欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

目次

着床出血の体験談|先輩ママの「生理並みに血の量が多い」体験や原因・対処法を解説

着床出血と生理前出血の違い

一番判別しやすいのは出血する期間です。生理前出血は1週間ほど続きますけど、着床前出血は1~2日で収まります。長くてもせいぜい3日です。

また、着床前出血は妊婦さん全員に起きるわけではありません。明確なデータはないものの25%以下といわれており4人に1人よりも低い割合です。その他の大きな違いは性器から出てくる血の色や出血量が違います。どういった違いがあるのか、これから詳しく説明をしていきますので是非ご覧ください。

色の違い

着床出血の場合、帯下(おりもの)に血が混ざった程度でピンク色をしていたり、真っ赤な鮮血だったり個人差があります。一方、生理の出血による血液の色は、赤から暗赤色なのがほとんどです。さらに血液の塊が出てくることもあります。着床出血だと塊が出てくることはありません

つまり血液の色が人それぞれ違っていて、血液の塊は出てこないならば着床出血だと判断できます。

量の違い

出血量は個人差があるものの、着床出血は生理よりも量が少ないのが特徴です。先述したように着床出血は出血する期間も短いためとても少なく感じるかもしれません。しかしながらナプキンを使わないいけないくらい出血する方もいますのでご注意ください。

痛みの違い

着床出血による腹痛は、チクチクとしたお腹の奥が痛むような感じだと答える方がほとんどです。感じ方は人それぞれなので何ともいえませんけど、軽い生理痛と同じような痛みとも言われています。「なんとなくお腹が痛い、生理かも……」と思っていたら、着床出血が起きていたという方が多くいらっしゃいます。生理痛のように激しい痛みが起きることはあまりないようです。

ただし、着床出血が起きる時期は妊娠初期症状が起こる頃と重なっています。腹痛・吐き気・頭痛・イライラ感・眠気・だるさなどが現れてくるので生理痛と勘違いしてしまうことも珍しくありません。妊娠初期症状については下記のページに詳しく解説していますのでご確認ください。

妊婦さんの着床出血体験談

家庭で妊娠中に、話し合いや手を振る動画をオンラインで呼び出し、笑顔を見せるアジアの若い母親

ここでは実際に着床出血を経験した先輩ママにお話を聞いてみました。実際にどういったときや状況で着床出血をしたのか詳しく聞いていますのでご覧ください。

妊婦さんの着床出血体験談1|生理と同じ出血が3日続いた2週過後に大出血

そろそろ妊娠したいな、と思ったいたので妊娠検査薬は常備していました。

不妊治療のクリニックで不妊症の検査だけしたんですが。まだ何もせずって段階でした。

普通の量で普通の濃さの出血が3日間続き、量も普通の生理とまったく同じで、周期も生理とまったく同じという出血があり、その丁度2週間後くらいに突然大量出血がありました。夜用のパンツタイプのナプキンでも間に合わないくらいの出血で、職場で気持ち悪くなり、家に帰って横になったのですが全然気分がよくならず、不妊の検査をした産婦人科に相談の電話をかけました。

そしたらその前の生理にそっくりな出血が着床出血の可能性があるから、妊娠検査薬をすぐ使うように言われて、妊娠検査薬を使ったら陽性だったんです。すごく驚きました。着床出血なのに生理とまったく変わらない濃さで量も多かったからです。ネットで調べたら薄いとか点みたいなちょっとした出血って書いてあるのに、わたしは普通に生理と変わらない濃さと量と日数だったってことですよね。

化学流産の出血はすぐ止まると思うので体を休めるように言われたのですが、それから1日たっても全然止まらず、あたまがくらくらしてきたため、救急で受診できる産婦人科を電話で紹介してもらい、止血剤とか処方されたのですが、結局は2日くらい入院することになりました。

結局胎嚢は確認できなかったので化学流産でそこまでの出血をしたってことなんですよね。化学流産でそこまで大量出血するなんてすごく珍しいって言われました。

妊婦さんの着床出血体験談2|生理がいつもより薄い色だった

なんかおりものにちょっと血が混ざったくらいで薄い色の出血があったんです。どうしたのかな?そういえば排卵のときに薄く出血するってきいたことがあるような気がするし、まあいいかな、って思ってたら妊娠。あれが着床前出血だったとは。本当にその時にはわからないものですね。

妊婦さんの着床出血体験談3|生理がいつもより少なくて長かった

なんかおかしいなって思ったんですけど、生理が普段よりすごく量が少なくて、それでいて期間は普通にというか普段よりも長めだったくらいで、1週間もあったんです。なので着床出血って知ってたので、おかしいことがあったら妊娠検査薬を使おうと思ってて。やってみたら陽性になったので産婦人科に行ったら妊娠してました。

妊婦さんの着床出血体験談4|生理の1週間前に1センチ大の出血があった

生理の1週間まえにぽちっと出血がありました。大きさは1センチ大くらい。全然気にしてなかったんですけど。それからなんか生理来ないなって思ってたんですが。ある日、なんでもない事で夫と言い争いになり泣いてしまって。夫に、「おかしいよ、赤ちゃんいるんじゃない?」と言われて妊娠検査薬を使ってみたら陽性で妊娠発覚。妊娠して情緒不安定だったんですね。本人より先に夫に気付かれてびっくりしました。

妊婦さんの着床出血体験談5|生理がいつもより早めにあった

いつもの予定日より早めに生理がありました。そういえば出血も少なかったような気がします。でも、生理の予定日と近かったしもともと生理不順とまではいかなくてもそんなに28日とかきっちりした周期でもなかったので気にしていませんでした。まさか妊娠なんて。あれが着床出血だったんですね。

妊婦さんの着床出血体験談6|生理が短かかった

「いつも通り生理予定日に出血があってナプキンを着用していたら、たった2日で生理が終わっておかしいな…と思いました。その後、しばらく生理がこなくて不思議に思ったので市販の検査薬を使ったら、なんと、妊娠が判明したんです。着床出血に素人目で気づくのは難しいかもしれません。」

妊婦さんの着床出血体験談7|生理がいつもより遅かった

いつも忙しくてあまり気にしていなかったのですが、そういえば生理がいつもより遅かったんですよね。その上、1日で終わってしまってどうしたのかな?って思ってしまいました。そしたらそれから生理が来なくて。産婦人科に行って妊娠がわかり、赤ちゃんの大きさから週数がわかったら、あれが着床出血だったらしいんですよね。びっくりです。

妊婦さんの着床出血体験談8|生理がいつもよりすくなかった

生理がいつもより少なかったんですけど、どうしたのかな?時々こんなことってあるのかな?とわからないまま過ごしていたら妊娠が発覚。着床出血を後から知って、あの少ない出血の整理が着床出血だったんだな、と後からわかりました。その時着床前出血を疑うなんて本当に難しいですよ。

妊婦さんの着床出血体験談9|生理がいつもより茶色っぽかった

そういえばいつもは鮮血って感じなのに、変な茶色い生理が来たんですよね。そしたらそのあと妊娠がわかって。着床前出血って普段の生理とは違う色なんでしょうか。

妊婦さんの着床出血体験談10|1人目のときはなかったけど2人目は出血があった

1人目を妊娠したときは出血があったのかなかったのか気がつかないぐらい。もしかしたらオリモノに少し赤いものが混じっていたのかも?と感じる程度でしたが。しかし2人目のときは5週目ぐらいに生理が始まったかと思うような出血がありました。
具合の悪さも感じていたので「もしかして」と思い、検査薬を使ってみたところ妊娠判明。同じ体ですが、1人目と2人目では初期症状が異なるのだと感じました。

妊婦さんの着床出血体験談11|着床出血が多かったので生理が来たとがっかりしていた

もともと生理が不順だったAさん。妊活中だったので基礎体温はつけていました。高温相がしばらく続き、もしかして妊娠?!と思ってちょっとうきうきしたところに3日くらい出血がありました。生理が来たと思ってがっかりしていたのですが、それでも高温相が続き、おかしいなと思って半信半疑で妊娠検査薬を使ったところ、陽性でした。Aさんの着床出血は通常の生理よりちょっと少な目くらいで結構出血があったそうです。出血量が多いと着床出血なのか生理なのかが、特に生理不順とかある場合はわからなくなりがちですよね。

もし着床出血をしたらどうすればいいのか

もし着床出血らしき症状が起きたらどうしたらいいのでしょう。

妊娠検査薬を使う

生理予定日から1週間過ぎてから妊娠検査薬を使って判定をしてみてください。早く知りたい場合は、生理予定日以降に早期妊娠検査薬を使用しましょう。

ただし、早期妊娠検査薬はどこでも手に入るわけではありません。事前に近くのドラッグストアや調剤薬局に問い合わせしてから購入しましょう。

産婦人科で受診をする

もし妊娠検査薬で陽性反応が出たら産婦人科で医師の診察を受けましょう。超音波検査などを受けて妊娠が確定すれば、出産へ向けてスタートラインに立ったことになります。

産婦人科へは、生理開始予定日から1週間後半~2週間くらいまでに行くのがおすすめです。

出血量が多い場合はすぐに病院へ

もし妊娠検査薬で陽性反応が出ているのに出血量が多いときはすぐに医師に相談をしてください。もしかしたら異所性妊娠(子宮外妊娠)の可能性があります。

放っておくと不適切な場所で受精卵が成長してしまい卵管破裂などを起こしてしまうかもしれません。出血量が少なくても腹痛があるときはすぐに病院へ行きましょう。

着床出血以外で、妊娠超初期の出血の原因となるのは?

妊娠超初期は着床出血以外でも出血が起きる場合があります。それは以下の6つです。

  • 絨毛膜下血腫
  • 絨毛膜と子宮内膜の間に着床出血がたまり、血の塊ができてしまったものです。少量なら子宮内に吸収されますけど血腫が大きいと絨毛膜と子宮内膜の間から出血をしてしまいます。色は鮮血色や赤褐色です。多くは、妊娠初期の間に出血は止まりますが、中期まで続いたり血腫が大きくなったりする場合は医師に相談をしてください。

  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)
  • 卵管や卵巣、腹膜など子宮ではない場所に受精卵が着床してしまうのが子宮外妊娠です。初期は着床出血と同じぐらいの出血を起こします。色は鮮血色や赤褐色です。診断が遅れると母体が危険な状態になるので早めの発見と処置が必要です。

  • 胞状奇胎
  • 胞状奇胎とは、胎盤を作るための絨毛細胞が異常に増殖してしまうことです。子宮内に入り込んだ絨毛細胞が水の入った粒状になり、ぶどうのように増えていくのが特徴です。出血は少量ですが腹痛やつわりのような症状があるため早めに処置をしてください。

  • 前置胎盤
  • 赤ちゃんが生まれるときの出口・子宮口を胎盤がふさいでしまっているのが前置胎盤です。多くは無症状ですけど、突然出血するケースもあります。少量のものが数回起きたり、いきなり大量に出血したりします。もし前置胎盤だと出産の際は帝王切開になりますが、初期の段階で徐々に改善される場合もあります。

  • 切迫流産
  • まだ流産はしていないものの、流産になりかけている状態のことを切迫流産といいます。出血の量は少量から大量の場合までさまざまで、色は鮮血色や赤褐色です。妊娠は継続しているので医師の指示に従って安静にしてください。

  • 初期流産
  • 妊娠12週目までに起きてしまう流産を初期流産といいます。原因はほとんどが染色体先天性異常によるものです。出血量は少量の人から多量の人までさまざまです。色は鮮血色で腹痛が伴う場合もあります。

妊娠以外で出血が起こる原因は?

妊娠とは関係のない理由でも出血が起こる場合があります。その原因は以下の通りです。

  • 排卵期出血
  • 生理と生理の間に、急激なエストロゲンの分泌量変化により子宮内膜の一部から出血が起こるのが排卵期出血です。排卵の数日前から起こり、高温期に入ると止まります。出血は少量で、色はピンクや茶褐色が多いようです。

  • 子宮頸部びらん
  • 子宮頸部びらんは子宮の入り口付近が赤くただれている状態です。生理現象の一つで女性ホルモンが活発な時期に起きます。この状態のときは性交渉や内診でも出血を起こすことがあり、炎症によって出血が生じます。量は少なく、色はピンクや赤褐色、茶色です。

  • 子宮頸がん
  • 子宮下部の「子宮頚部」にできるがんです。ヒトパピローマウイルスに感染して発症することがほとんどといわれています。出血はごく少量ですが徐々に増えていき、色は鮮血色や赤褐色です。

  • 子宮体がん
  • 子宮上部の「子宮体部」にできるがんです。発生する一因に女性ホルモンのバランスが関係しており、エストロゲンが過剰になることで子宮内膜が増殖して起きると言われています。出血は少量で、褐色のおりものだけの場合もあります。

着床出血についてよくある質問

Q1.着床前出血と生理は自分で区別が付きますか?

A.ここまでご紹介してきたように生理前出血と着床出血は非常によく似ているためご自分だけで判断するのは難しいです。ご自身の判断だけで決めてしまうと取り返しの付かないことがになりかねません。似たような症状があったからといって、ご自分だけで決めつけず産婦人科で診察を受けて生理なのか妊娠なのかを確認するようにしましょう。

Q2.生理予定日を過ぎてから出血がありました。妊娠の可能性はありますか?

A.生理予定日を過ぎても着床出血をするケースがあります。もう少し魔って妊娠検査薬で反応を見るのも方法としてありますけど、もしご心配ならば産婦人科で診察を受けることをおすすめします。

Q3.着床出血が起こった後に妊娠検査薬したら、陽性反応は出ますか?

A.妊娠検査薬の反応が出るのは妊娠4週頃からです。生理予定日から1週間を目安です。着床出血も似たような時期に起きるため使うかどうかの判断が難しいと思います。もし妊娠検査薬を使うならば注意してほしいのが使用時期を間違えないことです。着床出血かもと思ってフライングで調べても反応が出ない可能性があります。

まとめ

グレイの背景に超音波スキャンを見せながら、立ってポーズをとる妊婦の笑顔の女性の画像

妊娠初期症状の1つである着床出血についての解説と妊婦さんの体験談をご紹介しました。

妊娠初期症状は、主にエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン黄体ホルモン)という2つのホルモンバランスの変化に伴って起こるものであり、吐き気や嘔吐といった代表的なつわりの他に、食欲の激しい変化や嗅覚の変化が現れます。

生理と似たような腹痛や腰の痛みも生じるため、妊娠と気づくことが遅れるケースがありますが、基礎体温の変化、おりものの変化、着床出血によって妊娠初期症状と生理を見分けることも可能です。

いつもと違う体の変化が起きた場合は、この記事でご紹介した情報を是非参考にしてみてください。


関連記事:妊娠関連コラム

ミネルバクリニックNIPTトップページ
オンラインNIPT:全国どこにお住まいでもミネルバクリニックのNIPTが受けられます

コラム一覧

NIPTトップページへ遷移