欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊娠しやすいのは生理前?生理後?|生理と排卵の関係を知ろう

月経カレンダーを計画する女性は、月経日と排卵日を示す。 彼女は家の着物を着てベッドに座っていた 妊娠したい女性にとって重要な指標となるのが「生理」です。生理は女性の体が妊娠するのに適した環境になっていく大切な周期です。そのため生理の仕組みを知っておくことは妊活をする上で欠かせない知識です。 今回の記事では生理のメカニズム、妊娠との関係性について詳しくご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

「生理前は安全日」は間違い

「妊娠したくない」と考えていた頃は「生理の前は安全日」という話を耳にしたことがあるかもしれません。しかしながら、不妊症でない限り、避妊具なしでセックスしていればいつかは妊娠します。そもそも女性の体は「この日は安全」「この日は危険」ときっちり分かれているわけではありません。いつ排卵しているのかわからないため完全な安全日というのはわかりません。 基礎体温を調べていれば、過去にいつ排卵したのかはわかるので予測はできます。しかしながら、女性の体はデリケートなので排卵日がずれる場合もあるのです。したがって「生理前は安全日」というウワサは成り立たないのです。

「安全日」とは

そもそも安全日とは避妊具なしで性行為をしても妊娠しにくい日を指すようですが、先述したようにそんな日はありません。排卵日以外でも妊娠したケースはあります。だからこそ妊活中のご夫婦は希望を持って取り組んでほしいと思います。

「危険日」とは

「安全日」の反対で「避妊具なしでセックスすると妊娠しやすい日」というのが危険日です。妊娠は精子卵子が出会って受精をし、着床したことで成立をします。つまり卵子が排出をされる前後が妊娠しやすいため排卵日の約1~3日前と排卵日、そして排卵が終わった後の1日を含む数日間(一週間前後)になるといえます。

どうして生理が起きるのか?

巻き毛と灰色のパジャマを持つブルネットの女性女性は、ベッドに腰を下ろし、腹痛で寝ている。医療、眠れない月経のコンセプト 妊娠と深い関係にある生理はどういった現象なのか?を詳しく説明します。改めて知っておくことで妊活の手助けになると思いますのでご覧ください。

生理不順の放置は厳禁! 妊娠と生理周期の深い関係

「生理」とは、定期的にやってくる経血の排出現象です。女性によって時期はまちまちですが、おおよそ28日から35日の間に起きています。そのサイクルの中で「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」という4つの期間があり、すべての期間を終えるのが一般的です。 なぜなら4つの期間をきちんと成立していることが妊娠するのに不可欠だからです。 もし生理不順であるならば排卵期の見極めが非常に難しくなるため、妊娠の可能性が低くなってしまいます。また、ホルモンバランスの乱れが正常に排卵が起こらないケースもあるので原因を見極める必要があります。

生理と排卵日の関係

まず、女性の下腹部には左右に卵巣があり、そこから約1カ月に1個だけ成長した卵子が飛び出してきます。これが排卵日です。 このころ、子宮では子宮内膜という赤ちゃんのベッドのような組織が作られています。卵巣から飛び出した卵子は、卵巣と子宮をつなぐ卵管という組織の中で精子を待ちます。侵入してきた精子が卵子と出合い、無事に受精すれば赤ちゃんのもととなる受精卵の誕生です。 しかし、卵子と精子が出合わなかったり、受精しても残念ながら着床に失敗してしまったりするケースもあります。その場合、、赤ちゃんのために厚く成長した子宮内膜は必要なくなります。卵子を排出するときに新しい子宮内膜を作るからです。このときに排出される子宮内膜こそが、生理の経血の主な成分です。

排卵から妊娠に至るまで

妊娠は受精ができて終わりではありません。その後、受精卵(胚)は、卵管内で細胞分裂を繰り返しながら4日から6日かけて卵管から子宮に向かって移動します。子宮内に到着すると受精卵は7日目くらいに子宮内膜に潜り込みます。これが着床です。 このとき子宮内膜はベッドのようにふわふわで厚くなっています。受精卵ができておおよそ12日後に着床が完了すれば妊娠が成立です。

排卵の仕組み

月に一度卵子を排出す現象です。女性の体は生理のときに「成熟卵胞を作りましょう」と脳から命令を下します。すると卵胞刺激ホルモン(FSH)を分泌し、卵巣の中にある卵子のもとである「原始卵胞」を発育させます。やがて「発育卵胞」となり、卵胞ホルモンであるエストロゲンを分泌します。このホルモンによって子宮内膜がふわふわで厚くなるのです。 卵胞が発育して「成熟卵胞」となり、エストロゲンの分泌が十分になると、黄体化ホルモンがでて「排卵しなさい」と命令をします。これが排卵です。 体内で起きる一連の現象によって抑うつ気分、怒りの爆発、イライラ、不安感、混乱した気分になったり、乳房の痛みや張り、おなかの張り、関節痛や筋肉痛、頭痛、体重増加、手足のむくみなどが起きたりするのです。

妊娠しやすい時期はいつ? 生理前? それとも生理後?

