欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

SNSで反ワクチン拡散は12人の誤ったインフルエンサーたち

昔の指導医と話をする機会があって。
米国ではSNSで反ワクチンを拡散したのはたった12人のインフルエンサーだった、という報道がなされていたという事に驚いて、ちょっと記事を読んでみましたので和訳してご紹介します。

人の赤い姿が人の群れに影響を与える。大衆への影響力。

ソーシャルメディアで反ワクチンのコンテンツのほとんどを拡散しているのは、12人の誤ったインフルエンサーたちである

原文はこちら

Jonathan Jarry M.Sc. 2021年3月31日

「COVID-19ワクチンは女性を不妊にする」「病気そのものよりも多くの人を殺している」という神話を聞いたことがあるかもしれません。このようなあからさまで有害な誤報は、ソーシャルメディア上に突然現れるものではなく、作られたものでなければなりません。怖い言葉が書かれた画像は、個人が作成し、FacebookやInstagram、Twitterなどにアップロードして、フォロワーがマインドウイルスのように拡散していくのです。このような有害な情報が、ごく少数のインフルエンサーたちによって生み出されていることに気づくと、勇気づけられると同時に、とても悲しくなります。

The Center for Countering Digital Hate(CCDH)は、「The Center for Countering Digital Hate」と題したレポートを発表しました。その主な内容は、2021年2月1日から3月16日の間にFacebookやTwitterで共有または投稿された反ワクチンコンテンツの3分の2は、たった12人の個人に起因するというものです。12人ですか。このことを理解してください。

現代の反ワクチン運動は、比較的少数の熱心なインフルエンサーが主導しており、通常は資金力のあるインフルエンサーが、事実やニュアンスよりも簡単に恐怖が広がるソーシャルメディアのプラットフォーム上で強力なフォロワーを集めています。では、「Disinformation Dozen」とは一体誰なのでしょうか?

クラップトラップのスーパー・スプレッダー

このリストのトップは、誰もが驚くような人物です。ジョセフ・マーコラは、医学的な誤報や愚かなサプリメントの巨大な王国のトップです。彼のソーシャルメディアでのフォロワー数は合計360万人で、「強制的なワクチン接種」が「世界の経済システムをリセットする」計画の一部であるというデマをシェアすると、その投稿は脚光を浴びる。

ロバート・F・ケネディJr.は、反ワクチン運動の最も目立つ声高なリーダーであり、彼がDisinformation Dozenに参加することは予想されていました。また、「Truth About Cancer」というブランドで知られるタイ&シャーリーン・ボリンジャー夫妻や、最近「マスクを長くつけると不健康になる」とツイートした整体師のシェリー・テンペニーも入っています(事実ではありません)。クリスティアン・ノースラップもリストに入っています。女性の健康のアイコンであるノースラップは、あらゆる魔法のようなアイデアを受け入れながら、ファンに「自分の直感に従って、理性を無視する」ことを勧めています。

また、Sayer JiとKelly Broganのパワーカップルもいます。JiのGreenMedInfoというサイトは、私の記事の題材にもなりました。哲学の学士号を持つセイヤー・ジ自身が監修したこのサイトは、科学的研究のチェリーピック(抜粋)の巨大な練習場となっています。一方、パートナーのケリー・ブローガンは「ホリスティック精神科医」であり、元「goop」の寄稿者でもあります。ジャーナリストのマシュー・レムスキー氏は、2人がコンスピリチュアリティ(壮大な陰謀論と精神的な革命への憧れを織り交ぜた現象)に陥っていることを紹介しています。最近では、ファイザー社が開発したCOVID-19ワクチンの死亡者数が病気の死亡者数を上回ったというデマを流しました。フェイスブックの利用規約に違反しているにもかかわらず、50万人のフォロワーを抱えています。

「Disinformation Dozen」には、私が聞いたこともないような人物も含まれている。ベン・タッパーはカイロプラクターで、パンデミックは政府が “専制政治のブランケット”を使って国民をコントロールするための言い訳だと主張しています。最近では、「変身する爬虫類」で有名な陰謀論者のデビッド・アイク氏と一緒にバーチャルイベントに参加した。自閉症に対するキレーション療法や、がんに対する過酸化水素の静脈注射など、疑似科学的な治療を長年行ってきたラシッド・ブターも「偽情報を発信する12人」のメンバーです。また、ジョー・マーコラのパートナーであるエリン・エリザベスも忘れてはなりません。彼は、ウコンが化学療法よりも優れていると主張しています。

さらに問題なのは、この影響力のあるソーシャルメディア・ファミリーの残りのメンバーです。リザ・イスラムとケビン・ジェンキンスです。彼らの誤報は、COVID-19の影響を受けているアフリカ系アメリカ人に焦点を当てています。CCDHの報告書によると、ジェンキンスは昨年1月、Facebookのライブストリーミング機能を使って、デジタルフォロワーに向けてスピーチを配信しました。この動画は現在削除されていますが、その中でジェンキンス氏はCOVID-19ワクチンについて次のように述べているとCCDHは報告しています。”彼らは、あなた方(黒人コミュニティ)に、(COVIDワクチンで)自殺してもいいと信じさせるために、1兆ドルを費やしているのです” 一方、イスラムは「Not Another Tuskegee Experiment」というインスタグラムのアカウントを持っており、COVID-19ワクチンをアフリカ系アメリカ人に使用することを、梅毒にかかった黒人男性を治療せずに放置して何が起こるかを本質的に見極めた非人道的な治療になぞらえています。

このようなごく少数の誤った支持者たちが、情報の生態系に有害なデマを大量に流しているのを目の当たりにするのは、言語道断です。また、ソーシャルメディア企業がその排水溝を塞ぐのにどれだけ効果がないかを見るのも同様に言語道断です。

エンゲージメントは真実に勝る

「COVID-19」の誤報に対するFacebook、Instagram、Twitterの姿勢を見ると、なぜ「Disinformation Dozen」がこれらのプラットフォームから追放されないのか不思議に思うかもしれません。実際、2020年にCCDHが行った調査では、ソーシャルメディアのプラットフォームは、報告されたCOVIDやワクチンの誤報の95%に実際に対応できていないことが明らかになっています。私自身、あるひどいYouTubeチャンネルを親会社であるGoogleに報告した経験がありますが、このことを如実に示しています。そのユーザーは、COVID-19は5Gが原因であり、公衆衛生上の措置が私たちを殺すことになると主張する動画を定期的に公開していたにもかかわらず、彼女のチャンネルは現在も活動を続けています。彼女の動画はさまざまなユーザーによって何度も報告されており、私もGoogleのカスタマー担当者とチャットして、チャンネルをハンズオンレビューに提出しました。しかし、何も起こりませんでした。

CCDHの報告書によると、「偽情報や虚偽のコンテンツが氾濫している状況では、一般の人々は自分の健康について十分な情報を得た上で判断することができない」ということです。しかし、ソーシャルメディア企業は、自分たちのケーキを食べようとします。多数派を満足させるために危険な誤報の取り締まりを発表する一方で、儲かるエンゲージメント市場を維持するために自分たちのルールを実施することを怠ります。その結果、Facebook、Instagram、Twitterの3つのプラットフォームすべてに、「誤報拡散した12人」のメンバー9人が残っていることになるのです。このうち、3つのプラットフォームのいずれかから完全に削除されたのは、リザ・イスラム、セイヤー・ジ、ケリー・ブローガンの3人だけである。Facebookには、オープンなグループとクローズドなグループの両方が存在し、反ワクチン派がワクチン反対派を勧誘するための反響室として利用されていることが、問題を悪化させています。CCDHが調査した30の反ワクチン・フェイスブック・グループでは、1ヶ月に最大1万件の投稿があった。これだけの量の恐怖を誘う真実ではない情報に、毎日毎日さらされることを想像してみてください。ワクチンを受けるかどうかの判断に何か影響を与えるかもしれません。

ワクチンをためらう気持ちは、介護施設で働く人たちの間で広がっています。それは看護師や理学療法士、現場で働く人々にも影響を与えます。彼らが最終的にワクチンを接種しないことを選択した場合、コロナウイルスを多くの弱い人々に広めてしまう危険性があります。このような躊躇は、ワクチン接種反対派の嘘やデマによって煽られることになります。ソーシャルメディア企業のこれまでの対応は、吸い込まれるような胸の傷にバンドエイドを貼るようなものでした。CCDHの報告書では、30ページにそのことが見事に示されています。それは、現在は削除されているSayer JiのInstagramアカウントのスクリーンショットです。真っ白な背景に大きな黒い文字で、”マスクをすることが健康であり、健康な人が病気であることを皆でふりかざし、病気にさせることができるという医療の陰謀に参加することを拒否します “と書かれている。このキャッチ―な文の下には、赤で書かれた小さなお知らせがあります。速くスクロールしすぎると見逃してしまいます。それは、「Missing content: 独立したファクトチェッカーによると、この投稿の情報は人々に誤解を与える可能性があるとのことです。” この表示だけでは不十分でしょう。胸の傷からは出血が続き、バンドエイドは真紅の血で覆いつくされていきます。

CCDHとは?

こちらのページにCCDHの情報があります。

Center for Countering Digital Hate(デジタルヘイト対策センター)は、ネット上の憎悪や誤報の構造を破壊することを目的とした国際的な非営利NGOです。ロンドンとワシントンDCにオフィスを構えています。

デジタル技術は、私たちのコミュニケーション、人間関係の構築、知識の共有、社会的基準の設定、社会の価値観の交渉と主張の方法を大きく変えました。

人間存在の重要な新局面を形成しているデジタル空間は、その独自の力学を利用して植民地化され、憎悪や誤った情報を利用するフリンジ運動に利用されています。これらの運動は、日和見主義で、機敏で、自信を持って影響力を行使し、人々を説得します。

反フェミニズム、エスニック・ナショナリズム、科学的コンセンサスの否定など、さまざまな原因を主張するこれらのアクターは、時間をかけて「デジタル・カウンター・エンライトメント」を形成してきました。彼らの荒らし、偽情報、巧みな主張は、オフラインの世界を悪い方向に再社会化しました。

彼らは、行動や態度の規範を変えるために、広く支持されていることを巧みにシミュレートすることで、社会的証明を行っています。

このような動きは、複数の場所で同時に発生しており、偶発的な状況や公式な調整ではなく、私たちの技術基盤の深い変化の産物です。

センターの活動は、こうしたネットワークの分析と積極的な破壊の両方を組み合わせたものです。CCDHのソリューションは、憎しみや誤った情報を支持し、それによって利益を得ているアクター、システム、文化など、インフラのあらゆる部分の経済的、政治的、社会的コストを高めることを目指しています。

まとめ

米国の反ワクチンがたった12人のSNS上のインフルエンサーから発せられたものであることは、非常に衝撃的です。
SNSで爆発的に拡散されていくデマに対抗するのは個人のファクトチェックの能力です。
家庭内でもお子さんと語り合い、幼いころからファクトチェックをする習慣とスキルを身に付けるようにしましょう。お子さんとの討論の中で自分も洗練されていくと思います。きちんと議論し、いろんな角度から物事を見る。見る角度で物事は全く違う姿となる。
SNSで情報があふれている世の中なので、余計に実際に語り合うことが必要なのではないでしょうか。
この記事で少しでもそういうファクトチェックをなさる方が増えていただければと思います。

ファクトチェックコーナー ~だまされないために~

吉村洋文大阪府知事(維新代表)

米国反ワクチン

イベルメクチン

倉持仁

長尾和宏、門田隆将、北村晴男。片山さつき

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

 

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移