欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

目次

COVID-19サイエンスアップデート2021年6月25日版 vol.95

PEER-REVIEWED

BNT162b2-elicited neutralization of B.1.617 and other SARS-CoV-2 variants.external icon Liu et al. Nature. (2021年6月10日)に掲載されています。

予防・軽減・介入戦略

BNT162b2(Pfizer/BioNTech社)によるB.1.617および他のSARS-CoV-2亜種の中和。

Key findings

  • すべての血清サンプルが、SARS-CoV-2の野生型(WA1/2020)ウイルスと、変異ウイルスB.1.525、B.1.617.1、B.1.617.2、B.1.618を中和した(図)。
  • B.1.617.1を除くすべての変異体の中和率は,野生型ウイルスと比較してわずかに低下しただけであった.
    B.1.617.1の中和率は、野生型ウイルスの0.31倍にまで低下した。

方法

SARS-CoV-2の野生型ウイルスおよびスパイクタンパクの変異体B.1.617.1,B.1.617.2,B.1.618(いずれもインドで初確認),B.1.525(ナイジェリアで初確認)に対する中和抗体反応を,BNT162b2(Pfizer/BioNTech社)の2回目の投与から2週間または4週間後のヒト血清(n=20)で調べた.

限界

抗原性ではなくスパイクタンパク質の機能に影響を与えることで、変異が中和を変化させる可能性があること、スパイクタンパク質の変異が中和に与える影響のみを調べたこと。

示唆されること

現在までのところ、SARS-CoV-2の変異体がCOVID-19からBNT162b2による防御を逃れたという証拠はない。

Liu et al. BNT162b2ワクチン接種血清によるSARS-CoV-2野生型(USA-WA1/2020)および変種B.1.525、B.1.617.1、B.1.617.2、B.1.617.2.v2(B.1.617.2-スパイクにさらにE156G置換とF157-R158欠失を加えたもの)、B.1.618の中和率。

注:Liu et al. BNT162b2ワクチン接種血清によるSARS-CoV-2野生型(USA-WA1/2020)および変種B.1.525、B.1.617.1、B.1.617.2、B.1.617.2.v2(B.1.617.2-スパイクにさらにE156G置換とF157-R158欠失を加えたもの)、B.1.618の中和率。各データポイントは、2回目のワクチン接種から2週間後(丸)または4週間後(三角)に採取した血清サンプルから得られた表示ウイルスに対する幾何平均中和価(PRNT50)を示す。棒の高さと棒の上の数字は幾何平均力価を示す。横棒は95%信頼区間を示す。破線は1:40の検出限界(LOD)を示す。

8カ国におけるCOVID-19ワクチンの特別な関心事である有害事象の背景発生率の特徴:多国籍ネットワークコホート研究。

Characterising the background incidence rates of adverse events of special interest for COVID-19 vaccines in eight countries: multinational network cohort study.external icon Li et al. BMJ (June 14, 2021).

Key findings

背景となる発生率はデータベースによって大きく異なるが、特に関心の高い有害事象(AESI)については、それぞれ同様の年齢および性別の傾向が観察された(図)。

深部静脈血栓症、急性心筋梗塞、出血性および非出血性脳卒中、肺塞栓症、ベル麻痺、免疫性血小板減少症、ギラン・バレ症候群、播種性血管内凝固症候群の発生率は、年齢とともに増加した(図)。

方法

COVID-19ワクチンに関連する可能性のある15種類のAESIの背景発生率を調べるために、8カ国の13の電子カルテデータベースのデータを用いたレトロスペクティブ研究。2017年1月1日から2019年12月31日の間に登録された126,661,070人からAESIデータを収集した。データベース間で年齢および性別のバックグラウンド発生率を算出し、プールした。制限事項あり。観察的研究。

示唆されること

データベース間でAESI率に大きなばらつきがあるため、ワクチンの安全性監視のためにCOVID-19の接種後(観察)とバックグラウンド(予想)のAESI率を比較するには、同じデータソースを使用すべきである。