白い背景に著しい月経日を持つカレンダーを持つアフリカ系アメリカ人の女性 ここまで生理のメカニズムを知ってくると生理前のほうが妊娠しにくいというのがおわかりいただけるかと思います。なぜなら排卵から14日ほどで次の生理が起きることを考えると、生理前に性行為をしてもすでに卵子の寿命が尽きている可能性が高いからです。 生理後の場合、精子の寿命は72時間ほどあるため、体内である程度排卵を待つこと可能ですので、排卵期の予測がつけば、その付近を狙って精子を待たせておくことができるため妊娠しやすいといえます。基礎体温を測っているご夫婦ならば、基礎体温表から排卵日の予測が可能です。排卵は、基礎体温が低温期から高温期へ移行する2~3日の間に起こるといわれています。卵子と精子の寿命から考えると高温期に入って4日ほど経つと卵子に受精する力がなくなっていると考えられます。生理が順調に来ているならば過去の基礎体温表から低温期から高温期に移るタイミングが予想できるため妊活には基礎体温表が欠かせないのです。 ただし、排卵日だけを狙って性行為をしても妊娠できるとは限りません。排卵日前後は子宮内膜が異物を排除する仕組みを持っているためセックスレスだと精子を異物として認識する恐れがあるからです。 その他、妊娠しやすさと生理との関係については下記の記事にも詳しく説明していますのでご参照ください。

妊娠初期と生理前症状の違い

生理と妊娠との関係でよくあるのが妊娠初期と生理前症状の違いがわからない」ことです。デリケートな話題だけに中々人にも相談しづらい内容だと思います。また、生理前のような症状が続いているのに、生理がこない……といったケースもあります。 そういたお悩みの原因は妊娠初期の諸症状と生理前の状態が似ているからです。それぞれの類似点や違いをご紹介します。

妊娠初期と生理前症状の類似点

出血したり、生理前に起こる症状が似ていたりするのが挙げられます。他にも以下のことが共通点です。

  1. ・胸の張り
  2. ・眠気・倦怠感
  3. ・腹痛や腹部の違和感
  4. ・イライラ感、不安感
  5. ・食欲の変化

これだけ似ているところがあると素人では判断は難しいかもしれません。しかし、見分ける方法はあります。

妊娠初期と生理前症状の違う点

妊娠初期に起こる出血に着床出血というものがあります。着床出血は病的なものでなく、受精卵が子宮内膜に着床するときに起こります。この出血は妊娠4週目に起こります。4週目といえば生理がくる時期と重なるため区別がつきにくいというのが特徴です。 そこで違いを見分ける方法として出血した血液の色があります。妊娠初期の着床出血で出る血液の色は、人によってさまざまで、個人差が大きいです。帯下(おりもの)に血が混ざったようなピンク色と表現する方もいらっしゃれば、妊娠初期の出血が鮮血だったという方もいます。他にも茶色の出血があったという方もいるほど大きな差です。一方、生理で出る経血は、赤から暗赤色がほとんどです。生理では血の塊が出ることがあるのに対し、着床出血で血の塊が出ることはありません。 他にも着床出血と妊娠初期の諸症状との違いについて下記の記事に詳しく説明していますのでご覧ください。

まとめ

ここまで妊生理前と生理後のどちらが妊娠しやすいのかを生理のメカニズムも含めて紹介してきました。早く妊娠をしたいのなら生理や生理周期の仕組みを知り、排卵のタイミングを掴むことが大切です。基礎体温表を使った排卵期の予測も安定した生理周期が欠かせないため、生理不順が続く場合は早めに婦人科を受診してください。 また、排卵日だけに囚われず性行為の回数を増やすことで子どもが授かりやすい体になります。もし妊活で疲れてしまったら一旦休んでストレスを解消してから始めてみるのも一つの方法です。ストレスは妊活にとって大敵です。ため込まないように気をつけてください。

関連記事

ミネルバクリニックNIPTトップページ
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移