つわりはいつから始まる?妊娠初期の妊婦さんの体験談を紹介

つわり
赤ちゃんを授かったばかりの妊婦さんの体はとてもデリケートで、お腹が大きくなるにつれて妊娠特有のつわりも徐々に現れてくるようになります。
つわりの症状に対して不安を抱く妊婦さんは多く、まずは「いつから始まるんだろう?」という疑問が生じるものです。この記事ではつわりの種類や対策と、いつから始まりいつまで続くかをご説明します。妊婦さんのつわり体験談もご紹介します。

つわりに関して知っておきたいこと

あかちゃん

みなさんはつわりに対してどのようなイメージを持っていますか?

映画やドラマで、突然吐き気に襲われて妊娠を確信するというシーンから、つわりは妊娠初期症状というイメージが強いのではないでしょうか。

吐き気はつわりを代表する症状のひとつですが、その他にも食べづわりなどの症状があります。

つわりの症状と対処法

つわりの種類・症状・対処法をなどをまとめました。家事やお仕事でなかなか思うように休めない方もいらっしゃると思いますが、一番の対策方法は「無理をしない」ということを心に留めておいてください。

つわりの種類症状と対処法
吐きづわり突然、血の気が引くような気持ち悪さを感じます。無理な活動を自粛してしっかり体を休めましょう。
嘔吐吐きづわりが酷い時は嘔吐を伴います。普段から水・スポーツドリンク・スープ類などでしっかり水分補給をしておきましょう。
食べづわり空腹時に何かを食べていないと胃や胸がムカムカして落ち着かなくなります。摂取カロリーが増えすぎない程度に、低カロリーの間食を挟んで対策していきましょう。
食欲不振食欲がなくなって食事が全然喉を通らなくなります。体重減少や栄養不足にならないようにビタミンをしっかり摂り、食べやすいアイス・フルーツ・ゼリーを用意しておくのがおすすめです。
においづわり特定のにおいが急に苦手になって気分が悪くなってしまいます。においの原因を排除するか遠ざけて、好きな匂いのアロマを焚くなどして対策しましょう。
頭痛ときどき軽度から重度の頭痛が発生します。安静が第一ですが、酷い場合はすぐに医師に相談しましょう。
眠気十分に睡眠をとったにもかかわらず、まだ明るいうちに急激に眠くなってしまいます。コーヒーなどでカフェインを摂りすぎることに注意して、眠気覚ましに人と会話をする、外の空気を吸う、ときどき体を動かすなどの対策をしましょう。
だるさ何も手につかないほどのだるさを感じます。無理やり体を動かすのはストレスにも繋がるため、家事をパートナーや家族にお願いすることも対策のひとつとなります。
イライラするいつもよりストレスが溜まりやすくなり、ちょっとしたことでもイライラします。妊娠初期はまだ体を動かせる時期なので、友人とお出かけをしたり、オンライン通話でおしゃべりをしたりしてストレスを発散しましょう。

つわりひとつだけでもこれほど多くの症状があります。

特によくみられるのが吐きづわりや食べづわりですが、妊婦さんによっては症状自体が現れない方もいます。

妊婦さん全体でみた場合、7割につわりが現れ、残り3割は無症状や軽度の症状のつわりが現れます。

不公平だと思うかもしれませんが、つわりの発生自体を防止することはできないため、妊娠が判明してからはいつつわりがきてもいいように身構えておくことが必要です。

つわりはいつから始まるのか?

つわり
ここからが本題となります。妊娠検査薬で陽性が出たあとは産婦人科でめでたく妊娠していることが伝えられます。

では、一体いつからつわりが始まるのかを詳しくご説明していきます。

つわりが始まるのは妊娠5週頃

妊娠したと判明した後は、喜びといっしょに妊娠中の生活や出産に対して不安を覚える方もいます。

最初に気をつけなければいけないのが、突如現れるつわりです。

一般的に、つわりは妊娠5週頃から現れ始めて妊娠9週頃には症状のピークを迎えます。

つわりはいつまで続く?

症状が治まるのは妊娠11週頃といわれています。

週数はあくまで妊娠全体の平均であるため、早い人では妊娠4週頃に吐きづわりや食べづわりが現れ、妊娠20週頃までつわりが長引いてしまうケースもあります。

また、いったん収まったつわりがぶり返す人もいるそうです。

症状の重さも人によって全然違うため、自分の体にどの程度の負担がかかるかは未知数だといえます。

症状が耐えきれないほど重い、平均よりも長い週数重いつわりが続いている場合は、妊娠中の病気である「妊娠悪阻」が疑われるので、すぐに医師に相談をするようにしましょう。

つわりの初期によくみられる症状 モーニング・シックス

数あるつわりの症状の中でも、つわりの始まりによくみられる症状があります。

それはお腹が空いている時に気持ち悪さを感じるという症状です。胃の中に何も入っていない状態の朝は特に気持ち悪さを感じることがあり、「モーニング・シックス」とも呼ばれています。

つわり特有の症状である吐きづわりが発生する原因はひとつではなく、さまざまなにおいに対して敏感になるにおいづわりなどからも誘発されます。

消化器症状からつわりが始まったという妊婦さんは多く、眠気、だるさ、イライラするなどの症状が複合的に現れることもあります。

日によって症状が現れるかどうか、症状が軽いか重いかもだいぶ違うため、比較的元気な日に買い出しをしたり家事を済ませたりしておくことで、症状が重い日にゆっくり休む時間をつくれるようになります。

つわりのピークは何もできないほど辛い日もあるため、パートナーや家族の手を借りながら十分に体を休める時間をつくっていきましょう。

 

妊婦さんの体験談「つわりはいつから始まった?」

妊娠中の母と娘

ここからは、妊娠初期につわりを経験した妊婦さんの体験談をご紹介していきます。

人それぞれつわりが始まった時期や症状も異なるので是非参考にしてみてください。

【食べづわり→胃もたれ】朝起きたら胃に違和感を感じた

つわりが現れ始めた頃は、明らかにいつもとは違う体調の変化を感じることがあります。朝起きたときの違和感でつわりだと確信するケースはたくさんあります。

「妊娠4週目くらいから食欲が旺盛になり、夕飯をいっぱい食べてから寝るようになりました。4週目半ばのある日の朝、ヨーグルトすら喉を通らないほどの胃もたれが起こってずっと横になっていました。昼くらいにゼリーを食べて少し楽になったんですが、次の日も同じように朝起きたときに胃のムカムカがすごくて。夕飯の油もので翌朝に胃もたれが起きていたのだと思っていましたが、先生から『それは典型的なつわりの症状です』といわれました。柑橘系ゼリーやフルーツなら食べられたので、なんとか耐えきることはできました」

【眠気】仕事中の居眠りで怒られてしまった

つわりの症状のひとつである眠気。たっぷり寝た翌日であっても突然の睡魔に襲われて仕事に支障をきたすこともあります。

「赤ちゃんが出来たと分かってから心身ともに元気な日が続いていたんですが、妊娠5週になったばかりの頃に仕事中うとうとしてしまって上司に注意されたことがありました。仕事中に居眠りをするなんて今までなかったので、私だけではなく同僚もびっくりしていたんです。強烈な眠気に襲われたのは1日だけではなくて、週に何回も眠くなる日もありました。同僚から、『それって眠づわりっていうんだよ』と指摘され、眠づわり対策で仕事中にたくさんの人が声をかけてくれるようになってちょっと恥ずかしい思いをしました」

【二人目】【においづわり】人生二度目のつわりを経験

一人目妊娠時のつわりが楽だったため「二人目もきっと大丈夫」と思っていたところ、想像以上の症状に悩まされた妊婦さんもいます。

「一人目の妊娠のときは妊娠5週くらいに少し気分が悪い日があったくらいで、ほとんど症状がないまま出産を迎えられました。そして二人目の赤ちゃんを授かりました。妊娠5週に入ってもつわりがなかったので、『ほら、やっぱり大丈夫だ!』と思っていたんですが、6週目に入る頃に炊飯器からの猛烈な臭いに耐えきれなくなって吐いてしまったんです。『炊飯器の故障かな?』と思っていたんですが、どうやら『においづわり』という症状だったみたいです。その日から生活の中で度々吐き気がする機会が増えてきて、『これがつわりなんだ』と妊婦の大変さを改めて実感しました」

まとめ

妊娠5週頃から現れるつわりですが、最初の頃は吐きづわり、食べづわり、においづわりなどが主にみられます。

早くて妊娠4週からつわりを経験する妊婦さんもおり、「朝起きた時の胃もたれがすごかった」「仕事中に耐えられないほどの眠気に襲われた」などその症状はさまざまです。

どのような症状が起こる可能性があるのかを事前に把握しておき、対処法も考えておきましょう。また、つわりだと思ったときは無理せずに体を休めることももちろん重要です。

つわりはホルモンバランスが崩れたことで生じるマタニティブルーの時期とも重なります。初めて妊娠される方はきっと、体調の変化に不安になるでしょう。

またすでに上にお子さんのいる方は、そんな症状と戦いながら育児を行わなくてはいけないことを考えると、本当に大変なことだと思います。

さらに妊娠中はご自身の健康だけでなく、生まれてくる赤ちゃんの健康状態も心配されているのではないでしょうか。

東京の「神宮外苑ミネルバクリニック」では、赤ちゃんに発生する可能性がある染色体異常を高精度で調べることができるNIPTを実施しております。

NIPTは母体採血のみで染色体異常を100%に近い確率で調べられる安全な検査で、ミネルバクリニックでは、知識・経験・実績が全て揃った臨床遺伝専門医が診察やカウンセリングを行っております。

妊娠初期に赤ちゃんの染色体異常を安全に調べたいという方は、この機会に是非「ミネルバクリニック」までご相談ください。

つわり(妊娠悪阻)関連記事

関連記事
ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます