欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません

妊娠初期の「お腹の張り」症状と対処法|腰痛についても紹介

エコー写真の説明を受けるカップル

妊娠初期の女性は体に色々な変化が起きます。その一つが「お腹の張り」です。「張り」と言ってもひとくちでは言い表せないもので人によって症状もさまざまです。中には痛みを伴う妊婦さんもいます。

そこで、今回は妊娠した女性に起きる「お腹の張り」の症状や対処法について詳しく紹介をします。どういった症状なのかを知っておくと気分が和らぐかもしれませんのでご覧ください。

妊娠初期の主な特徴

妊娠した女性は、ホルモンバランスが崩れて体に変化が起こるのはご承知の通りです。特に妊娠初期は、生理前の症状と似ている点があるので見極めをする必要があります。そこで、チェックリストがあるので当てはまるかどうか調べてみてください。

  • おりものの色が変わる・量が増える
  • 少量の出血があった
  • 微熱が続いて、熱っぽく感じる
  • 強い眠気が続いている
  • 腹痛や下腹部痛、違和感がある
  • 胸の張りを感じて、痛い
  • 胃のむかつきや吐き気がある・げっぷが増える
  • むくみが気になる
  • すぐにイライラする・不安感が強い
  • 身体がだるい・気力がない
  • 食欲が旺盛になる または 食欲がない
  • トイレの回数が増える
  • めまいや立ちくらみが増える
  • 予定日を1週間過ぎても生理が来ない

ご覧のように妊娠初期症状と生理前の症状はとてもよく似ています。生理前症状の代表格でもある腹痛・下腹部痛などは、妊娠初期症状でも当てはまりますし、胸の張りや眠気、イライラも同じです。明確な違いは体温です。生理が来る前の体温は高温を保っていますが、生理予定日が訪れると、低温期に突入します。妊娠初期の場合は高温期のままです。基礎体温をチェックしているなら判別する一つの材料になります。ただし、体温だけで決めつけないで医師の診断を受けるようにしてください。

また、妊娠初期症状は個人差があります。ほとんど症状が出ない人もいますし、反対に強い症状が出ている方とそれぞれです。例えば、もともと生理不順だった女性の場合、妊娠に気付くのが遅くなってしまう可能性があります。正常な妊娠ならばいいのですが、子宮外妊娠や胞状奇胎(ほうじょうきたい)など異常妊娠は早めに処置が必要ですので少しでも気になるならば産婦人科医の診察を受けるようにしましょう。

もし妊娠だとわかった方は、下の記事に注意点をまとめていますのでご覧ください。

妊娠初期の「お腹が張る」とはどういう感じ?

妊婦さんに「お腹の張りってどんな感じ?」と聞くとさまざまな答えが返ってきます。「おなかがパンパン」「中で炭酸がふくらんでいるよう」「下腹部が重い」「便秘が1週間続いたようにかたい」などです。

お腹の張りは「生理的なもの」と「病的なもの」があり、妊娠初期の場合は生理的なものがほとんどです。妊娠4週から5週ぐらいのママの体は見た目が変化していなくても子宮では胎盤が作られ、赤ちゃんを育てる環境が整い始める時期です。赤ちゃんや胎盤に栄養を届ける子宮の周りの血管は血流が増えていきます。また、妊娠していない時は鶏卵ぐらいの大きさだった子宮も大人の握りこぶしよりも少し大きくなり、それつれて子宮を吊っている靭帯(じんたい)は引っ張られて太くなり、腹筋も子宮に押されてお腹が張ってくるのです。

脚の付け根が引っ張られる

妊娠初期に起きる「お腹の張り」には、脚の付け根から引っ張られるような痛みを感じる人もいます。これは、円靭帯(骨盤内にある子宮を支えるための靭帯の一つ)と呼ばれる子宮を支える靭帯が引き伸ばされることによるものです。円靱帯の場所が足の付け根近くにあるため痛みが「お腹が張る」と感じるかもしれません。また、お尻の奥や恥骨あたりに痛みを感じることもあります。

下腹部がチクチクと痛い

この痛みも先述した「生理的なもの」が原因です。妊娠で子宮が大きくなり子宮の周りにある円靱帯が伸ばされることもよって起きます。他の原因として挙げられるのがホルモンの影響です。妊娠するとホルモンの分泌により腸の動きがゆっくりになるため膨満感を感じるからです。

