは、特定の安全性の問題(例えば、特定のロットの問題、製造上の問題、またはワクチン自体の問題)に対処するための適切な解決策に向けて取り組みます。

まとめ

コロナワクチンに関するデマが飛び交っているため、ホンヤク作業を致しております。厚生労働省もコロナに関する発信をしています。

国民の皆さん、悪質なデマに踊らないようにしましょう。
自分の命、家族の命。自分で守りましょう。

これらは井戸端会議よりも低レベルです。
扇動する人たちはあなたの将来に責任を持ってくれますか?

御自分の意志決定は御自分でなさるしかありません。
正しい知識を取り入れて理論武装してデマと戦いましょう。

筆者は家族全員コロナワクチンを打ちました。痛いので嫌ですが利益が上回ると判断されるのと、医療職ですのでわたしが感染すると患者さんに移してしまい、その方が問題だからです。

感染を広げないためにも皆様も是非、ワクチンを怖がらないでください。

関連記事

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移