データベース別の特に関心の高い15の有害事象の年齢および性別(女性:丸、男性:三角)層別発生率(10万人年当たり)
図の説明
注:Li et al.より引用。 データベース別の特に関心の高い15の有害事象の年齢および性別(女性:丸、男性:三角)層別発生率(10万人年当たり)。凡例では、国名の前に電子カルテデータベースの略称を示しています。CC BY 4.0でライセンスされています。

スコットランドにおけるSARS-CoV-2デルタVOC(変異株):人口統計、入院リスク、およびワクチンの効果

SARS-CoV-2 Delta VOC in Scotland: demographics, risk of hospital admission, and vaccine effectiveness. Sheikh et al. Lancet (June 14, 2021).

Key findings

2021年5月、スコットランドでは、B.1.617.2(Delta)バリアント(変異株)がSARS-CoV-2の優勢株となった(図)。
B.1.617.2はS遺伝子陽性症例の97%を占め、全症例の40%(7,723/19,543)、入院の36%(134/377)を占めていた。
S遺伝子陽性の症例は、S遺伝子陰性の症例に比べて入院リスクの上昇(aHR 1.85、95%CI 1.39~2.47)と関連していた。
BNT1682b(Pfizer/BioNTech)およびChAdOx1(Oxford/AstraZeneca)の両ワクチンは,S遺伝子の有無にかかわらず入院予防に有効であった。

方法

S遺伝子陽性およびS遺伝子陰性(すなわち、B.1.1.7、アルファバリアント)の感染者と、マルチターゲットSARS-CoV-2 PCRテストから得られたゲノムシーケンス。2021年4月1日から6月6日の間に収集されたサーベイランスデータ(n = 19,543)から求めた,S遺伝子陽性症例の入院リスクと,2回目の接種から14日以上経過した後の入院を防ぐためのBNT1682bおよびChAdOx1ワクチンの推定効果。

限界

観察研究。

示唆されること

スコットランドでは,SARS-CoV-2のB.1.617.2亜型がB.1.1.7亜型に急速に置き換わり,入院リスクの上昇と関連していた.しかし、COVID-19ワクチンはB.1.617.2による入院の予防に有効であると思われる。
スコットランドの変異株の推移
注:Sheikh et al.Changing proportions of in diseases due to SARS-CoV-2 B.1.1.7 (Alpha), B.1.617.2 (Delta), and other variant viruses in Scotland over timeから引用した。日付はすべて2021年から。

スコットランドにおけるChAdOx1およびBNT162b2 COVID-19ワクチンの初回接種と血小板減少性、血栓塞栓性、出血性のイベント。

First-dose ChAdOx1 and BNT162b2 COVID-19 vaccines and thrombocytopenic, thromboembolic and hemorrhagic events in Scotland.external icon Simpson et al. Nature Medicine (June 9, 2021).

key findings

  • ChAdOx1(Oxford/AstraZeneca)のワクチン接種は、1回目の接種後0~27日以内に、まれではあるが、以下のような高頻度の発生と関連していた。
    • 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)(aRR 5.77、95%CI 2.41-13.83)、10万回接種あたり1.13(95%CI 0.62-1.63)の発生(図)。
    • 動脈血栓塞栓症イベント(aRR 1.22、1.12-1.34)。
    • 出血性イベント(aRR 1.48 95% CI 1.12-1.96)。
  • BNT162b2(Pfizer/BioNTech)と血小板減少性イベント、血栓塞栓性イベント、出血性イベントとの間に正の関連は認められなかった。

方法

2020年12月~2021年4月にスコットランドで16歳以上の個人を対象に、ChAdOx1(n = 170万人)(訳者注釈:アストラゼネカ)またはBNT162b2(n = 82万人)の1回目の投与後の血液および血管系の有害事象を、インシデントマッチのケースコントロール研究デザインを用いて評価した。

限界

2回目の投与の分析は行われていない;未知の交絡因子に基づいて結果が過大評価される可能性がある。

示唆されること

ChAdOx1ワクチンは、BNT162b2では見られなかったITPのごくわずかな発生率の増加と関連する可能性がある。この非常に小さなリスクは、ワクチンの明確なメリットとの関連で考慮する必要があります。
特発性血小板減少性紫斑病のイベントがあった個人の1回目のワクチン接種日とワクチンの種類。
注:Simpsonらより引用。 特発性血小板減少性紫斑病のイベントがあった個人の1回目のワクチン接種日とワクチンの種類。AZ: ChAdOx1; PB: BNT162b2. CC BY 4.0でライセンスされています。

固形臓器移植者におけるSARS-CoV-2ワクチンの3回目の投与の安全性と免疫原性

Safety and immunogenicity of a third dose of SARS-CoV-2 vaccine in solid organ transplant recipients: a case series.external icon Werbel et al. Annals of Internal Medicine (June 15, 2021).

key findings

  • 3回目の投与から中央値で14日後の時点。
    • 3回目投与前に抗体価が低かった6名全員が高陽性抗体価となった。
    • 3回目の投与前に抗体価が陰性であった24名のうち,6名が高陽性,2名が低陽性,16名が陰性のままであった。
  • 3回目の投与後に最も頻繁に報告されたワクチン反応は,軽度または中等度の局所反応(15名)と疲労感(14名)であった。

方法

BNT162b2(Pfizer/BioNTech)またはmRNA-1273(Moderna)のいずれかを2回接種しても最適な抗体反応が得られないと判断され、その後3回目のワクチン(Ad26.COV2.S(Johnson & Johnson/Janssen)、BNT162b2、またはmRNA-1273のいずれか)を接種した固形臓器移植患者30名を対象としたケースシリーズ。抗体検査は、3回目のワクチン接種の中央値で9日前、中央値で14日後に行われた。患者は、3回目の投与を受けた7日後に、ワクチン反応アンケートに回答した。

限界

少量の簡易サンプルであり、すべての固形臓器移植患者を代表するものではない。標準的なワクチン接種に対して「最適ではない」反応(論文では定義されていない)を示した患者のみを対象とした。

示唆されること

mRNA ワクチンの 3 回目の投与は、固形臓器移植患者の COVID-19 に対する予防効果を高める可能性があり、反応は軽度から中等度である。

炎症性腸疾患を有する小児および若年成人における感染またはワクチン接種後のSARS-CoV-2に対する抗体

プレプリント論文 ピアレビューなし

key findings

炎症性腸疾患(IBD)のためにインフリキシマブまたはベドリズマブで治療を受けている小児および若年成人の44/436人が,SARS-CoV-2スパイクタンパクの受容体結合ドメイン(S-RBD)抗体を保有していた。
感染から6カ月後、これらの患者は中和抗体を欠いていた。
COVID-19ワクチン接種後の抗S-RBD抗体レベルおよび中和能力は、自然感染と比較して、それぞれ約15倍および10倍高かった(図)。

方法

インフリキシマブまたはベドリズマブで治療を受けた2~26歳のIBD患者436人を対象に、SARS-CoV-2 S-RBD抗体陽性を評価する単施設前向き研究(2020年5月~2021年4月)。完全なワクチン接種の約3週間後に抗体反応と中和能力を測定し、[BNT1682b(Pfizer/BioNTech)=21、mRNA-1273(Moderna)=7、Ad26.COV2.S(Johnson & Johnson/Janssen)=5]、自然感染の場合と比較した。

限界

生物学的製剤を投与されていないIBD患者の対照データはなく、ワクチン接種後の抗体反応の持続性に関する縦断的なデータもない。

示唆されること

生物学的製剤で治療を受けている若年IBD患者は,自然感染後のSARS-CoV-2中和抗体反応の持続時間が短いため,SARS-CoV-2再感染のリスクが高まる可能性がある.しかし,少なくとも最初のうちは,COVID-19ワクチンの接種によって強固な防御が得られると考えられる.
COVID-19血清反応陽性(n = 44)またはmRNAワクチンを接種した小児および若年成人IBD患者における中和力(NT50)について

注:Daileyらより引用。 COVID-19血清陽性の小児および若年成人IBD患者(n=44)、またはmRNAワクチン(BNT1682bまたはmRNA1273)もしくはAd26.COV2.S(n=33)を接種した患者の中和力価(NT50)を、IBD治療群:vedolizumab、infliximab、infliximabおよびMethotrexate別に比較した。緑の点は、ワクチン接種群のうちCOVID-19血清陽性患者を示す。丸はmRNAワクチンの接種、三角はAd26.COV2.Sの接種を示す。横棒は平均値を示す。有意棒の下のx値は、各群の平均値間の倍数変化を示す。点線は中和閾値を示し、NT50は5であった。

COVID-19で入院した患者におけるCasirivimabとimdevimabの併用(RECOVERY):無作為化、対照、非盲検、プラットフォーム試験。

プレプリント(ピアレビューなし)

key findings

入院時に血清陰性の患者において、REGEN-COV抗体療法を受けたCOVID-19患者は、28日以内に死亡した患者の対照群に比べて有意に少なかった(RR 0-80、95%CI 0-70-0-91)。
REGEN-COVを投与された患者の24%が死亡したのに対し、対照患者の30%が死亡した(図、パネルA)。
全患者では、ベースラインの抗体状態にかかわらず、REGEN-COV療法を受けた患者と対照患者の間で28日死亡率に有意な差はなかった(RR 0-94、95%CI 0-86-1-03、p = 0-17)。
REGEN-COV療法を受けた患者の20%が死亡したのに対し、対照患者の21%が死亡した(図、パネルB)。

方法

英国の127の病院で実施された無作為化試験(2020年9月~2021年5月)において、9,785人の患者を、通常のケア(コントロール)または通常のケアに加えてREGEN-COV(カシリビマブとイムデビマブ)モノクローナル抗体療法を受ける患者に割り付けた。患者は、入院時の抗SARS-CoV-2の状態によって、3,153人(32%)が血清陰性、5,272人(54%)が血清陽性、1,360人(14%)が不明に分類された。主要評価項目であるバイタルステータスは、99%の患者で28日目に決定された。

限界

その他の医学転帰に関する情報は収集されなかった。

示唆されること

REGEN-COVモノクローナル抗体療法は、入院時に血清反応が陰性のCOVID-19患者の死亡率を低下させる可能性がある。
COVID-19で入院した患者に対するCasirivimabとimdevimabの投与(RECOVERY):無作為化、対照、非盲検、プラットフォーム試験。

感染経路

SARS-CoV-2ワクチンを接種した大学キャンパス内の学生を対象としたサーベイランス検査と検疫の利点

プレプリント

key findings

外部コミュニティの感染率にかかわらずワクチン効果が90%の場合、週1回のサーベイランス検査は、検査を行わない場合と比較して、ウイルス感染をわずかに減少させるに過ぎない(図)。
ワクチン効果が50%-75%の場合、週1回のサーベイランス検査は、感染数を10倍以上減少させることができる(図)。
ワクチンの効果が50%に低下するまでは、曝露に対して10日間の隔離プロトコルを適用しても、感染に対する効果は限定的です。
曝露した学生を2日ごとに検査することは、少なくとも隔離と同様に感染を抑える効果がある。

方法

5,000人の学生を対象に、90日間にわたるSARS-CoV-2の感染拡大をシミュレーションしたエージェントベースモデル。このモデルでは、ワクチンの種類、変異、免疫力の低下によってワクチンの効果が影響を受ける可能性がある。限界。モデルのパラメータは、2020-2021年度にデューク大学のサーベイランスプログラムによって収集された感染動態データに適合させたものであるため、結果は状況や資源に依存する可能性がある。ワクチン接種によってもたらされる防御は、接種率と有効性の積であり、ワクチン接種が義務付けられていない大学には一般化できない可能性がある。

