欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

目次

コロナワクチンデマ|情報操作をする12人 THE DISINFORMATION DOZEN

12人の情報操作者 CCDH報告書の表紙

The Center for Countering Digital Hate(CCDH)は、「The Center for Countering Digital Hate」と題したレポートを発表しました

こちらの記事ではこのレポートを和訳したいと思います。約40頁のボリュームがあります。

以下、和訳文となります。

CCDHとは

Center for Countering Digital Hate(デジタルヘイト対策センター)は、オンライン上の憎悪や誤報の構造を破壊することを目的とした非営利のNGOです。
デジタルヘイト対策センターは、オンライン上の憎悪と誤報の構造を破壊しようとする非営利団体です。
デジタル技術は、私たちがコミュニケーションをとり、人間関係を築き、知識を共有し、社会的基準を定め、交渉し、主張する方法を大きく変えました。
デジタル技術は、私たちがコミュニケーションをとり、関係を築き、知識を共有し、社会的基準を設定し、社会の価値を交渉し主張する方法を大きく変えました。
しかし、デジタル空間は、その独特のダイナミズムを利用して植民地化され、憎悪や誤報を利用するフリンジ・ムーブメントに利用されています。
憎しみと誤った情報を利用するフリンジ運動によって、デジタル空間が植民地化され、その独特のダイナミクスが利用されています。これらの動きは日和見主義で、機敏で、自信を持って影響力を行使し、人々を説得します。
時間が経つにつれ、これらの活動家は、反フェミニズムからエスニック・ナショナリズム、科学的コンセンサスの否定まで、さまざまな原因を主張するようになります。
反フェミニズム、民族主義、科学的コンセンサスの否定など、さまざまな原因を主張するこれらのアクターは、時間の経過とともに、デジタルカウンターEnlightenmentを形成しました。彼らの荒らし、偽情報、そして自分たちの目的を巧みに主張することでオフラインの世界を悪い方向に再社会化しています。
センターの活動は、これらのネットワークの分析と積極的な破壊の両方を組み合わせたものです。
CCDHのソリューションは、経済的、政治的、社会的コストを増大させることを目的としています。
憎悪や誤報を支援し、それによって利益を得ているアクター、システム、文化などの経済的、政治的、社会的コストの増加を目指しています。

アンチ・ワクチン・ウォッチ

Anti-Vax Watchは、米国の一般市民に、米国内で行われているワクチン接種の危険性を啓蒙することを目的とした、関心のある個人の同盟です。反ワクチン産業の危険性についてアメリカ国民を啓蒙することを目的とした個人の同盟です。反ワクチン産業は、COVIDワクチンの展開を積極的に妨害しようとしています。- 反ワクチン産業は、人々の躊躇する気持ちを利用して、すでに不利益を被っている有色人種のコミュニティをターゲットにしています。パンデミックの影響を強く受けている有色人種のコミュニティをターゲットにしています。

私たちは、今が「総力戦」であると認識しています。私たちは、科学と事実を前面に押し出し、反ワクチンのリーダーたちの危険なアジェンダを一般の人々に警告するために協力しなければならないと信じています。

私たちの活動の中心は、反ワクチン産業の邪悪な活動を明らかにすることであり、科学、研究、医学的根拠のない反ワクチン産業の邪悪な活動を明らかにし、主要な専門家と協力して、科学、研究、専門家の分析により、反ワクチン産業のデマや非医学的な情報に異議を唱えることを目的としています。

私たちの目標は、以下をサポートすることです。

  • ・第一線の健康専門家、ワクチン推進派の研究者や教育者、市民権団体や企業団体などの努力を支援することです。
  • ・ワクチンの科学に対する認識を高めることの重要性を認識している人たちを支援することです。
  • ・ワクチンの科学に対する認識を高めることの重要性を認識している私たちと同じように、主要な健康専門家やワクチン推進派の研究者・教育者、市民権団体、企業団体などの活動を支援することを目指しています。

はじめに

私たちは今、100年以上前に起きた米国の公衆衛生上の危機の真っ只中にいます。Covid-19によって、50万人以上のアメリカ人が亡くなり、何百万人ものアメリカ人労働者や家族の生活が損なわれています。何百万人ものアメリカ人労働者とその家族の生活を蝕んでいます。特に黒人、ラテン系、ネイティブアメリカンのコミュニティに甚大な影響を与えており、彼らは一般人口よりもはるかに高い割合でCOVID-19による重症化や死亡を経験しています。

さらに、有色人種コミュニティでのワクチン接種率は白人に比べて低く、ワクチンに対する懐疑的な見方や不信感は、これらの社会的に疎外されたコミュニティでより大きいものとなっています。