お腹全体に張りを感じる

妊婦さんによってはお腹全体に張りを感じるケースもあります。こちらも子宮の周りにある円靱帯伸ばされることもよって生じる生理的な症状になります。また、幼児体型のようにお腹がポーンと出っ張ってくる場合は、妊娠によるホルモンバランスの変化で起きる症状です。

対処法としては楽な服装や姿勢で安静にしてみて、痛みが弱くなったり、収まったりすれば問題ありません。体の冷えが原因の可能性もあります。生姜など温まる食材を摂取したり、ブランケットや湯タンポなど、冷え対策のアイテムを使ったりしてみましょう。

便秘やガスが原因でお腹が張る場合も

ベッドに腰を下ろした若い女性

妊娠初期症状の一つに便秘があります。妊娠中に分泌される「黄体ホルモンプロゲステロン)」の働きが原因のひとつです。「黄体ホルモン(プロゲステロン)」は、子宮内膜を厚くして受精しやすい状態を作り、妊娠の継続のサポートをします。子宮の筋肉の収縮を抑え、胎児が育ちやすいように子宮を緩ませて守ってくれるのです。

しかしながら、腸の筋肉の動きも抑制してしまうため便秘が起こりやすくなります。それに伴ってガスがたまってしまい「お腹の張り」が起きてしまうのです。

対策としては、やはりお手洗いに行くタイミングを逃さないことです。できれば、毎朝トイレに行く習慣を付けるようにしましょう。妊娠初期はつわりもあって食事が偏りがちですが、食物繊維が豊富なりんごやドライプルーンなどのフルーツ類や、酢昆布、寒天などを食べてみてください。後、水分補給は忘れずに。

妊娠初期の気を付けたいお腹の張り

お腹の張りは「生理的なもの」と説明してきましたが、注意しなければいけない点もあります。下記の三つの症状が出たときは切迫流早産につながる可能性があるので産婦人科医の診察を受けてください。

  • お腹の張りに気づき、横になるなどしばらく安静にしても治まらない
  • お腹の張りが規則的にある、または持続して張っている
  • お腹の張りとともに、痛みや出血がある

上記のような場合は、切迫流産・早産か子宮外妊娠の可能性があるかもしれません。どの症状も医師の診断と治療が必要になるので我慢せずにすぐに病院へ相談しましょう。

出血を伴う場合はすぐに受診を

妊婦さんの4~5人に1人は出血を経験すると言われています。赤ちゃんがきちんと育っていく場合でも出血することはよくあることです。

しかし、出血の量が多かったり、回数が多かったり、長く続いたりする場合は産婦人科医に相談をしてください。

出血の状態は茶色いおりもの・薄いピンク色・赤い生理様出血と様々です。いずれの場合も安静にしておくことが重要となります。もし茶色い場合は安静にして様子を見てみましょう。

妊娠初期の腰痛について

会社で腰痛に悩む美しい若い女性

妊娠初期症状の一つに腰痛があります。妊娠すると“リラキシン”というホルモンが分泌されるのですが、リラキシンは、骨盤の関節を作っている結合組織やじん帯を緩める働きがあります。これは、赤ちゃんが骨盤の中を通りやすくなるようにする働きです。

ごく初期からこの働きが始まりますが、骨盤が緩んだことで、関節を支えようと腰の筋肉の緊張が強くなるのです。この緊張が腰痛の原因となります。痛みが始まる時期は人それぞれですが、早い人は妊娠3週目から感じる場合があります。腰が重いようなだるい痛みを感じることが多いです。

痛みを抑える方法としては血行をよくする軽いストレッチとヨガがおすすめです。妊婦さんでも取り入れやすいものがあるのでクリニックや自治体で開催している教室に参加してみるのも一つの方法になります。他にはお腹が大きい妊婦さんが着けることが多い骨盤ベルトを着けてみたり、お風呂は湯船につかってみたりといった方法で痛みを緩和させられます。

どうしても我慢できないときは無理をせずに産婦人科医に相談をしてください。

まとめ

ここまで妊娠初期症状の一つである「お腹の張り」について痛みや対処法、原因について紹介をしました。お腹の張りは妊娠中期・後期でも起きる症状です。初期の症状の一つであっても長く続くようであれば処置が必要となってくるので注意する必要があります。妊娠したときの基本である「無理しないで過ごす」ことを忘れずに日々の生活を送ってください。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

妊娠初期関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPT100(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移