欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊活のタイミングについて|妊娠の確率を上げるコツや回数

仲睦まじくスマートフォンを見ている夫婦 必ず妊娠できる方法というのはこの世に存在はしません。しかしながら、妊娠できる確率を上げる方法ならば存在しています。

今回の記事では、妊活をするにあたって妊娠しやすいなる方法を紹介しています。子どもがほしいカップルは必見となりますので最後までご覧いただき、妊活の役に立てていただけると幸いです。

妊活を始める前に知って欲しいこと

妊活をする前に身体のことで知っておいてほしいことがたくさんあります。本来であれば小学校や中学校で教えておいてほしいことですが、日本の性教育は「男女の体の違い」や「妊娠後の体の変化」程度しか教えていません。

そのため成人の男女でも妊娠に関する知識が全くないケースもあるので、基礎的な部分から紹介します。これも「妊活」の一つですので面倒くさいと思わずにご覧ください。

妊娠する仕組み

妊娠は、男女が避妊をせずにセックスをしたからといってするわけではありません。卵子精子が出合って受精卵となり、子宮内に着床して成立をします。排卵は月に一度卵巣から1つ排卵されますが、そのタイミングで精子と卵子が出会わなければ妊娠へのスタートが切れないのです。

精子の寿命は女性の体内で72時間ですが、卵子の寿命は24時間ととても短く、排卵した卵子は排卵後10数時間しか受精できないとも言われています。そのタイミングで出会えないと性行為をしても妊娠できないのです。

妊娠する確率は意外と低い

卵子の質が落ちる35歳以上になると妊娠しにくくなるというのは耳にしたことがあると思います。では、年齢が若いと妊娠しやすいのかと言われると思ったよりは高くありません。

妊娠しやすいと言われているのが、排卵日の6日前から排卵日の1日後です。その間にセックスをすれば妊娠しやすいといえます。しかしその確率は29歳以下の女性で約30~50%です。しかも26歳をピークに少しずつ下降していきます。不妊状態にあるカップルだと1周期あたりで約2%です。どれだけ妊娠する確率が低いのかがわかると思います。

妊娠しやすいタイミングとは

先述したように妊娠しやすいタイミングは、精子と卵子が出会えるのはおよそ1カ月に一度、排卵が起こるときだけです。しかも排卵された卵子の寿命は約6~12時間ほどしかありません。一方、女性の体内での精子の寿命は約72時間です。したがって確率を考えると、排卵後に精子が卵子をめがけて移動するより、排卵されたときすでに精子が卵子の近くで待っているほうが受精しやすくなります。

したがって精子と卵子の寿命を考慮すると排卵日の2日前くらいから排卵日当日が妊娠しやすいタイミングといえます。

妊娠する確率を上げるには

二人で一緒にお布団に入る仲のいい夫婦

受精しやすいタイミングでセックスをすれば妊娠しやすくなりますが、そう簡単にはいきません。他にも妊娠しやすくするための方法がありますのでご紹介します。

今まで言われていたのと違うことが出てくるかもしれませんが、新たに知識を仕入れたと思って覚えていただけると幸いです。

セックスの回数を増やす

避妊具の大手メーカーDurex社の2005年の調査によると、1年間のセックスの回数は、1位がギリシャで138回、フランスが120回です。日本は45回で41カ国中ダントツの最下位になります。確率を上げるためには回数を増やすのが確実です。

基礎体温を測って排卵日を予測して妊娠しやすい時期に毎日セックスをするのをおすすめします。排卵日だけにセックスするよりも妊娠する可能性は高くなります。

男性の禁欲は逆効果

男性が禁欲した方が精子が濃くなって妊娠しやすくなるというのはデマです。むしろ禁欲すると妊娠しにくくなります。以前は、毎日すると精子が薄くなるといわれていましたが、精子は毎日作られるので薄くなることはありません。反対に古い精子をためることによって精子のDNA損傷率が上がってしまい卵子と出会う確率が下がってしまいます

もし妊活中のカップルで男性が禁欲していた方はすぐに止めてください。精子の数が少なくてもフレッシュな精子のほうが動きが活発になるため妊娠には有利といえます。

膣内は洗わないでおくのが基本

セックスをした後、膣内から流れ出てくる精液が気持ち悪くて膣内を洗いたくなると思います。しかし、膣内には善玉菌がいて膣内環境を整えてくれているので、膣内を洗うことはNGです。事後に体外に流れ出てきてしまった精液は、洗い流しても大丈夫です。

因みに避妊具なしでセックスした後に膣内を洗えば妊娠しないというのは俗説です。事の前に洗うのも同じになります。

タイミング法で妊娠する可能性を上げるには?