コロナウイルスワクチンが普及したことで、私たちはパンデミックから脱却する機会を得ました。私たちが回復できるかどうかは、一般の人々がワクチンを受ける意欲があるかどうかにかかっています。しかし、研究者の間では、ソーシャルメディアで流布された誤った情報が、ワクチン接種をためらうことで不必要な死を招くことになる原因になっているとの指摘が増えています。

インターネット上で公衆の目に触れているのは、医学的な専門知識を持たず、私腹を肥やし、ソーシャルメディアを利用してソーシャルメディアのプラットフォームを利用して、COVIDの脅威を誤解させ、ワクチンの安全性に関する誤った情報を広めています。

最近の報告書によると、Facebook、YouTube、Instagram、Twitterの反ワクチン活動家のフォロワー数は5,900万人を超え、これらのソーシャルメディアは最大かつ最も重要なものとなっています。これらのプラットフォームは、反ワクチン活動家にとって最大かつ最も重要なソーシャルメディアです。

また、私たちの調査によると、反ワクチン派がソーシャルメディアを利用して、アメリカの黒人をターゲットにし、黒人社会でワクチンをためらう傾向が強いことを利用して陰謀やコビッド・ワクチンの安全性に関する嘘を広めていることがわかっています。フェイスブック、グーグル、ツイッターは、ワクチンに関する誤った情報の拡散を防ぐためのポリシーを導入していますが、現在までのところ、これらのポリシーを十分に実施することができていません。コロナウイルスワクチンに関する有害で危険な誤報を除去することには特に効果的ではありませんでした。誤報の規模が大きいため、失敗の影響も大きくなります。さらに、これらの企業は、以下のような著名なアンチバクサーのアカウントを削除することができませんでした。利用規約に何度も違反している著名なアンチバクサーのアカウントを削除していません。このレポートの後のセクションで説明します。

イムラン・アーメド
CCDH CEO

エグゼクティブサマリー

  1. 1. Disinformation Dozenは、コヴィドのワクチンに関するデジタルな誤報を広める上で主導的な役割を果たしている12人の反ワクチン主義者です。12人の反ワクチン主義者です。彼らが選ばれた理由は多数のフォロワーを持ち、反ワクチンコンテンツを大量に作成している。また、過去2ヶ月間にソーシャルメディアのアカウントが急激に増加したことも理由の一つです。
  2. 2. FacebookおよびTwitterでシェアまたは投稿された反ワクチンコンテンツのサンプルを分析。2021年2月1日から3月16日までの間にFacebookとTwitterで合計812,000回共有・投稿された反ワクチンコンテンツを分析したところ反ワクチンコンテンツの65%がDisinformation Dozenに起因するものであることがわかりました。
  3. 3.Facebook、Instagram、Twitterの利用規約に繰り返し違反しているにもかかわらず、Disinformation Dozenのうち9つが3つのプラットフォームに残っているのに対し、1つのプラットフォームから包括的に削除されたのは3つだけである。
  4. 4.これは、ソーシャルメディア・プラットフォームの一連の失敗の産物である。
    1. a. CCDHが昨年実施した調査によると、プラットフォームは、CovidおよびCovid以外の情報の95%に対応できていません。covidとワクチンの誤報の95%が、プラットフォームに報告されたものである。
    2. b. CCDHが最近発表したレポート「Malgorithm」では、Instagramのアルゴリズムが、同様の誤報を積極的に推奨していることが明らかになりました。
    3. c. CCDHが行った425の反ワクチンアカウントの追跡調査によると、彼らの全プラットフォームにおけるフォロワー数は、12月時点で5,920万人となっており6月に比べて87万7千人増加している。
    4. d. CCDHの継続的な追跡調査によると、最大の支持者を持つ20人の反ワクチン主義者が、このクロスプラットフォームの支持者総数5920万人の3分の2以上を占めている。
  5. 5. 過去2ヶ月間に689,000回以上Facebookに投稿された反ワクチンコンテンツを分析したところ、そのコンテンツの最大73%がそのコンテンツの最大73%は、ネット上の反ワクチン主義者の代表格である「Disinformation Dozen」のメンバーによるものです。
  6. 6. プラットフォーム上のワクチンを躊躇するコンテンツに関するフェイスブックの独自の内部分析は、このようなコンテンツの最終的な情報源を特定できず、また、アルゴリズムがワクチンに関するコンテンツを特定できなかったことから、有力な反ワクチン派の影響を過小評価している可能性があり、ワクチンに関するコンテンツを特定することができなかったと記録されています。
  7. 7. 過去2ヶ月間に収集した12万件以上の反ワクチンツイートを分析したところ最大で17%がオンライン反ワクチン主義者の代表的な「Disinformation Dozen」を取り上げています。
  8. 8.有害な情報の拡散を防ぐ最も効果的かつ効率的な方法は、最も目につきやすい繰り返し犯行を行う人たちをDisinformation Dozenと呼び、そのような情報を発信しているサイトを閉鎖することです。これには、これらの個人が支配したり資金を提供している組織やまた、これらの個人が管理・出資している組織や、削除を逃れるために設立したバックアップアカウントも含めて除去を逃れるために確立したバックアップアカウントも含めるべきである。
  9. 9.プラットフォームは、2ストライクなど、強制措置の明確な基準を設け、それ以降はアカウントを削除するまで制限をかけるべきです。
  10. 10. ワクチンの誤報を掲載していることが知られているサイトへのリンクを辿ろうとする際には、ユーザーに警告画面を表示すべきである。
    誤った情報を含む投稿にさらされたユーザーには、効果的な修正方法を示すべきである。
  11. 11. フェイスブックは、危険な反ワクチン情報を発信できる非公開の反ワクチングループを許可すべきではありません。

Disinformation Dozenは反ワクチンコンテンツの最大65%を占める。

この調査を開始した時点で、私たちは極めて影響力のある反ワクチンのデジタルコンテンツの作成者と思われる12人を特定しました。これらの人物は反ワクチンのソーシャルメディアで多数のフォロワーを持つアカウントを運営している、大量の反ワクチンコンテンツを作成している、などの理由で選ばれました。各アカウントの詳細なプロフィールはそれぞれのプロフィールは、本レポートの最後に掲載しています。

  • 1. ジョセフ・マーコラ
  • 2. ロバート・F・ケネディ・ジュニア
  • 3. タイ&シャーリーン・ボリンジャー
  • 4. シェリー・テンペニー
  • 5. リザ・イスラム
  • 6. ラシッド・ブター
  • 7. エリン・エリザベス
  • 8. セイヤー・ジ
  • 9. ケリー・ブローガン
  • 10. クリスティアン・ノースラップ
  • 11. ベン・タッパー
  • 12. ケビン・ジェンキンス

反ワクチンコンテンツの最大65%を占める「Disinformation Dozen」の存在

2021年2月1日から3月16日の間にFacebookとTwitterから抽出された812,000件以上の投稿を分析した結果、反ワクチンコンテンツの65%は
Disinformation Dozenに起因していることがわかりました。このことから、多くの人がソーシャルメディアで反ワクチンコンテンツを広めるかもしれませんが、彼らが共有するコンテンツは、より限られた範囲の情報源から来ていることが多いことがわかります。
ネット上でワクチンに関する誤った情報を少しでも目にすると Vaccine Confidence Projectでは、ネット上のワクチンに関する誤った情報をわずかでも目にした場合、Covidワクチンを接種したいと思う人の数が 最大で8.8%減少することが示されています。

プラットフォームは、Disinformation Dozenに対応できていない

フェイスブック、インスタグラム、ツイッターの利用規約に繰り返し違反しているにもかかわらずFacebook、Instagram、Twitterの利用規約に何度も違反しているにもかかわらず、Disinformation Dozenのうち9つは3つのプラットフォームすべてに残っており、1つのプラットフォームから包括的に削除されたのは3つだけです。

これは、プラットフォームがワクチンの誤報に対応できていないことを示しています。昨年CCDHが行った調査ではCovidとワクチンの誤報の95%にプラットフォームが対応できていないことがわかりました。

また、Instagramのアルゴリズムが、ワクチンの誤報を積極的に推奨しているを積極的に推奨しているという証拠を発見しました。

CCDHが行った425の反ワクチンアカウントの追跡調査によると、これらの失敗の結果、彼らのプラットフォーム全体でのフォロワー数は5,920万人に達しました。フォロワー数の多い20人の反ワクチン主義者が、この総数の3分の2以上を占めています。

Disinformation Dozenが占める割合はFacebookの反ワクチンコンテンツの最大73%を占める。

過去2ヶ月間にフェイスブックに投稿された689,000回以上の反ワクチンコンテンツを分析したところ、そのコンテンツの73%がisinformation Dozen誤情報を発信する12人によるものであることがわかりました。

この分析は、反ワクチンのFacebookグループで流通していることが確認されている483の反ワクチンコンテンツの代表的なサンプルに基づいています。

2021年2月1日から3月16日までの間に、10の反ワクチンFacebookグループと20の反ワクチンFacebookグループから、URLリンクを含む反ワクチン投稿を分析して、このサンプルを収集しました。このサンプルに含まれるグループは2,500人から235,000人のメンバーを持ち、月間最大10,000件の投稿がありました。

研究者たちは、これらのURLリンクの内容を分析し、それぞれのリンクにタグを付けて、「Disinformation Dozen」のメンバーが含まれているか分析しました。例えば、ロバート・F・ケネディ・ジュニアのウェブサイト「Children’s Health Defense」に掲載された記事へのリンクはケネディJr.のものとされています。

最後に、このコンテンツがFacebook上で完全に流通していることを確認するために、以下を使用しました。

FacebookのCrowdTangle分析ツールを使って、これらのURLがFacebook上で何回シェアされたかを調べました。その結果、サンプルの反ワクチンコンテンツは、Facebook上で合計689,000回投稿または共有されていることがわかりました。また、「Disinformation Dozen」のメンバーに起因するコンテンツは503,896回投稿・共有されており、反ワクチンコンテンツ全体の73.1%を占めています。

フェイスブックは、反ワクチンの有力者の影響力を過小評価している。

最近の報道によると、フェイスブックは、プラットフォーム上でのワクチン接種をためらうコンテンツの広がりを把握するために、独自の内部分析を行ったようです。

それによると、Facebookのデータサイエンティストは、638の人口セグメントのうち、わずか10のセグメントに、プラットフォーム上のワクチンを躊躇するコンテンツの50%が含まれていることを発見しました。これらのセグメントは、ユーザー、グループ、ページの異なるタイプを表しており、それぞれ最低でも各300万人の可能性があります。

また、最も多くのワクチンを躊躇しているユーザー層では、111人のユーザーがワクチンを躊躇しているコンテンツの半分を占めていることがわかりました。これらの結果は、フェイスブック上の反ワクチンコンテンツの多くが、少数の確固たる反ワクチン主義者によって占められているという私たちの研究結果を裏付けるものですが、フェイスブックは以下の2つの理由から、問題の集中度を過小評価している可能性があります。

Facebookは反ワクチンコンテンツのソースに対応していない

Facebookの内部調査では、プラットフォーム上の「ワクチンを躊躇するコンテンツ」の最終的な出所を調べていないようです。つまり、他人のワクチンを躊躇するコンテンツをシェアした投稿は、最終的なソースではなく、そのコンテンツをシェアした個々のユーザーに帰属するということです。この場合、Facebookは、Joseph Mercolaのウェブサイトからの反ワクチン記事の12,000のシェアを、Mercola自身ではなく、それをシェアした個々のユーザーに帰属させます。

このアプローチは、例えば、ロバート・F・ケネディ・ジュニアの場合のように、一部の反ワクチン主義者のFacebookや組織のアカウントをそのままにして、Instagramのアカウントを削除するなど、アカウント間の現実世界のつながりを認識していないFacebookの姿勢にも通じるものがあります。

Facebookのアルゴリズムはワクチンコンテンツの識別に苦労している

Facebookのアルゴリズムはワクチンに関するコンテンツを識別するのに苦労している Center for Countering Digital Hateの前回のレポート「Malgorithm」では、Instagramのアルゴリズムがワクチンに関するコンテンツを含む投稿を必ずしも識別しないため、ワクチンに関する多くの投稿に意図した通りの情報ラベルが表示されないことが示されました。Facebookも同様の「ソフトウェア・アルゴリズム」を用いて今回の内部調査を行ったと報じられていますが、これはつまり、かなりの量のワクチンを躊躇するコンテンツを見逃していた可能性があるということです。また、フェイスブックがアルゴリズムを使って、個々のワクチンへの躊躇の表現と、本レポートで検証している組織的なワクチン偽情報を区別する方法を開発した可能性は極めて低いと言えます。

反ワクチンのツイートの最大17%がDisinformation Dozenを使用しています。

過去2ヶ月間に収集した12万件以上の反ワクチンツイートを分析した結果、最大で17%がネット上の主要な反ワクチン主義者である「Disinformation Dozen」を取り上げていることがわかりました。

この分析は、123,494件の反ワクチンツイートのテキスト内容を分析して特定した代表的なサンプルに基づいています。
このサンプルは、企業向けソーシャルリスニングツールであるBrandwatchを用いて収集し、2021年2月1日から3月16日の間に投稿された反ワクチンのツイートをテキスト分析に基づいて抽出しました。また、リツイートや引用ツイートも抽出し、どのような反ワクチンコンテンツが最も頻繁に共有されているかを調べました。

ツイートは、反ワクチンのキーワード、フレーズ、ハッシュタグを使用しているかどうかに基づいて選択され、Disinformation Dozenのメンバーではない人を含む既知の反ワクチン主義者のワクチンに関するツイートも選択されました。このプロセスでは、「インフォームド・コンセント」や「casedemic」など、反ワクチン派がよく使うフレーズと、コヴィドワクチンに関する一般的な用語を組み合わせたツイートを抽出しました。

このサンプルは、自動化されたルールを用いて分析され、Disinformation Dozenのメンバーの名前やユーザー名が記載されているものや、彼らが管理している、あるいは彼らに関連するウェブサイトへのリンクが含まれているものにタグ付けされました。
これらの方法で抽出され、タグ付けされたツイートは、データの質を維持するために研究者が毎日チェックしました。
その結果、21,351件のツイートにDisinformation Dozenのメンバーが登場しており、サンプル全体の17.3%に相当することがわかりました。

プラットフォームは、以下のように行動しなければなりません。

ソーシャルメディア企業は、これまで繰り返してきた約束を、具体的な行動に移す必要があります。更新されたポリシーや声明は、強力かつ一貫して実施されなければ意味がありません。

有害なコンテンツの大部分は少数のアカウントによって拡散されているため、最も危険な少数の個人やグループを排除することで、プラットフォーム上で拡散される偽情報の量を大幅に減らすことができます。一般の人々は、偽情報や誤ったコンテンツが常に氾濫している状態では、自分の健康について十分な情報を得た上で判断することができません。Facebook、Instagram、Twitterを含むソーシャルメディアプラットフォームは、偽情報の発信源を取り除くことで、個人がワクチンについて真に情報に基づいた選択ができるようになります。

誤った情報の発信源を排除する

有害な情報の流布を阻止するための最も効果的かつ効率的な方法は、私たちが「Disinformation Dozen」と呼んでいる、最も目につきやすい繰り返し犯行者のアカウントを削除することです。これには、これらの個人が管理または資金提供している組織や、削除を逃れるために設立したバックアップアカウントも含まれます。

  • 1. ジョセフ・マーコラ
  • 2. ロバート・F・ケネディ・ジュニア
  • 3. タイ&シャーリーン・ボリンジャー
  • 4. シェリー・テンペニー
  • 5. リザ・イスラム
  • 6. ラシッド・ブター
  • 7. エリン・エリザベス
  • 8. セイヤー・ジ
  • 9. ケリー・ブローガン
  • 10. クリスティアン・ノースラップ
  • 11. ベン・タッパー
  • 12. ケビン・ジェンキンス

主要なアンチバクサー組織のプラットフォーム化

Disinformation Dozenの個人アカウントのプラットフォーム化に加えて、プラットフォームは、彼らが反ワクチンのメッセージを広めるために使用している現実世界のネットワークも認識しなければなりません。これは、Disinformation Dozenにリンクしている、あるいは単に彼らのメッセージを広める手助けをしている主要な組織をデプラットフォームすることを意味します。

  • – Children’s Health Defense(ロバート・F・ケネディ・Jr.
  • – インフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク(ICAN) (デル・ビッグツリー)
  • – National Vaccine Information Center (NVIC) (Barbara Loe Fisher, Joseph Mercola)
  • – 有機消費者協会(OCA)(ジョセフ・マーコラ)
  • – 医療義務化に反対する数百万人

ユーザーを有害な誤報から守るためにプラットフォームがすべきこと

再犯者を排除するだけでなく、以下のようなステップを踏むことで、ソーシャルメディアのプラットフォームは、フィード上の誤報の存在を減らすための大きな前進を遂げることができます。フィード上の誤報を減らすことができます。

明確な閾値を設定する

2ストライクのような低い基準値であれば、削除までには至らない適度な取締りが可能です。2ストライクのような低い基準であれば、削除まではいかなくても、適度な取締りが可能です。動画コンテンツの投稿を制限することができます。このようなアプローチをとることで このようなアプローチは、大規模な被害の軽減と言論の自由の保護のバランスを効率的にとることができます。

偽情報にさらされたユーザーへの修正投稿の表示

ポリシーに違反していると思われるコンテンツに接したことのあるユーザーに対して、信頼できるプロバイダーから、誤った情報を消費した頻度の3倍の頻度で、是正のための投稿を行う。

誤った情報を消費した頻度の3倍の頻度で、信頼できるプロバイダーからの正しい投稿を提供します。これらの修正投稿は、「バックファイア効果」によって誤った意見を不用意に定着させることなく、ワクチンを躊躇するなどの誤った情報がもたらす社会的な悪影響に対処するのに役立つよう、専門家の意見を取り入れて設計されるべきです。

誤報サイトへのリンクをクリックした際の警告画面の追加

ワクチン誤情報の利益誘導に関連するコンテンツを掲載する第三者のウェブサイトの前に警告画面を追加する。さらに、プラットフォームは、ワクチン誤情報の流布の傾向を把握し、必要に応じて最新の提言を行うタスクフォースを立ち上げるべきです。

アカウンタビリティAPIの導入

説明責任APIを導入し、センシティブで重要性の高いテーマの専門家が、最終的にFacebookのAIをより効果的にするための人間による分析を行えるようにする。また、プラットフォームは、執行者の目に触れることなく情報を否定することを望むユーザーにガイダンスを提供することができます。

ワクチン情報を主に扱う非公開グループを禁止し、Facebookの免責事項を必要とするグループが存在しないようにする。

ワクチンの偽情報を主に扱う非公開グループを禁止し、Facebookの免責事項を必要とするグループが非公開または秘密のグループとして存在することを防ぐ。反ワクチン派は、これらのグループのプライバシーを利用して、危険な反ワクチンの偽情報を平然と広めています。

付録。偽情報ダースThe Disinformation Dozen

以下のDisinformation Dozenのプロフィールは、彼らの現在のFacebook、Twitter、Instagramへのアクセス状況、主な経歴、プラットフォームの基準に違反したコンテンツや投稿の例をまとめたものである。

1 ジョセフ・マーコラ

フェイスブック アクティブ
ツイッター 活動中
インスタグラム 活動中

ジョセフ・マーコラは、ワクチンの代わりとなる栄養補助食品や偽の治療法を販売しているアンチワクチンの成功者です。
ワクチンの代わりに栄養補助食品や偽の治療法を販売しています。マーコラの個人的なソーシャルメディアのアカウントを合わせるとフォロワー数は約360万人です。

違反行為の例

反ワクチンのFacebookグループに投稿されたURLのサンプルに含まれるMercolaの記事。(実際の画像はこちらからご覧ください)

コロナウイルスを含むほとんどのウイルス性呼吸器疾患の治療に過酸化水素治療が成功する」と主張しており、Facebookで4,600回シェアされています。

Joseph Mercola1
Joseph Mercola2

2 ロバート・F・ケネディ・ジュニア

フェイスブック アクティブ
ツイッター 活動中
インスタグラム 一部削除済み

ケネディは長年の反ワクチン主義者で、彼が運営するChildren’s Health Defense(CHD)では様々なCHD(Children’s Health Defense)では、様々な反ワクチン記事を掲載しています。
ケネディのアカウントは2月8日にインスタグラムから追放されましたが、彼のフェイスブックページとCHDのインスタグラムは、現在も継続しています。
3月中旬、ケネディとChildren’s Health Defenseは、黒人やラテン系コミュニティのメンバーを対象に、反ワクチンのメッセージを盛り込んだ映画を公開しました。フェイスブックとTwitterは、ケネディがこれらの虚偽の主張を宣伝するためのプラットフォームとして利用されています。

違反事例

ロバート・F・ケネディJr.は、Covidに関する誤った情報を含むこの投稿をシェアしました。(実際の画像はこちらからご覧ください)
ワクチンが妊娠中の女性に脅威を与えるという誤った情報を含む投稿をシェアしました。
ケネディはCovidワクチンと死亡を結びつける誤った情報を宣伝しています。ハンク・アーロンの死が「一連の不審死の一部」であるという誤解を招くような主張は、検死官が関連性を確認していないにもかかわらず、「コンテキストの欠落」というラベルを付けて有効のまま存在しています。

Robert F. Kennedy Jr.1

Robert F. Kennedy Jr.2

3 タイ&シャーリーン・ボリンジャー

フェイスブック アクティブ
ツイッター アクティブ
インスタグラム 活動中

タイ・ボリンジャーとシャーリーン・ボリンジャーは、ワクチンや癌、COVID-19に関する書籍やDVDを販売するアカウントのネットワークを運営しているアンチワクチンの起業家です。ワクチン、がん、COVID-19に関する書籍やDVDを販売するアカウントを運営しています。2020年には、「United Medical Freedom Super PAC」を立ち上げました。
ユナイテッド・メディカル・フリーダム・スーパーPAC」を昨年の米国選挙前に立ち上げました。
ボリンジャー夫妻は、ビル・ゲイツが人類の未来のために、すべての人にマイクロチップを注射することを計画しているという陰謀論を唱えています。

違反行為の例

Covidワクチンがセネガルでのいくつかの死亡事故の原因であると主張する、否定されたストーリーを宣伝。
ボリンジャー夫妻は、選挙の誤報に関するプラットフォーム基準に違反するコンテンツも投稿しています。
この投稿は、アメリカ大統領選挙が「盗まれた」と虚偽の主張をしておりボリンジャー氏が1月6日に講演した集会を宣伝しています。

Ty & Charlene Bollinger1

Ty & Charlene Bollinger2

4 シェリー・テンペニー

フェイスブック 一部削除しました
ツイッター アクティブ
インスタグラム アクティブ

シェリー・テンペニーは、反ワクチン感情や、マスクの安全性や有効性に関する誤った主張をソーシャルメディアで広めているオステオパス医師です。
マスクの安全性と有効性に関する誤った主張をソーシャルメディアで発信しています。彼女のFacebookのアカウントは削除されていますが、TwitterとInstagramはそのまま残っています。

違反例

Facebookのポリシーでは、マスクの安全性や有効性についての虚偽の主張は禁止しています。日頃からマスク着用に反対しているTenpennyは、明らかにこのポリシーに違反しています。
2020年6月23日、Sherri Tenpennyは、マスクを長く着用すればするほど、不健康になるとツイートしました。不健康になる」とツイートしました。テンペニーは、マスクが免疫系を抑制すると主張しています。
テンペニーは、「検査を受けるのはやめなさい」とも投稿しています。もし検査を受けているなら、あなたは問題の一部だ、と投稿しています。これは明らかに、これは明らかに、政府が承認したCOVID-19検査を受けることを妨げるような主張を禁じるFacebookのポリシーに違反しています。
不祥事を起こした元医師のアンドリュー・ウェイクフィールド氏が出演したインスタグラム・ライブがインスタグラムに削除された後、テンペニーは再びウェイクフィールドとのインスタグラムに動画を投稿しました。ウェイクフィールドはCOVID-19を「疑惑の疫病」と呼び、「ワクチンによって救われた子供よりも、殺された子供の方が多い」というワクチンについて誤った議論をしています。この動画だけでもFacebookのポリシーに違反しているにもかかわらずInstagramでは、最初に投稿されたときに削除されたにもかかわらず、まだ公開されています。

Sherri Tenpenny1
Sherri Tenpenny2
Sherri Tenpenny3

5 リザ・イスラム

フェイスブック 削除済み
ツイッター アクティブ
インスタグラム 活動中

リザ・イスラムの反ワクチン投稿は、アフリカ系アメリカ人の間にワクチンを躊躇する気持ちを広めることを目的としています。
フェイスブックは2月にFacebookは2月にRizza IslamのFacebookページを削除しましたが、彼はInstagramとTwitterのアカウントから反ワクチンのメッセージを投稿し続けています。

違反行為の例

リザ・イスラムは、昨年のツイートで「COVIDワクチンは女性を不妊にする」という誤った陰謀論を広めました。
リザ・イスラムは、最近、特別な食事をすることで48時間でCOVIDから回復したとツイートしました。
2021年2月の投稿で、イスラムは、ワクチンは非白人の子供に高い確率で自閉症を引き起こすという主張を含む動画を投稿しています。
この投稿では、COVIDワクチンの背後に「サタン」がいると主張し、視聴者にワクチンを受ける勇気をもたないようを勧めています。
2021年2月の投稿で、イスラムは、ビル・ゲイツがパンデミックの計画に一役買っていると示唆している。

Rizza Islam1
Rizza Islam2
Rizza Islam3

6 ラシッド・ブター

フェイスブック アクティブ
ツイッター アクティブ
インスタグラム 活動中

ラシッド・ブターは、整体師であり、陰謀論者として、YouTubeのチャンネルに投稿された動画で知られています。

違反行為の例

Facebookに投稿されたこの記事で、ButtarはCovidワクチンが不妊の原因だと主張しています。Facebookに投稿されたこの動画で、Buttarは、COVID-19テストには生きた微生物がいるといい、政府が承認した検査を受けないようを人々に勧めています。

Rashid Buttar1

7 エリン・エリザベス

フェイスブック アクティブ
ツイッター 活動中
インスタグラム:活動中

ジョセフ・マーコラのパートナーであるエリン・エリザベスは、著名なオルタナティブ・ヘルスのウェブサイトであるHealth Nut Newsを運営し、ニュースレターやソーシャルメディアのアカウントを開設しています。

違反の例

このインスタグラムの投稿では、ワクチンは「慢性病患者」を生み出すための医療業界の計画の一部であると主張しています。
また、エリン・エリザベスは、ロスチャイルド家に関するこの反ユダヤ的な陰謀論を自身のインスタグラム・アカウントに投稿しました。

Erin Elizabeth1
Erin Elizabeth2
Erin Elizabeth3

8 セイヤー・ジ

フェイスブック アクティブ
ツイッター 削除済み
インスタグラム 一部削除しました

セイヤー・ジは、人気のオルタナティブ・ヘルスのウェブサイトGreenMedInfo.comを運営しており、疑似科学や反ワクチンの誤った情報を広めるソーシャル・メディアのアカウントを持っています。
GreenMedInfoのアカウントは、TwitterとInstagramでは削除されましたが、Facebookではまだ公開されています。
GreenMedInfo.comの記事では、「FDAは、急いで市場に投入されたCOVID-19ワクチンが、生命を脅かすさまざまな副作用を引き起こす可能性があることを知っている」と虚偽の主張をしています。

