新型コロナウイルス特設ページトップに戻る

【CDC】エアコンに関連したアウトブレイク

 

wwwnc.cdc.gov/eid/article/26/7/20-0764_article#az-large

COVID-19 2020年,中国広州のレストランにおけるエアコンディショニングに関連したアウトブレイク

 

抄録

2020年1月26日~2月10日,中国広州のレストランの空調を通してCOVID-19のアウトブレイクが3つの家族クラスターで10人に発生した.気流方向はドロップレット伝播と一致した方向であった.レストランでのウイルスの拡散を防止するために,テーブル間の距離を増やし,換気を改善することを推奨する.
2020年1月26日から2月10日にかけて,2019年新規コロナウイルス病(COVD-19)のアウトブレイクが,中国広州の同じレストランの空調環境で食事をしていた3家族(家族A~C)の10人で発生した.一家は中国湖北省武漢から旅行してきたばかりだった.著者らは,これらの10症例を一緒に結びつける詳細な調査を行った.本研究は広州疾病管理予防センターの倫理委員会の承認を得た.
2020年1月23日,家族Aは武漢から旅行し,広州に到着した.1月24日,レストランXで初発患者(患者A1)が他の家族3名(A2-A4)と昼食をとった.他の2家族,BとCは同じレストランで隣のテーブルに座っていた.その日のその後,患者A1は発熱と咳で発症し,入院した.2月5日までに,他の計9名(A家系4名,B家系3名,C家系2名)がCOVID-19に罹患した.
家族BおよびCの罹患者に対する唯一知られている曝露源は,レストランでの患者A1であった.われわれは,ウイルスがレストランでBファミリーのメンバー1人以上,Cファミリーのメンバー1人以上に伝播しており,BファミリーおよびCファミリーにおけるさらなる感染が家族内伝播に起因することを明らかにした.


図.2019年の新規コロナウイルス疾患,中国広州,2020年の発生地におけるレストランテーブルの配置と空調気流を示すスケッチ.赤丸はその後発症した患者の座っていた位置を示し,黄色で塗りつぶした赤丸は初発患者の座っていた位置を示している.

レストランXは,窓のない空調5階建てのビルである.3階の食堂は145 m2の広さで,各階には空調機が設置されている(Figure).各テーブル間の距離は約1mである.家族A,Bはそれぞれ53分の重複期間,家族A,Cは73分の重複期間で座っていた.セントラルエアコン用の吹出口および戻り空気入口は,食卓Cの上方に配置されていた(図,パネルB).
1月24日,合計91名(顧客83名,スタッフ8名)がレストランにいた.このうち3階15テーブルで昼食を食べたのは計83人であった.83人の顧客の中で,10人がCOVID-19に罹患した.残りの73人は濃厚接触者と特定され,14日間隔離された.その間,症状は発現せず,接触者からの咽頭スワブ検体および空気調和器からの塗抹検体6検体(空気出口から3検体,空気入口から3検体)は,逆転写PCR法によりSARS-cov-2陰性であった.
潜在的な伝播経路の検討から,本アウトブレイクの最も可能性の高い原因は飛沫伝播であると結論した.初発患者(患者A1)は昼食中無症状であったが,発症前の伝播が報告されている(1).家族Bの潜伏期間(付録図)を考えると,最も可能性の高いシナリオは,家族Bの3人全員が患者A1から直接感染したということである.しかしながら,患者B2およびB3が患者B1,すなわち最初に罹患した家族Bメンバーによって感染した可能性を除外することはできない.家族Cについては,患者C1とC2の両方が患者A1から感染したというシナリオが考えられる.もう1つのシナリオは,患者C1が1月27日から患者C2をケアしながら感染を獲得したというシナリオである.
このアウトブレイクにおけるウイルス伝播は,飛沫伝播のみでは説明できない.より大きな飛沫(>5μm)は,短時間だけ空気中に残り,一般的に1m(2,3)未満の短距離のみを移動する.患者A1と他の表,特に食卓Cの人との間の距離は,全て1mを超えていた.しかし,空気調和機からの強い気流は,飛沫を表Cから表A,次に表B,次に表Cに伝播させた可能性があった(図).
ウイルスを含んだ小さな(<5μm)エアロゾル化された小滴が空気中に残り,1m(4)を超える長距離を移動することができる.SARSおよびMERSウイルスのエアロゾル伝播の可能性が報告されている(5,6).しかし,レストランXのスタッフや他の食堂に感染した者はいなかった.さらに,エアコンの塗抹標本はすべてヌクレオチド陰性であった.この所見は,エアロゾル伝播とはあまり一致していない.しかしながら,エアロゾルは気流に従う傾向があり,より遠くに低い濃度でもエアロゾルが流れて,レストランの他の部分で感染を引き起こすには不十分であったかもしれない.

我々の研究には限界がある.空気伝播経路を模擬した実験的研究は行わなかった.また,感染リスクを評価するための検査をスワブ検体陰性の無症候性家族および他の食事をとった人たちの血清学的研究を実施していない.
著者らは,このアウトブレイクでは,飛沫伝播は空調換気によって促されたと結論する.感染の鍵となる因子は気流の方向であった.注目すべきことに,患者B3は無熱性であり,このアウトブレイクの患者の1%は無症候性であり,一般市民のアウトブレイクの潜在的な感染源となっていた(7,8).レストランにおけるCOVID-19の拡散を防止するために,温度モニタリングサーベイランスの強化,テーブル間の距離の拡大,および換気の改善を推奨する.

 

いかがでしたか?
今回のCDCの報告は,SARS-cov-2が空気感染する,というものではなく
飛沫がエアコンの風で乾燥されかつ遠くに飛ばされて同室内の離れた人たちに感染させるモデルを示したものです.

飲食店を運営するにあたり気を付けないといけないことが,ちょっと見えてきましたね.

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

医師・仲田洋美の保有資格

医籍登録番号 第371210号
麻酔科標榜医 厚生労働省医政発第1017001号 麻 第26287号
日本内科学会 認定内科医 第19362号
日本内科学会 総合内科専門医 第7900号
日本プライマリ・ケア連合学会 指導医 第2014-1243号
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 第1000001号
臨床遺伝専門医制度委員会認定 臨床遺伝専門医 第755号
日本感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター ID3121号
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定医 第J-535号

見ての通り、感染症専門医ではありませんが、感染症に関する二つの資格は一応持っているのと、「遺伝子検査」の専門医でもあります。
あと、この凝り性な性格でお勉強したので、通常の内科専門医よりは断然詳しいと思います。

間違っているところがあったらお知らせください。

プロフィールはこちら