安心して夫とハグをしている妻

妊活ですっかり定番になっているタイミング法ですが、病院に通わずとも実践できるシンプルな方法です。自然妊娠に最も近いため不妊治療を開始するときもタイミング法から始めるカップルも多くいます。

この章ではタイミング法で妊娠する確率を高くするための方法を紹介しますのでぜひ試してみてください。

基礎体温を測って排卵日を予測

タイミング法で欠かせないのが女性の基礎体温チェックです。女性は、一生に約500回、排卵を繰り返すといわれています。そのリズムを知るために必要なのが体温です。

月経周期は、人によってさまざまですが26~35日くらいになります。正常な人であれば、基礎体温をはかってグラフにすると、低温期と高温期に分かれます。低温期が終わる頃にガクンと体温が下がり、高温期に入ります。排卵が起きるのは、体温が下がった頃から高温期にかけてです。基礎体温を測り続けていれば、排卵のタイミングが予測しやすくなり、排卵時期を見計らってセックスをすれば妊娠する可能性が高くなるのです。だからこそ、妊活において基礎体温を測るのは重要になります。

基礎体温をはかるときは婦人体温計を使い、朝。目が覚めたら、布団から出るまでに測ってください。体温計は舌下に入れて測ります。月経が始まった日を月経周期1日目とします。月経開始日から次の月経が始まる前の日までが1周期です。

排卵した後よりも直前のほうがおすすめ

卵子の寿命は、上述したように排卵日から24時間です。タイミングよく精子が卵管のすぐ近くにあれば受精できますが、そんなに都合よくはいきません。そこで考えてほしいのが精子の寿命です。精子の寿命は72時間です。

この差を利用して卵子が卵管に入った時点で精子が卵子を待っている状態がいいといえます。そのためには、多少タイミングがずれたとしても排卵前にセックスをしたほうが妊娠する確率が高くなるのです。

排卵日予測検査薬を使う

医療機関に通う前、セルフで妊活を試みてみる場合は、基礎体温の記録に加えて、排卵予測検査薬を使ってみるのもひとつの方法です。基礎体温チェックして排卵日を予測しても当たるとは限りません。正確な排卵日を予測するには、医療機関でのホルモン検査や超音波検査が必要になります。

しかし排卵日予測検査薬を使用すると、「これから排卵されるかどうか」、ある程度の予測が可能です。排卵予測検査薬はLHサージという、LH(黄体形成ホルモン)の大量分泌を感知することで排卵日を予測しているからです。検査の方法は1日1~2回、試薬に尿をかけるだけ。次回生理開始予定日の17日前から、毎日ほぼ同じ時間帯に使用することが推奨されています。

検査薬が陽性と出たらその日またはその翌日が排卵日と予測されます。いつ起こるかわからない排卵を事前に予測することで、より正しいタイミングを取ることができます。ドラッグストアでも入手可能なので試してみてください。

プレッシャーをかけずにリラックスして臨む

妊活はカップル二人で行うものです。パートナーの協力が必要不可欠ですが、あまりにもプレッシャーをかけてしまうとその時に限って勃起障害(ED)になる恐れがあります。排卵日のセックスが義務のようになると、男性は精神的に追い込まれてしまうことも珍しくありません。

例えば、産婦人科で「特に排卵当日までの3日間に性交があれば妊娠の可能性が最も高くなります」と言われてプレッシャーになり、パートナーが勃起障害(ED)になったという話もあります。男性への不必要なストレスは妊活にとって逆効果でしかありません。ストレスをためない工夫をするようにしましょう。

まとめ

手をつなぎならキッチンでコーヒーを飲む若い夫婦

避妊具なしでセックスをしても妊娠する確率はそんなに高くはありません。自然に妊娠するためには、いかにタイミングを合わせてセックスをするかが大切です。もし、一回上手くいかなくても慌てないでください。排卵などを過度に気にしてストレスを感じたり、夫婦間で気持ちのすれ違いを起こすよりは、半年妊娠しなくてもおかしくないことを踏まえて妊活をしていきましょう。何より大切なのはお互いの思いやりです。パートナーを大切にして過ごすことを忘れないでください。

関連記事

ミネルバクリニックNIPTトップページ
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移