違反の例

2021年3月の投稿で、Ji sharesは、ファイザーのワクチンがCOVIDよりも多くの人を殺したと主張しています。

Sayer Ji1
Sayer Ji2
Sayer Ji3

9 ケリー・ブローガン

フェイスブック 削除しました
ツイッター アクティブ
インスタグラム 活動中

ケリー・ブローガンは、同じオルタナティブ・ヘルスの起業家であるセイヤー・ジのパートナーです。彼女は「ホリスティック精神医学」を実践していると主張し、自身のウェブサイトでさまざまな書籍やコースを販売しています。

違反事例

Broganは、Instagramユーザーにマスクを着用しないよう促すメッセージを投稿しています。

ケリー・ブローガンは、2020年3月に広く視聴されたビデオの中で、「コロナウイルスのようなものは潜在的に存在しない」と主張し、「どのような病原体でも死を誘発したことを証明することはできない、と述べました。
ケリー・ブローガンのウェブサイトに掲載されている「Why We Stay Asleep When Covid-19 Is Trying to Us Up」と題された投稿には、多くの事例が紹介されています。
パンデミックは計画されていた、などのCOVID陰謀論を引用しています。
CrowdTangleの分析によると、この記事はFacebookで11,000回近くシェアされています。

Kelly Brogan1
Kelly Brogan2

10 クリスティアン・ノースラップ

フェイスブック アクティブ
ツイッター アクティブ
インスタグラム 活動中

クリスティアン・ノースラップは、産婦人科の医師でありながらオルタナティブ・メディスン(代替医療)やアンチ・ワクチン・コンスピラシー(反ワクチン主義)を取り入れています。彼女は自分のソーシャルメディアのアカウントを使ってCOVID-19ワクチンに関する偽情報を拡散しています。

違反行為の例

ノースラップは、COVIDの治療薬としてHCQとイベルメクチンをいくつかの物質の中から推奨しているGoogle Docにリンクしています。
ワクチンは慢性疾患を800%増加させるという根拠のない主張をしています。

Christiane Northrup1
Christiane Northrup2

11 ベン・タッパー

フェイスブック アクティブ
ツイッター 活動中
インスタグラム: 活動中

ベン・タッパーは、ソーシャルメディアでのフォロワーが増えているカイロプラクターです。彼は日常的にCOVIDの偽情報を投稿したり、マスキングに反対する発言をしたりしています。

Ben Tapper1
Ben Tapper2
Ben Tapper3

12 ケビン・ジェンキンス

フェイスブック 活動中
ツイッター 活動中
インスタグラム 活動中

ケビン・ジェンキンスは、ソーシャルメディアで存在感を高めている反ワクチン活動家です。
ロバート・F・ケネディJr.と一緒にイベントに参加したこともあります。ジェンキンスは、ワクチンを黒人を「絶滅」させる「陰謀」と呼んでいます。
2020年末に設立されたフリーダム・エアウェイ&フリーダム・トラベル・アライアンスの共同設立者であり、メンバーがマスクをせず、ワクチン接種などのパンデミック対策を行わずに旅行することを支援しています。

違反の例

1月6日にDCで行われた現在削除されているFacebookライブで、ケビン・ジェンキンスがステージに立ち、黒人がワクチンの標的になっていることを観客に伝えています。「彼らは、あなたたち(黒人コミュニティ)に、(COVIDで)自分たちを殺してもいいと信じさせるために、1兆ドルを費やしているのです」。と発言しています。
また、現在は削除されていますが、ハンク・アーロンがお金をもらってワクチンを摂取したと非難し、ハンク・アーロンを “現代の奴隷狩り “と呼んでいます。

Kevin Jenkins1
Kevin Jenkins2

まとめ

ケネディ家の人が含まれているのでちょっとショックでした。トランプ支持者に反ワクチン派が多い理由がなんとなくわかりました。
ワクチンに関しては不妊を招くなどは科学的根拠が全くありませんし理論的に不可能ですのでご安心の上、みなさまはこのような馬鹿馬鹿しいデマを信じず、是非、ワクチンをお受けください。
また、イベルメクチン派と反ワクチン派も結構重なるようですので、イベルメクチン派のいう事も当サイトの記事を見てファクトチェックしてみてください。
自分の健康は自分で守るしかありません。
こうしたデマと戦うのは他人ではなくご自身です。正しい情報を選別する目を養うしかありません。
当サイトが少しでも皆様の正しい情報を選別する目を養う一助になればとおもい、全くの専門外かつ業務外ですが、こうしたデマは医療現場をむしばんでいくため、頑張っております。
現在の米国ではCOVID-19による入院患者の9割がワクチンを受けていない人たちです。
是非、ワクチンをお受けください。
それは、医療現場とあなたとあなたの愛する人たちを守ります。

ファクトチェックコーナー ~だまされないために~

吉村洋文大阪府知事(維新代表)

米国反ワクチン

イベルメクチン

倉持仁

長尾和宏、門田隆将、北村晴男。片山さつき

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移