示唆されること

ワクチン接種率100%、ワクチン効果90%のキャンパスでは、サーベイランス検査が行われなくても感染は低く抑えられるはずである。感染した学生の検査を強化することは、キャンパス内での隔離に代わる実行可能な手段となるかもしれません。
SARS-CoV-2ワクチンを接種した大学キャンパス内の学生を対象としたサーベイランス検査と検疫の利点

注:Motta et al.より引用。サーベイランス検査を行った場合と行わなかった場合の1日当たりの感染有病率。相互作用乗数を10と仮定し,5,000人のモデル集団で100回のシミュレーションを行った場合の,1日の感染有病率の中央値(濃い赤と青の線)と2.75%~97.5%の分位範囲(薄い赤と青の帯)を示している.外部コミュニティの感染率は0.1%(上段)または1.0%(下段)に固定されており,ワクチンの効果は90%(左),75%(中),50%(右)に選択されている.CC BY 4.0でライセンスされています。

COVID-19感染の自然史

PEER-REVIEWED

感染から1年後にSARS-CoV-2に対する中和力が自然に高まる

key findings

ワクチンを接種していない回復者では、感染後のSARS-CoV-2中和活性は、6カ月後と12カ月後に有意な差はなかった。
感染から12カ月後の回復者では、SARS-CoV-2亜種に対する中和活性は、mRNAワクチン接種者の方がワクチン未接種者に比べて大きい(21~71倍)(図)。

方法

COVID-19に感染した成人63人を対象に、Wuhan Hu-1に感染した後の体液反応を調べるコホート研究。成人の41%はmRNAワクチンを少なくとも1回接種していた。感染後1.3、6.2、12カ月目に中和抗体と記憶B細胞数を評価した。SARS-CoV-2亜種B.1.351,B.1.1.7,B.1.526,P.1に対する中和活性を,同じ時期に30人のサブグループ(回復期にワクチンを受けていない15人,回復期にワクチンを受けた15人)で評価した.限界 サンプル数が少ない。

示唆されること

SARS-CoV-2感染後にmRNAワクチンを接種すると、循環するSARS-CoV-2の亜種に対して最大12カ月間防御できる抗体とメモリーB細胞が生成され、亜種に対しても防御できるはずである。また,回復者における免疫は長期的に持続する可能性がある。

感染から1年後にSARS-CoV-2に対する中和力が自然に高まる
注:Wangらより引用。 SARS-CoV-2の野生型(Wuhan-Hu-1)および変種B.1.351、B.1.1.7、B.1.526、P.1に対する血漿中和活性(y軸)。時点(x軸)の単位は月。COVID-19非接種の療養者とワクチン接種を受けた療養者(Vac)は、12ヵ月目のみを分けて示した。赤いバーは中央値、赤い数字は各時点での幾何平均中和値(NT50)を示す。許可申請中です。

ワクチン接種後または自然感染後の医療従事者のSARS-CoV-2抗体反応を縦断的に観察した。

プレプリント(査読なし)

key findings

BNT162b2(Pfizer/BioNTech)ワクチンの2回接種は、以下と比較して有意に高い抗体レベルを誘発した。
BNT162b2またはChAdOx1(AstraZeneca社)ワクチンのいずれかを1回投与した場合(図)。
以前にPCRで確認されたSARS-CoV-2感染から得られた免疫(図)。

方法

2021年4月にドイツで行われた縦断研究で、BNT162b2を1回または2回とも接種した病院職員(n=324)またはChAdOx1を1回接種した病院職員(n=117)、SARS-CoV-2が陽性でワクチンを接種していない病院職員(n=52)、またはワクチンも過去の感染もない病院職員(n=69)の抗SARS-CoV-2免疫グロブリンGIgG)抗体反応を比較した。限界 単一施設での研究、BNT162b2単回投与群のサンプル数が少ない(n=9)、ワクチン接種から血液採取までの期間が参加者のグループによって異なる。

示唆されること

BNT162b2の2回接種は,PCRで確認されたSARS-CoV-2感染歴がある場合や,BNT162b2またはChAdOx1ワクチンの単回接種よりも高い抗体反応を引き起こす。
ワクチン接種後または自然感染後の医療従事者のSARS-CoV-2抗体反応を縦断的に観察した。
注:Herzbergらによる、過去の感染またはワクチン接種の有無による抗SARS-CoV-2-IgG抗体比を引用。アッセイメーカーによれば、0.8未満の場合は陰性、0.8以上~1.1未満の場合はequivocal、1.1以上の場合は陽性と解釈される。実線はIgG比率の中央値を示し、異常値は示していない。CC-BY-NC-ND 4.0でライセンスされています。

In Brief

発見、負担、影響

Asch et al. COVID-19感染症で入院した黒人と白人の米国メディケア受給者の死亡率の違いに関連する患者と病院の要因.外部アイコン JAMA Network Open(2021年6月17日)。臨床および社会人口統計学的な患者特性を調整した後、1,188病院(2020年1月~9月)に入院したCOVID-19患者のうち、黒人は白人よりも入院後30日以内に死亡またはホスピスに退院する可能性が高かった(調整オッズ比(aOR)1.11、95%CI 1.03~1.19)。さらに病院の固定効果を調整したところ、黒人患者と白人患者の死亡率には差がなく(aOR 1.02、95%CI 0.94-1.10)、黒人患者の死亡率が高いのは、彼らが偏ってケアを受けている病院と関連していることが示唆された。
黒人のイベント率

黒人患者が白人患者と同じ病院に入院した場合に、死亡またはホスピスに紹介される確率をシミュレーションしたもの。実線は黒人患者の死亡率またはホスピスへの退院率の観測値、青の破線はシミュレーションによる死亡率またはホスピスへの退院率。Licensed under CC BY.

Misra et al. インドにおける小児および若年層(2~17歳)のSARS-CoV-2抗体の血清学的有病率。大規模なマルチセントリックな人口ベースの血清疫学研究の中間結果
2021年3月15日から6月10日までの間に、インドの4つの州において、SARS-CoV-2の血清有病率は、成人3,809人で55.7%、小児700人で63.5%であった。成人(18歳以上)と2~17歳の子どもの間で、血清有病率に統計的な有意差はありませんでした。
COVID-19パンデミックにおける小児への予防接種
2019年1月~8月と比較して、2020年の同時期に、南カリフォルニアの統合医療システムにおける0~18歳の子ども(n>98万人)の小児用ワクチンの完全接種率は低下した。 16カ月齢での麻疹ワクチン接種率は、2019年の89%に対し、2020年7月は81%であった。
Kaiser Permanente Southern California(KPSC)の統合医療システムにおける16か月齢での麻疹ワクチン接種率、2019年1月から8月、2020年1月から8月。
注:Ackersonらより引用。 Kaiser Permanente Southern California(KPSC)の統合医療システムにおける16か月齢での麻疹ワクチン接種率、2019年1月から8月、2020年1月から8月。許可申請中。

SARS-CoV-2感染症の自然史

6月16日に発表された2つの大規模な多施設共同研究では、小児の多系統炎症性疾患(MIS-C)に対する特定の免疫調節療法を評価した結果が相反するように見えます。Son氏らの論文(Multisystem inflammatory syndrome in children – initial therapy and outcomesexternal icon, NEJM)では、IVIGとグルココルチコイドを併用した初期治療により心血管機能障害のリスクが低下したとしていますが、McArdle氏らの論文(Treatment of multisystem inflammatory syndrome in childrenexternal icon, NEJM)では、IVIG単独、IVIGとグルココルチコイド、グルココルチコイド単独のいずれでも有意な改善は見られなかったとしています。DeBiasi氏による論説「Immunotherapy for MIS-C – IVIG, glucocorticoids, and biologicsexternal icon」(NEJM誌)では、これらの異なる結果について、いくつかの可能性のある説明がなされています。

予防、緩和、および介入戦略

Lim et al. Antibody responses after SARS-CoV-2 vaccination in lymphoma.external icon.medRxiv(Preprint; June 12, 2021)。BNT162b2(Pfizer/BioNTech)またはChAdOx1(Oxford/AstraZeneca)を接種した129名のリンパ腫患者において、「治療中」(継続中の治療、または接種前6か月以内に完了)の患者では、「無治療」(治療未経験、または1回目の接種前6か月以上前に治療完了)の患者に比べて抗体価が低かった。治療中の患者では、61%が2回目の接種後に検出可能な抗体を持たなかった。
Samarakoonら、黒人、先住民、有色人種におけるmRNA COVID-19ワクチンに対する遅発性大規模局所反応.外部アイコンNEJM(2021年6月9日)。2021年2月10日~4月23日にCOVID-19ワクチンのアレルギー症例登録に報告されたmRNAワクチン接種後の遅発性大局所反応510例のうち、55例(11%)が黒人、先住民、有色人種(BIPOC)であった。BIPOCの人では、ワクチン接種から反応までの平均期間は8日(範囲4~14)で、反応の大半は1回目のワクチン接種後(53[96%])およびmRNA-1273(Moderna)ワクチン接種後(47[85%])に発生していた。
mRNA-1273ワクチン1回目投与後の遅発性大局所反応

注:Samarakoonらより引用 mRNA-1273ワクチン1回目投与後の遅発性大局所反応 A) 41歳の黒人女性、B) 51歳の黒人女性、C) 44歳の黒人女性、D) アジア人と白人の混血である69歳の女性。遅発性大規模局所反応 E) BNT162b2ワクチンの1回目を受けた41歳の黒人女性、F) mRNA-1273ワクチンの1回目を受けた60歳のアジア人女性、G) mRNA-1273ワクチンの2回目を受けた73歳のアジア人男性、H) mRNA-1273ワクチンの1回目を受けた21歳のヒスパニック系女性。ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン誌より、Samarakoonら、Delayed large local reaction to mRNA COVID-19 vaccines in Blacks, Indigenous Persons, and People of Color(黒人、先住民、有色人種におけるmRNA COVID-19ワクチンに対する遅延型大規模局所反応)。2021年6月9日、online ahead of print。著作権 ©2021 Massachusetts Medical Society. Massachusetts Medical Societyの許可を得て転載しています。

Delta(B.1.617.2)バリアントによる入院に対するCOVID-19ワクチンの有効性

2021年4月12日から6月4日の間に、イングランドでSARS-CoV-2 B.1.617.2バリアントの症状のある症例が14,019件あり、166件の入院があった。B.1.617.2変異体による入院に対するBNT162b2(Pfizer/BioNTech)の1回または2回投与、またはChAdOx1(Oxford/AstraZeneca)の2回投与のワクチンの有効性は90%以上であり、B.1.1.7変異体による入院に対する有効性と同等であった。

社会・行動・コミュニケーション科学

COVID-19ワクチン情報の一般市民にとっての可読性の低さ。

1つの例外を除いて、EUAワクチンのファクトシート(BNT162b2(Pfizer/BionNTech)、mRNA-1273(Moderna)、Ad26.COV2.S(Johnson & Johnson/Janssen))とCOVID-19ワクチンに関するCDCのウェブサイトの可読性は、米国の多くの人々にとって十分に理解できないものと判断されました。V-Safe有害事象調査のみが、Flesch Reading Ease Test、Flesch-Kincaid Grade Level Test、Gunning-Fog Indexで評価した場合、10年生から12年生レベルの理解力を必要としませんでした。2003年には、米国の成人の約半数が小学校7年生以下のレベルの読解力しかないと推定されていました。

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

関連記事

プロフィールはこちら

 

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移