欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

新型コロナ|VOC(Variant of Concern)懸念される変異株

VOC(Variant of Concern)の定義は以下の通りです。
VOIの定義(下記参照)を満たし、比較評価を通じて、世界的に公衆衛生上重要な程度で以下の1つ以上の変化に関連することが証明されたSARS-CoV-2亜種。

COVID-19の疫学における感染性の増加または有害な変化;または
病原性の増加または臨床病像の変化;または
公衆衛生や社会的措置、または利用可能な診断薬、ワクチン、治療薬の有効性が低下すること。

また、SARS-CoV-2 VOI(variant of interst)とは、SARS-CoV-2の変異体のことで以下の基準を満たすものである。
伝達性、重症度、免疫逃避、診断・治療逃避などのウイルスの特性に影響を与えることが予測または既知の遺伝子変化を持つもので、かつ
複数の国において、地域社会での重大な感染や複数のCOVID-19クラスターを引き起こし、相対的な有病率が増加し、時間の経過とともに患者数が増加していることが確認されていること、または、世界の公衆衛生に対する新たなリスクを示唆するその他の明らかな疫学的影響があること。

2021年1月7日現在のWHOの注意すべき変異株のリストは以下のようになっています。

WHO名称 PANGO系統
Sタンパク変異 発見次期 感染性への影響 免疫への影響 重症度への影響
ベータ B.1.351 K417N, E484K, N501Y, D614G, A701V 2020.9 あり1 あり2,3 あり4,5
ガンマ P.1 K417T, E484K, N501Y, D614G, H655Y 2020.12 あり 6 あり 7 あり 5
デルタ B.1.617.2 L452R, T478K, D614G, P681R 2020.12 あり 8 あり 9-11 あり 10,12
オミクロン B.1.1.529 A67V, Δ69-70, T95I, G142D,
Δ143-145, N211I, Δ212, ins215EPE,
G339D, S371L, S373P, S375F, K417N,
N440K, G446S, S477N, T478K, E484A,
Q493R, G496S, Q498R, N501Y, Y505H,
T547K, D614G, H655Y, N679K, P681H,
N764K, D796Y, N856K, Q954H, N969K,
L981F
2021.12 はっきりしない
13-15,a
あり16 はっきりしない
17,18,b

a: 増殖速度の増大が、免疫回避のみに起因するのか、それとも固有の感染性の増大にも起因するのかは不明である。
b: 予備的な研究では入院のリスクが減少しているが、効果の大きさを十分に判断し、ワクチン接種のカバー率や現在入院している患者集団の国際的な違いを認め、すべての人口集団に適用されるかどうかを判断するには、さらなるエビデンスが必要である。死亡率への影響の変化に関する決定的な証拠は(まだ)得られていない。

リファレンス
1.Tegally H, Wilkinson E, Giovanetti M, Iranzadeh A, Fonseca V, Giandhari J, et al. Detection of a SARS-CoV-2 variant of concern in South Africa. Nature. 2021;592(7854):438-43.
2.Cele S, Gazy I, Jackson L, Hwa S-H, Tegally H, Lustig G, et al. Escape of SARS-CoV-2 501Y.V2 from neutralization by convalescent plasma. Nature. 2021.
3.Madhi SA, Baillie V, Cutland CL, Voysey M, Koen AL, Fairlie L, et al. Efficacy of the ChAdOx1 nCoV-19 Covid-19 Vaccine against the B.1.351 Variant. New England Journal of Medicine. 2021.
4.Pearson CA. Estimates of severity and transmissibility of novel South Africa SARS-CoV-2 variant 501Y.V2
5.Funk T, Pharris A, Spiteri G, Bundle N, Melidou A, Carr M, et al. Characteristics of SARS-CoV-2 variants of concern B.1.1.7, B.1.351 or P.1: data from seven EU/EEA countries, weeks 38/2020 to 10/2021. Eurosurveillance. 2021;26(16):2100348.
6.Faria NR, Mellan TA, Whittaker C, Claro IM, Candido DdS, Mishra S, et al. Genomics and epidemiology of the P.1 SARS-CoV-2 lineage in Manaus, Brazil. Science. 2021.
7.Dejnirattisai W, Zhou D, Supasa P, Liu C, Mentzer AJ, Ginn HM, et al. Antibody evasion by the P.1 strain of SARS-CoV-2. Cell. 2021.
8.Public Health England. SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England Technical briefing 12 2021
9.Jamie Lopez Bernal NA, Charlotte Gower, Eileen Gallagher, Dr Ruth Simmons, Simon Thelwall, Julia Stowe, Elise Tessier, Natalie Groves, Gavin Dabrera, Richard Myers, Vanessa Saliba, Shamez Ladhani, Coli, Campbell, Gayatri Amirthalingam, Matt Edmunds, Maria Zambon, Kevin Brown, Susan Hopkins, Meera Chand, Mary Ramsay. Effectiveness of COVID-19 vaccines against the B.1.617.2 variant 2021
10.Sheikh A, McMenamin J, Taylor B, Robertson C. SARS-CoV-2 Delta VOC in Scotland: demographics, risk of hospital admission, and vaccine effectiveness. The Lancet.
11.Stowe J, Andrews N, Gower C, Gallagher E, Utsi L, Simmons R, et al. Effectiveness of COVID-19 vaccines against hospital admission with the Delta (B.1.617.2) variant 2021
12.Public Health England. SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England Technical briefing 16 2021
13.UK Health Security Agency. SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England (Technical briefing 31) 2021
14.Lyngse FP, Mortensen LH, Denwood MJ, Christiansen LE, Møller CH, Skov RL, et al. SARS-CoV-2 Omicron VOC Transmission in Danish Households. medRxiv. 2021:2021.12.27.21268278.
15.Peacock TP, Brown JC, Zhou J, Thakur N, Newman J, Kugathasan R, et al. The SARS-CoV-2 variant, Omicron, shows rapid replication in human primary nasal epithelial cultures and efficiently uses the endosomal route of entry. bioRxiv. 2022:2021.12.31.474653.
16.Pulliam JRC, van Schalkwyk C, Govender N, von Gottberg A, Cohen C, Groome MJ, et al. Increased risk of SARS-CoV-2 reinfection associated with emergence of the Omicron variant in South Africa. medRxiv. 2021:2021.11.11.21266068.
17.UK Health Security Agency. SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England Technical briefing: Update on hospitalisation and vaccine effectiveness for Omicron VOC-21NOV-01 (B.1.1.529) 2021
18.Wolter N, Jassat W, Walaza S, Welch R, Moultrie H, Groome M, et al. Early assessment of the clinical severity of the SARS-CoV-2 Omicron variant in South Africa. medRxiv. 2021:2021.12.21.21268116.

関連記事

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号 麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号 日本内科学会 認定内科医 第19362号 日本内科学会 総合内科専門医 第7900号 日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号 臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号 日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号 見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。 あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。 間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら

新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

コロナウイルス一覧

NIPTトップページへ遷移