新型出生前診断(NIPT)を受けた後悔・受けなかった後悔

NIPT新型出生前診断)を含む出生前診断を受けた妊婦さんには色々な思いがあって検査を受けています。「受けて良かった」という声が一番ですけど、後悔をした方も数多くいるのが現実です。

今回はミネルバクリニックで検査を受けた患者さんお声をいくつか紹介したいと思います。NIPT(新型出生前診断)を受けるからには『ちゃんと理解して陽性の場合には厳しい選択を迫られる』というのを知った上で受けるのか受けないのかを判断してほしいからです。では、最後までご覧ください。

Aさん(東京都港区在住・42歳)の場合

医院の若い女性
とにかく安心したかっただけなんです。

仕事が忙しくて婚期を逃した私が結婚できるとは思っていませんでした。元々、ものすごく気が強いと言われていたせいで男性受けも良くなかったから40歳で結婚できたときは嬉しいの一言でした。

旦那は赤ちゃんを望んではいなかったけど、私はやはり子どもが欲しいと思っていたからすぐに妊活をスタートさせました。高齢だったので中々大変でしたけど、1年くらいで着床して無事に妊娠できたときは涙が止まりませんでした。「これでママになれる」そう思って大切な時期を大事に過ごしていたのです。

仕事はこなしていましたけど、妊活を始めてからは無理をせず、部下に割り振れる仕事は割り振って任せていました。そうしたらお医者さんから出生前診断のことを聞いたのです。高齢出産だと赤ちゃんがダウン症になる確率が高くなるからと言われて少し不安になった私は、ネットですぐにクリニックや検査について調べました。そうしたらNIPT(新型出生前診断)なら早く調べてもらえるし、採血だけと知ってミネルバクリニックへ予約を取りました。

検査の前に仲田先生が色々と話していたけど、実はよく覚えていなかったのです。当時の私は「赤ちゃんがダウン症になっていないか確認したい」その一心でした。だから早く検査を受けて安心したかったのです。

でも、結果は陽性でした。

まず結果が信じられなかった。「どうして私が?」という思いでいっぱいになって何も考えられない状態です。旦那が慰めてくれてもやけに他人事のように聞こえて当たってしまったこともあります。

どうしたらいいのかわからないままミネルバクリニックで相談に行ったら仲田先生から「NIPTは非確定検査だから羊水検査を受けてみては?」と勧められました。

その言葉を聞いてホッとしたけど羊水検査は15~18週の間でないと受けられないのと結果が出るまで2~3週間かかると聞いて悩みました。もし、陽性だったら?その言葉が頭の中を巡ってしまい決断できずにいたのです。

旦那が調べてくれていたのですが、ダウン症の子どもが育てられる環境は整いつつあるのがわかりました。でも、私にはダウン症の子どもを育てるだけの覚悟がなかったのです。

結局、羊水検査を受けずに中絶を選びました。NIPT(新型出生前診断)を受けてすごく後悔をしています。

だって、結果によっては子どもを諦めないといけないのですから。どんな子どもでも私の子なんだからという覚悟がないと受けてはいけないと実感しました。

そしてちゃんと事前にカウンセリングをしてくれるところで受けないと後悔するのもわかりました。ミネルバクリニックで検査を受けた後も仲田先生には相談に乗ってもらって気持ちが和らいだからです。次に妊娠できたらNIPT(新型出生前診断)は受けずに出産するつもりです。だって、どんな子でも私の子どもなんですから。

Bさん(横浜市在住・39歳)の場合

医者と患者がテーブルに座りながら何かを話し合う
私は、NIPT(新型出生前診断)を受けなかったおかげで妊娠中はずっと不安で押しつぶされそうでした。

39歳で双子の子どもを授かったのですが、ここに来るまでものすごく大変だったのです。

結婚したのは32歳のとき。早く子どもが欲しいねと夫と話していたけど中々授からなくて35歳のときに妊活を始めました。そうしたら夫が乏精子症だったのがわかりました。そうなるとタイミング法で授かる確率はかなり低いから体外受精に切り替えたけど私の年齢も35歳を超えていたせいもあった中々着床までたどり着きませんでした。ようやく無事に着床できて妊娠が確定したときは夫婦二人で涙を流して喜びました。双子だとわかっても特に気にせずに二人で頑張って育てようと思っていました。

すると病院の先生からNIPT(新型出生前診断)のことを聞きました。年齢の高い女性が妊娠すると染色体先天性疾患になる確率が上がるのでということで勧めてきたのです。

先生の勧めで大学病院の婦人科でNIPT(新型出生前診断)の事前カウンセリングを受けようと思ったのですが、夫婦二人で参加が必須で、しかも平日の昼間しか受け付けできないと聞いて諦めるしかありませんでした。でも、話を聞いた見たいから土日も対応してくれる医院を探していたらヒロクリニックとミネルバクリニックが見つかったので比べてみたら費用はヒロクリニックだと5万円だったけど、相談に乗ってくれないみたいだったのでミネルバクリニックに連絡をして予約を取りました。

カウンセリングでは「ちゃんと理解して陽性の場合には厳しい選択を迫られる」というのを言われて、かなり迷いました。もし検査を受けて陽性だったらどうしよう?私の場合は双子だから「二人ともダウン症候群かもしれない」なんて考えてしまったのです。でも、一方で「せっかく授かったのに中絶したくない」というのも頭をよぎったのです。

結局、NIPT(新型出生前診断)を受けない決断をしたのですが、出産するまでずっと不安でした。

「赤ちゃんに異常が見つかったらどうしよう?」という不安な気持ちが消えません。そんな時はネットで調べた「出生前診断ですべての疾患はわからない。受けるのも受けないのも二人の意思」という言葉にすがって過ごしていました。実際にダウン症の子どもを育てている先輩ママさんのブログなんかも読んで、万が一のために準備だけはしておこうとはしていたのですが、どこかで「無事に生まれてくるから」という思いを抱いて何もできませんでした。

そして臨月になって出産をしたのですが、二人とも先天性疾患もなく生まれてきてくれました。ものすごく安心したのを覚えています。

今回はたまたま二人とも先天性疾患がなかったから良かったけど、もしかしたらと思うと受けておいたほうが良かったと思います。やっぱり事前に知っておけば夫婦二人で相談した上で決断ができますし、生む決意をすればそれだけ早く子どもへのサポートの準備もできます。

私は双子だったから次の子はもういいかなと思っていますけど、これから妊娠出産する女性が読んでいるのなら受けてみてほしいと思います。

Cさん(東京都世田谷区在住・34歳)の場合

女性の患者の手を持つ、励ましと共感のために親切な女性の医師
実は妊娠できたときから「染色体の先天性疾患があったら中絶しよう」と夫と話して決めていました。

「子どもがほしいね」という話になったときに、色々と調べてみたんです。お互いに高齢だし、もし子どもが障害を持って生まれてきたらきちんと育てられるのか?というところも含めって調べました。その時にNIPT(新型出生前診断)やクアトロテスト(母体血清マーカー検査)といった出生前診断でお腹の赤ちゃんがどんな状態なのかを検査できるのも知りました。

だから妊娠がわかったときに先生に「出生前診断を受けるのでよろしく」とは伝えていましたし、わからない部分は質問したんです。

そうなると気になる点が出てきました。まずは費用面です。NIPT(出生前診断)だと大体17万円から25万円くらいかかること、クアトロテスト(母体血清マーカー検査)でも4~5万円くらいかかると聞いてクアトロテスト(母体血清マーカー検査)にしようかな?と思ったのですが、NIPT(新型出生前診断)も安いところはあると知り、そこにしようかな?と思ったのです。

でも、採血して終わりだとわかって行くのを止めました。

結果だけしかわからないなんてやっぱり不安ですもん。そこで家から少し遠いけど外苑前にあるミネルバクリニックに問い合わせをしてカウンセリング予約を入れました。

そこで「50人に一人は陽性です」「検査をしても確定ではありません」と言われたときにモヤモヤとして気持ちが生まれました

もし陽性だとしても偽陽性といって実は陰性の可能性もあるからNIPT(新型出生前診断)だけで確定はできないそうです。それを聞いてしまい同意書にサインをせず「少し考えさせて欲しい」答えて家へと帰りました。

そこからもう一度、ダウン症候群の子どもを育てているママさんの生活について調べてみました。体験談のブログや実体験の漫画、TVで特集されている障害児の話。大変そうだなと思ったけど、印象深かったのが、障害を前向きに捉えて頑張っている家族の姿でした。

特に心に残ったのが、『障害を持って一番困ったことは?』という質問に『こういう質問をされた時になんて答えたらいいのか分からないのが一番困る、生まれた時から障害があってこれが普通だから』という答えです。

それを聞いて、「障害を持つ人をかわいそう、大変そう」と思ってしまうのは健常者のエゴなんだなあと気づきました。その後、ミネルバクリニックへ行って「検査は受けない。どんな子どもでも大切な家族だから一生懸命育てます」と答えたら仲田先生は笑顔で応援してくれました。

NIPT(新型出生前診断)を受けて陽性だった人の9割は中絶を選ぶとネットで見ましたけど、その選択を責めるつもりはありません。ものすごく悩んで決断したのだから他人が安易に「命選択」と言うべきではないと思います。夫婦の決断をサポートできるだけの環境があまりにも少ないことが問題だと思います。

まとめ

ここまで患者さんがNIPT(新型出生前診断)を受けるかどうか決断するまでの体験談を紹介してきました。今でもたくさんの妊婦さんが不安な気持ちを抱えてミネルバクリニックへとやってきます。その時に患者さんの気持ちに寄り添うことはもちろん、「言うべきことははっきりと言う」ことを心がけています。

だって、陽性の場合に厳しい選択を迫られるのはご夫婦です。私たち医師は隣でサポートすることしかできません。その決断が間違えではなかったと思っていただくためにも事前に遺伝カウンセリングを実施しない医院や、遺伝カウンセラーに丸投げするような病院、年齢などさまざまな制限をかけてしまうのはどうかと感じています。それでは患者さんのお気持ちに寄り添う体制はできないと思います。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

関連記事:NIPT関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます