欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

妊娠初期にお腹が痛い理由|痛みの種類で対策が変わる

妊娠初期には身体の変化が起きるため妊婦さんにいくつもの自覚症状が起きます。お腹が痛くなるのも一つです。しかし、単純に「お腹が痛い」だけでは痛みの種類もさまざまで、対処方法も違ってきます。

今回の記事では、妊娠初期に起きる「お腹が痛い」原因と対処法、痛みの種類について詳しく紹介しています。生理痛との違いについても解説しますのでご覧ください。

居間で具合の悪そうな顔をしたソファに横たわる女性

妊娠初期にお腹が痛いのは

妊娠をすると身体が出産の準備をするために変化をしていきます。変わっていくなかで、身体の痛みなどの病態を感じてくるのが妊娠初期症状です。腹痛もその一つで生理的な症状とされており、多くの妊婦さんが経験をしています

腹痛が起きるのは、早い人だと着床を終えた妊娠3週目から始まります。個人差があるため経験せずに出産する人もいます。痛みについてもバラバラであまり感じない人もいれば、我慢できないくらいの痛みを感じる人もいるのでピークの時期が断定できません。

ホルモンバランスの変化

お腹が痛くなる理由の一つがホルモンバランスの変化によるものです。妊娠すると出産に備えるために体内に大量のホルモンが分泌されます。その中の一つであるプロゲステロン黄体ホルモン)は、腸のぜんどう運動を弱める作用があるので便秘になりやすくなるのです。つまり、ホルモンの分泌によって便秘になってしまいお腹が痛くなるのです。

また妊娠初期は、つわりで食事が思うようにとれない妊婦さんも多いため脱水気味となり便秘になる場合もあります。妊娠するまでお通じが良かった人が、便秘になることもあるためお腹の痛みを感じてしまうケースもあるようです。

子宮の膨らみ

妊娠初期は子宮にいる赤ちゃんはどんどんと成長していき、大きくなれば子宮も同じように膨らみます。子宮が大きく膨らむとき、筋肉が引き伸ばされることによって痛みや違和感が起こる場合があります。それが妊娠初期に現われるお腹の痛みの原因の一つです。

また、子宮の膨らみで周囲の臓器が圧迫されるとお腹が痛くなります。

子宮を支える靱帯が引っ張られる

お腹が痛くなる理由の一つに子宮を支えている靱帯からくるものがあります。お腹の赤ちゃんの成長することで子宮が膨らみ、子宮を支える靱帯が周囲の臓器が圧迫されてお腹が痛くなるのです。

片側だけチクチク痛む、内側から引っ張られるような痛みと訴える妊婦さん多くいらっしゃいます。

お腹が痛いのが続くのはいつまで

アジアの美しい若い女性が、ベッドで寝ながらにこにこ笑い、
一般的には妊娠4ヵ月頃には収まると言われています。ただし、個人差があるため注意が必要です。妊娠5週目に痛みがあって、6週でおさまって、8〜9週にまた痛みが復活する妊婦さんもいますし、妊娠1ヶ月くらいで楽になる方もいます。

ただ、妊娠中期(妊娠16週目から27週目)に入ると子宮の位置が安定してくるため痛みを感じることはほとんどなくなります。

お腹が痛いのは流産の可能性も

お腹が痛くなるのは妊娠初期症状の一つです。そんなに気にする必要はありませんが、もしかしたら流産の可能性もあるかもしれません。

もし、お腹が痛くなったときにおへその辺りに強い痛みを感じたり、出血が起きたりしたらしたら流産を知らせるサインです。すぐに産婦人科の医師に連絡をしてください。

また、妊娠6週目以降にお腹が痛くなったときに超音波エコーで赤ちゃんの心音が確認できないと子宮外妊娠の可能性があります。母体にも危険が及ぶ恐れがあるためすぐに処置を受けることになります。

出血が伴うお腹の痛みは切迫流産かもしれません。その場合、妊娠を継続できる可能性もあるので慌てずに医師の話を聞くようにしましょう。

お腹が痛くなったらすぐに自分でできること

お腹が痛くなったら無理をせず、すぐに楽な姿勢を取って休みましょう。職場で起きた場合は上司や周りの人に事情を説明して身体を休めてください。

決して無理をするのは禁物です。普段からおなかに力が入るような動きや姿勢、重いものを持つ、長時間立つなどの行為は控えましょう。仕事などでどうしても動かなくてはいけない場合は作業量を減らしてもらったり、ゆっくりと負担をかけずに進めたりといった工夫をしてください。可能であれば、他の人に作業を交代してもらいましょう。

繰り返しになりますが、決して無理は禁物です。できる範囲で無理なくやることがご自分のできることです。もし我慢できないくらいの痛みならばすぐに産婦人科の病院に連絡をしましょう。妊娠初期は何が起きるかわからないため母子手帳と健康保険証とかかりつけ医の診察券は持ち歩いてください。

他にもある妊娠初期でお腹が痛くなる理由

安心してソファでハグするカップル
妊娠初期に起きる痛みは子宮の膨らみが大きな原因ですが、他のことが理由で痛みが起きる場合もあります。妊娠初期にどういったことでお腹が痛くなるのかご紹介します。

痛みの種類で原因が変わってくるので注意してください。

下腹部がチクチクする痛み

先述したホルモンバランスの変化による痛みの一つです。下腹部がチクチクとした痛みが起きて便秘になってしまいます。もし便秘になってしまったら食物繊維を摂るといった食事での改善が望ましいですが、妊娠初期はつわりが始まったりして食生活が不安定になりがちです。どうしても便秘が解消しない場合は医師に相談をして処方せんをもらってください。自己判断で薬を飲むのは止めましょう。

下腹部からお尻にかけてキリキリする痛み

キリキリする痛みは反対に下痢が原因の可能性が高いでしょう。妊娠初期は先述したようにホルモンバランスの変化よって腸の動きが弱まります。そのため便秘ではなく下痢になってしまう妊婦さんも多くいるのです。特に、つわりで食べられるものに偏りがあるママは、飲み物などの口当たりの良いものを多く摂ってしまいがちです。水分の取りすぎによって下痢になってしまうことも珍しくありません。

吐き気や発熱が伴わない場合は様子を見るようにしましょう。ただし、下痢が長引く場合やつわりがひどくて水分しか摂れないときは医師に相談をしてください。

だんだん痛みが強くなる・痛くて目が覚める・冷や汗をかくくらいの痛み

痛みが強くなったり、目が覚めるくらいの痛みだったり、冷や汗をかくほど痛い場合は危険を知らせるサインです。すぐに病院で診察を受けてください。

流産が始まっている進行流産や、子宮以外の場所に着床してしまう子宮外妊娠(異所性妊娠)、着床の際に血種ができてしまう絨毛膜下血種などの可能性が考えられます。どの症状も医師による処置を受けないと母体に危険が及びます。

手当が遅れたら流産するかもしれませんのでタクシーの利用や家族が運転する車に乗ってすぐに病院へ向かいましょう。

下腹部の痛みで出血がない場合

お腹が痛い原因をここまで説明してきましたが、どれも出血が起きた場合はすぐに病院へ連絡をしてください。痛みと出血が一緒に起きた場合は危険信号を発しているからです。反対に出血がなくて下腹部の痛みが起きている場合はどうすればいいのでしょう。

基本的にはここまでご説明した症状の可能性が高いです。子宮が膨らむことによるものであっても、便秘が原因であっても、下痢だったとしても安静して楽になればそのまま妊娠生活を続けていきましょう。ただし、ご承知の通り妊娠初期に薬を飲むと赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす恐れがあります。自己判断で薬の飲むのだけはやめてください。症状が収まらない場合は医師に相談をしましょう。

特に便秘や下痢は、子宮の膨らみだけではなくつわりといった他の妊娠初期症状が一緒に起きることで、下腹部の痛みが悪化するケースも珍しくありません。

また、下腹部の痛みが起きて出血がなくても危険信号の可能性もあります。「我慢できないような痛みがある」「10分以上経っても痛みが変わらない」「痛みがどんどん強くなっていく」といった場合は切迫流産のかもしれませんのですぐに病院で受診をしてください。

生理痛との違い

妊娠初期にお腹が痛くなる症状は生理痛と似ていると言われています。痛みだけでどちらなのか判断するのは難しいため、他の症状が出ているかどうかも含めて見極めた方がいいでしょう。

例えば、妊娠初期症状の一つに着床出血があります。生理で出る経血は、赤から暗赤色のことが多く、血の塊が出ることがあります。着床出血では血の塊が出ないので判断する基準になるかもしれません。また妊娠をすると、長い高温期に入るため37度くらいの微熱が続くのも妊娠初期症状の一つです。生理が来れば基礎体温は下がるのでご自身で判断できると思います。

まとめ

妊娠初期にお腹が痛くなるのは、いくつも原因があるのがおわかりいただけたかと思います。症状によっては流産の可能性があるので、妊婦さんはどうしても気にしてしまいがちです。少し身体を休めていたら楽になったら様子を見てください。もし、痛みが続くようであれば医師の診察を受けるようにしましょう。妊娠初期は、身体の変化で起きる症状が他にもあるため無理だけは禁物です。出産に備えて早い段階から身体を休めておきましょう。

東京の「ミネルバクリニック」は臨床遺伝専門医が在籍するNIPT実施施設であり、たくさんの妊婦さんの悩みや不安と真摯に向き合い、笑顔になれる出産に導いてきました。ミネルバクリニックでは、妊娠9週から受けられる赤ちゃんの健康診断である「NIPT」を業界最新の技術と業界随一の対象疾患の広さで行っております。遺伝のエキスパートである臨床遺伝専門医が出生前診断を提供しておりますので、是非、お気軽にご相談ください。妊娠初期からの出生前診断を受ける医療機関にお悩みの方は、知識・経験・実績とも「第三者から認証されている」臨床遺伝専門医が診療している「ミネルバクリニック」まで是非、ご相談ください。

妊娠初期関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
ミネルバクリニックNIPTメニュー
スーパーNIPT|スーパーNIPT(13トリソミー・18トリソミー・21トリソミー)・スーパーNIPTプラス(+微小欠失4疾患)・スーパーNIPTgeneプラス(100遺伝子の重篤な遺伝病を検出)
マルチNIPTカリオセブン|全部の染色体を7Mbでスキャン+微小欠失9疾患。胎児のDNA2.5%から可能なので9週から検査できます。
マルチNIPTデノボ|父親の加齢と相関する25遺伝子44疾患
ペアレントコンプリート:通常のNIPT(母親の側に原因がある疾患をチェック)+デノボ(父親側に原因がある疾患をチェック)
コンプリートNIPT:ペアレントコンプリート+カリオセブンの全部が入っています
イルミナVeriseq2(全染色体を7Mbで欠失・重複のスキャンが可能。但し、胎児のDNAが8%ないと正確性を担保できないため、妊娠11週からとなります)
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移