欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

高齢出産のリスクとは|経産婦と初産婦の違い・過ごし方を紹介

妊婦さん

高齢出産は何歳から

日本産婦人科学会の定義によると、35歳以上で初めて子どもを産む人を「高齢初産婦」と定めています。出産経験のある女性の場合は、40歳以上の妊娠を高齢妊娠としています。

女性の出産年齢が高くなってはいるものの妊娠適齢期や閉経の時期が変わるわけではありません。医学が進歩して高齢出産に対応できるようになったとして高齢出産にはあらゆるリスクがあるのは変わりません。妊娠できる期間も閉経から10年ほど前というのも同じです。

しかも35歳以上になると卵子の質が低下してしまい、赤ちゃんが先天性疾患を抱えて生まれてくる恐れが高くなります。40歳以上になるとさらに可能性が高くなるのでよりリスクが増大するのです。こうした点も踏まえて高齢でも出産をするのかどうか判断をする必要があります。

高齢出産の割合

厚生労働省が発表をした令和2年(2020)の出産数は84万0832人でした。35歳以上39歳未満の母親が出産したのは19万6322人で、40歳以上での出産は4万9575人となります。出産年齢別に見てみると、30~34歳が最も多く全体の約36%です。35歳以上の出産数が24万5897人なので割合は約29%とかなりの割合になっています。

平成12年(2000年)では全体の約12%で、およそ8~10人に1人でしたので増加傾向なのは一目瞭然といえます。

高齢出産のリスク

高齢出産は出産適齢期と言われる20代と比べるとリスクは大きくなります。主なリスクは以下の通りです。

  • 流産のリスク
  • ・難産のリスク
  • ・母体へのダメージ
  • ・先天性疾患のリスク

流産のリスク

厚生労働省が発表したデータによると30~34歳の自然流産率は10%、35~39歳は20.7%、40歳以上は41.3%と年齢が上がるたびに流産する可能性が高くなっています。原因は染色体異常など、胎児側から起こるケースがほとんどです。高齢になると卵子が劣化することで起きてしまいます。もし35歳以上で妊娠できたとしても流産する可能性が高いので注意して過ごすようにしましょう。

難産のリスク

高齢出産二つ目のリスクは難産になりやすい点です。高齢になると赤ちゃんが通ってくる産道や周囲の血管(子宮頸管)固くなり広がりにくくなるからです。しかも初産の場合だと経産婦よりも広がりにくくなります。子宮口は、体質に関わらず母体が高齢になればなるほど硬くなってしまいます。

場合によっては帝王切開手術になる危険性があるので注意が必要です。体力も若い頃よりが落ちているため産後の回復も遅くなる傾向にあります。

母体へのダメージ

妊娠しているしていないに関わらず年を取ると高血圧や糖尿病、心臓病などの生活習慣病の発症率は高くなります。それに加えて妊娠中に高血圧、または高血圧とともにタンパク尿が見られると「妊娠高血圧症候群」(妊娠中毒症)となり、いつも以上に内臓や血圧に大きな負担がかかってしまいます。

また、妊娠をきっかけに糖尿病になってしまう「妊娠糖尿病」も高齢出産の方がかかりやすい病気の一つです。妊娠糖尿病にかかってしまうと羊水過多やさまざまな合併症が起こりやすく、巨大児、低出生体重児など、赤ちゃんにも悪影響を与えてしまいます。そのため早期発見と早期治療が大切です。

先天性疾患のリスク

先述したように35歳以上になると年々老化によって卵子の質が衰えていくため先天性疾患を持つ子どもが生まれてくる可能性が高くなっていきます。先天性疾患の代表的な症状であるダウン症候群21トリソミー)は、20代で約0.1%、30代だと0.3%、40代では1%というように増加していく傾向です。

ダウン症の原因は卵子の分裂異常であることが多く、卵子の分裂異常は年齢を重ねると引き起こしやすくなります。他にも染色体異常が原因によってエドワーズ症候群(18トリソミー)、パトウ症候群13トリソミー)などがあり、これらの病態は高齢になればなるほど発症しやすい傾向にあります。ちなみに染色体異常による先天性疾患を持つ赤ちゃんの症状が完治することはありません。

高齢出産となる女性が気になるダウン症について

先述したように高齢出産になると生まれてくる赤ちゃんがダウン症である確率が高くなるためどうしても気になるでしょう。原因は加齢による卵子の老化です。卵子は女性が生まれたときからすでに持っているものであり、年齢とともに劣化していきます。そのため35歳を過ぎたころから卵子は細胞分裂の異常が起こりやすくなり、結果としてダウン症の発生率が高まるのです。

高齢男性のリスク

男性は高齢になっても生殖機能が衰えにくいため高齢出産のリスクはないと言われていました。しかし、近年では男性も高齢になると妊娠や胎児へリスクを与える確率が高くなっていることがわかっています。

理由は女性と同じように精子が劣化するためです。アメリカの研究チームでは、2007年から2016年にかけて出生した赤ちゃん4,050万件の調査した結果によると、父親が45歳以上の赤ちゃんは、若いお父さんと比べて20g軽い体重で生まれ、2,500g未満になるリスクは14%も高いことがわかりました。他にも他にも55歳以上の父親の赤ちゃんを妊娠している女性は、妊娠糖尿病になるリスクや流産リスクが高くなるという発表もされています。

精子の質が悪くなるということは卵子の劣化と同様妊娠しても流産する可能性が高くなります。また父親の年齢が高いと小児がんや1型糖尿病などのリスクや妊娠率の低下や流産の増加、子どもの病気の増加の可能性があると言われています。

初産婦と経産婦の違い

30代の女性は20代に比べると子宮の出口に当たる組織(膣・子宮頸管・子宮口)が硬くなって開きにくくなるのでは先述した通りです。初産の場合、難産の原因になります。

しかし経産婦だと一度産道が開いたことがあるため骨盤がお産に適した形になっています。これが初産婦と経産婦の大きな違いです。他の面での違いほとんどありません。

高齢妊娠の過ごし方

若い人の妊娠時と同じように無理は厳禁です。仕事量の調整が可能であれば減らしてもらって母体への負担を軽くしましょう。また、規則正しい生活と栄養バランスの取れた食事をして「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」防止に努めてください。

もう一つ意識してほしいのが「頑張りすぎない」ことです。高齢出産になると色々なリスクがあるせいか、どうしても頑張ってしまう傾向にあります。「今日はこれをやろう」「出産の時はこうしよう」と計画を立てても上手くいかないのが妊娠出産です。リスクを下げることは大切かもしれませんが、無理をしては元も子ありません。無理をせずに体調がいいときにウォーキングやストレッチといった運動をして体力維持を心がけるのがいいでしょう。

他にも以下の4つにも注意してください。

  • ・体重が増えすぎないようにする
  • ・ストレスをためず、休息を十分取る
  • ・妊婦健診をきちんと受ける
  • ・無理のない範囲で運動をして体力をつける

高齢出産をして後悔したこと

高齢出産は若い頃と違って後悔するケースも少なくありません。実際にご自身で体験をしてみて「高齢出産しなければよかった」と思う出来事があります。先に高齢出産をしたママに聞いて見ると、下記の二つが声として上がってきます。

  • ・産後からの回復に時間がかかる
  • ・自分の親を頼れない

他にもいくつか出ていますけど下記の記事で紹介していますのでご覧ください。

産後の回復が遅い

女性は妊娠をすると体質が変わります。出産すると元に戻っていきますが、年齢を重ねると時間がかかってしまうせいで普段の生活に支障が出てしまいます。しかも子育ても同時にしないといけない状況ですので二重に負担がかかっているのです。

40歳を超えると免疫力も低下してくるせいで傷の治りも遅くなります。出産したときに付いた傷も若い人より遅くなっているのでその分が負担となってきます。さらに育児で身体の負担をかけて過ごす現実に後悔をしている先輩ママがいるのです。

自分の親の高齢化

40歳近くになると親も高齢なので子どもの面倒を見るのも大変になっていきます。子どもが成長すれば育児にもより体力が必要となります。しかし、ご自分はもちろんご両親は体力が落ちていくので赤ちゃんのときよりも大変になってしまいます。ご自分が若ければご両親も含めて体力的に大丈夫だとしても高齢出産になるとこうした問題が出てきます。

しかもご両親が他界されている可能性もあるので、育児に関して頼れる家族がおらず若い人よりも負担となってしまい後悔してしまうケースがあります。

高齢出産のメリット

ここまで高齢出産のデメリットを解説していきました。しかし、高齢出産のメリットももちろんありますのでご紹介します。

特に大きいのは精神面です。若い頃よりも多くの経験をしているため精神的なゆとりを持って子育てができるのは大きなメリットといえます。また、友人などすでに出産経験を持っている人が多く、事前に話を聞きながら臨めるのは大きいでしょう。

もう一つは経済的な余裕があることです。特に共働きであれば余計に経済的な余裕があるので出産や育児にお金がかけられます。産後の回復に時間がかかったら無理をせずにベビーシッターさんや託児施設を利用して身体を休めることも可能です。

まとめ

ここまで高齢出産のリスクについて解説をしました。高齢出産・高齢妊娠は、流産やダウン症などのリスクがありますが、一方で高齢出産や高齢妊娠が長生きにつながるという研究結果も発表されています。胎児の先天異常や出産時にリスクなど悩みは尽きません。しかしながら、分娩が終わって無事に出産できたときの喜びは誰にも味わうことができないでしょう。母子ともに健やかに過ごせるようお祈り申し上げます。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

高齢妊娠・出産のリスクなどに関連したコラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移