欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

CDCアラート|イベルメクチンの処方の急増と関連する重症化の報告

これは、公式のCDCヘルス・アドバイザリーでCDCヘルスアラートネットワークで配信されたものです。

CDC米国疾病予防管理センターがイベルメクチンを新型コロナウイルス感染症COVIDに対して臨床使用すべきでないという警告を出しました。日本の専門家会議はいったい何をやっているのでしょうか?それとも某医師会長がイベルメクチン使えと騒いでいるので気を使っているのでしょうか?

和訳してお届けします。イベルメクチン派の方々は、基本的には自分の聞きたいことしか聞かず、見たいものしか見ず、信じたいものを信じ、あたかもそれが世界の常識であるかのように都合よく捻じ曲げています。無駄かもしれませんが、果たしてそれが本当なのか、是非、CDC(米国疾病予防管理センター)のアラート(警告)を読んでください。

イベルメクチンの処方の急増と重症化の報告

2021年8月26日午前11時40分(米国東部時間)

CDCHAN-00449

イベルメクチンを含む製品の使用に関連した重篤な疾患の報告の急増

概要

イベルメクチンは、米国食品医薬品局(FDA)が承認した処方箋薬で、体内および皮膚の寄生虫による特定の感染症の治療に使用されます。承認された適応症の処方通りに使用した場合、一般的に安全で良好な忍容性を示します。

COVID-19のパンデミックでは、小売薬局によるイベルメクチンの調剤が増加しており、ヒトへの使用を目的としない市販の動物用製剤の使用も増加していますが、ヒトへの使用は意図されていません。FDAは以下のようにCOVID-19の予防や治療に使用することの潜在的なリスクについて注意を促しています。

イベルメクチンは、COVID-19の予防または治療のためにFDAによって承認または認可されていません。米国国立衛生研究所の また、米国国立衛生研究所(NIH)のCOVID-19治療ガイドラインパネルは、イベルメクチンを推奨するには現在データが不十分であると判断しました。COVID-19の治療にイベルメクチンを推奨するには、現在データが不十分であると判断しています。ClinicalTrials.govには 現在進行中の臨床試験のリストがあり、将来的にこれらの仮説的な使用法についてより多くの情報が得られる可能性があります。

イベルメクチンの誤用や過量投与に関連する副作用は増加しており、そのことは 毒物管理センターへの過量投与報告の増加や、副作用を経験する人の増加が示すように、イベルメクチンの誤用や過量投与に伴う副作用は増加しています。

背景

米国疾病管理予防センター(CDC)は、イベルメクチンに関連したヒトへの曝露と有害作用について、米国毒物管理センター協会(AAPCC)に問い合わせたところ、イベルメクチンに関連したヒトへの曝露と有害作用が、イベルメクチンに関連する人体への曝露と副作用が、パンデミック前と比較して2021年に増加していることを確認しました。これらの これらの報告には、人間用ではない動物用医薬品の使用が増えていることが含まれています。

イベルメクチンは、オンコセルカ症(河川盲目症)や腸管糞線虫症の治療薬として、経口製剤でFDAに承認されている薬です。局所製剤(外用薬)は、アタマジラミと酒さの治療に使用されます。

イベルメクチンは、動物の内部および外部寄生虫感染症の予防および治療のための獣医学的用途にも使用されています。承認された適応症に適切な用量で使用された場合、イベルメクチンは一般的に良好な忍容性を示します。

ヒトにおけるCOVID-19の予防および治療のためのイベルメクチンの使用を評価した臨床試験および観察研究では、十分な証拠が得られていません。ヒトにおけるCOVID-19の予防および治療のためのイベルメクチンの使用を評価した臨床試験および観察研究では、NIH COVID-19治療ガイドラインパネルがその使用を推奨するには十分な証拠が得られませんでした。

その使用を推奨するには十分な証拠が得られていません。COVID-19の治療におけるイベルメクチンの役割について、より具体的でエビデンスに基づいたガイダンスを提供するためには、十分な規模でしっかりとデザインされたうえで実施された臨床試験のデータが必要です。

COVID-19パンデミック期間中の米国における外来小売薬局からのイベルメクチン調剤の傾向を調べたところ、パンデミック前のベースライン(2019年3月16日~2020年3月13日)では週に平均3,600件だった処方がパンデミック前のベースライン(2019年3月16日~2020年3月13日)における週平均3,600件の処方から、ピーク時の20年1月8日の週には39,000件の処方に増加し、2021年1月8日までの1週間でピークに達しました。2021年7月初旬以降、イベルメクチンの外来調剤は再び急増し、2021年8月13日までの1週間で88,000件以上の処方に達し、パンデミック前のベースラインから24倍に増加しています。

米国のイベルメクチン処方の推移

図1 小売薬局から調剤されたイベルメクチンの外来処方箋数の推定値
米国、2019年3月16日~2021年8月13日*。
*データはIQVIA National Prescription Audit Weekly(NPA Weekly)データベースによるものです。NPAウィークリーは、米国の約48,900の小売薬局のサンプルからデータを収集しており、全小売処方活動の92%を占めています。イベルメクチンは、メールオーダーや長期ケア薬局で処方されたもの、獣医師が処方したもの、非経口投与のものは含まれていません。

2021年、全米の毒物管理センターでは、イベルメクチンのヒトへの曝露に関する通報が3倍に増加しました。2021年1月には、イベルメクチンのヒトへの曝露に関する通報が、パンデミック前のベースラインと比較して3倍に増加しました。

2021年7月には、イベルメクチンに関する通報は急増を続け、ベースラインの5倍にまで増加しています。

これらの報告は、副作用の頻度の増加や、救急部・病院を受診する頻度の増加とも関連しています。

外用剤や動物用医薬品など、処方箋なしで購入したイベルメクチンを含む製品を摂取してしまったケースもあります。獣医用製剤は、馬、羊、その他の大型動物に使用することを目的としています。馬、羊、牛などの大動物に使用される動物用製剤(「羊用ドレンチ」、注射剤、牛用の「注腸剤」など)は、高濃度であるため、人が使用すると過剰摂取になる可能性があります。また、動物用医薬品には、ヒトでの使用が評価されていない不活性成分が含まれている場合があります。イベルメクチンをFDAの推奨用量よりも不適切に多量に摂取した場合、毒性が現れる可能性があります。

イベルメクチンの過剰摂取による臨床症状には、吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状があります。過剰摂取は、低血圧や、意識低下、せん妄、幻覚、痙攣、昏睡、死亡などの神経学的作用を伴う。イベルメクチンは、ベンゾジアゼピン系やバルビツール系などの中枢神経系の抑制を引き起こす他の薬剤の作用を強める可能性があります。米国の毒物管理センターに報告された最近の重大な副作用の例は以下の通りです。

  • ・成人がCOVID-19の感染を防ぐために、牛に使用するイベルメクチンの注射剤を飲んだ。この患者は、意識低下、眠気、幻覚、頻呼吸、震えを呈して病院を訪れ、9日間の入院後に回復しました。
  • ・成人患者が、インターネットで購入した濃度不明のイベルメクチン錠剤を服用した後、精神状態の変化を呈しました。患者はCOVID-19の治療のために1日5錠、5日間服用したと報告されています。患者は意識低下しており、質問に答えることや命令に従うことが困難でした。入院後、イベルメクチンの投与を中止することで症状は改善しました。

臨床家および公衆衛生担当者への推奨事項

  • – イベルメクチンは、現在、COVID19の治療薬としてFDAから認可または承認されていないことに注意してください。また、NIHは、COVID-19の治療にイベルメクチンを推奨するには、現在データが不十分であると判断しています。
  • – 処方箋なしでイベルメクチンを使用したり、外用のイベルメクチン製剤や動物用のイベルメクチン含有製剤を摂取することのリスクについて患者に教育してください。
  • – イベルメクチンまたはイベルメクチン含有製品を服用し、症状が出ている場合は、直ちに医療機関を受診するよう患者に助言してください。イベルメクチン中毒の兆候と症状 イベルメクチン中毒の徴候や症状には、胃腸障害(吐き気、嘔吐、腹痛、下痢)、頭痛、目のかすみ、めまい、頻脈、低血圧、幻覚、精神状態の変化、錯乱、協調性やバランスの喪失、中枢神経系の機能低下、抑うつ、痙攣などがあります。
    イベルメクチンは、ベンゾジアゼピン系薬剤やバルビツール酸系薬剤などの他の薬剤の鎮静作用を強める可能性があります。毒物管理センターのホットラインに電話して医学的管理のアドバイスを受けてくださいください。
  • – COVID-19の予防接種を受けるように患者や一般の人を教育してください。COVID-19ワクチンの接種は 安全であり、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2(デルタ型を含む)による感染を予防し、重症化や死亡を防ぐための最も有効な手段です。
  • – COVID-19を予防するために、患者や一般市民を教育する。屋内の公共の場ではマスクを着用し、同じ家庭に住んでいない人とは少なくとも6フィート(約1.5m)離れて行動するなど、COVID-19の予防策を講じるよう、患者や一般市民に呼びかけてください。また、人ごみや風通しの悪い場所を避け、頻繁に手洗いや60%以上のアルコールを含む手指消毒剤の使用による手指消毒を行うなどの対策を講じてください。

一般の方への推奨事項

  • – 現在、イベルメクチンはCOVID-19の予防法や治療法として証明されていないことを認識してください。
  • – イベルメクチン製品のうち、皮膚に使用するもの(ローションやクリームなど)や、動物用イベルメクチン製品のように人間用ではないものは飲み込まないでください。
  • – イベルメクチンを服用した場合は、直ちに医師の診察を受けるか、毒物管理センターのホットラインに連絡してください。症状としては、胃腸障害(吐き気、嘔吐、腹痛、下痢)、頭痛、目のかすみ、めまい、心拍数の上昇、血圧の低下、その他、震え、痙攣、幻覚、混乱、失神などの重篤な神経系の影響が報告されています。
  • – COVID-19の予防接種を受けましょう。COVID-19の予防接種は、FDAによって承認されており、最も安全で効果的な予防法であり、SARS-CoV-2(デルタバリアントを含む)による重症化や死亡を防ぐことができます。
  • – COVID-19で病気にならないように、自分自身と他人を守りましょう。ワクチン接種に加えて屋内の公共の場ではマスクを着用し、同居していない人とは少なくとも6フィート離れた場所にいるようにしましょう。人混みや風通しの悪い場所を避け、頻繁に手を洗うか、最低でもアルコール度数が60%以上の手指消毒剤を使用しましょう。

まとめ

日本ではいまだにテレビのワイドショーでエビデンスベースドメディシン(EBM)を無視した「俺のコロナ治療」を述べる医師たちが、イベルメクチンが効くと垂れ流しています。

岩澤倫彦さんが以下のようにツイートしていました。

軽症患者にステロイドをがんがん使う「俺のコロナ治療」は、すぐにやめてほしい。
厚労省や関連学会は根拠なき治療を放置せず、警告を出すべきでは。
海外から個人輸入したイベルメクチンを投与している日本人の医者もいる。
引用ツイート
医ー者んてん@COVID-19の日々
@H3fxBmh4nIIxjUA
· 8月30日
うーん、
発症直後にステロイドを処方されて、その後悪化して入院するケースが増えてきてますな

まーあれだけ切迫してた状況なので仕方ないといえば仕方ないが

確認ですが、
発症早期(特に軽症)の時のステロイドは予後が悪くなります!

その後、反動でものすごい炎症が起きます!

発症直後は自然免疫系が主に働いていますので、そこをステロイドでおさえてしまうと、かえってウイルスが増殖しやすい環境を作ることになります。ステロイドは感染症に使うことはあるのですが、免疫抑制する働きがあるので諸刃の剣で、サイトカインストームが起こって全身性炎症症候群が起こる、つまり、免疫系が自分のからだを攻撃して免疫を抑制しないと危ないという判断をしたときに初めて使います。ですので、経験もと乏しい医者が、「これ飲んどきな」と処方するような薬ではありません。

「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由」をお書きになった記者さんで、取材力、洞察力、そしてその冷静さは秀でています。日本にもこういうジャーナリストが増えるといいですね。

また、水産学者の勝川俊雄さんは以下のように述べています。

これは医療に限らずだけど、学習能力がある人は勝手に学ぶし、自分の先入観に合わない情報を拒絶する人はどれだけ丁寧に説明しても無駄。面倒な議論をふっかけてくる人は、ほぼ後者なので相手にしないのが最適解。

イベルメクチンは左な人たちが主張しているのかと思いきや、アメリカではトランプ支持派閥が反ワクチン、イベルメクチン派を多く締めていて、トランプさんがワクチンを勧めるとブーイングが起こる始末です。
これではトランプさんの沽券にかかわるのではやく気づいてほしいのですが。
あれ??もしかしてとらんぱーって左だったのかな???

左も右も真ん中から見たら振り切っている人は180度反対側で重なりますからね。
そもそもウイルスとの戦いにイデオロギーなんて持ち込んでも仕方ありません。
ウイルスと戦うのはサイエンスです。
効くか効かないか証明されていない俺的エビデンスでもありません。
みなさんも振り切らないように、論理的思考を身に着けて、コロナ時代を生き抜き、未来をよりよくしていきましょう!
正しい情報の啓もうにこれからも頑張りますので、是非、当サイトをこれからもお読みください。

関連記事

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号

麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

 

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移