ポーランド、言論の自由を検閲するたびにソーシャルメディアの巨人に220万ドルの罰金を科す

アメリカが気になって仕方がないので、いま、やれることをやろうと思います。
今日は、この記事をまず翻訳したいと思います。これから世界が何をしなければならないのか示唆に富んでいますので是非ご覧ください。

www.patreon.com/posts/poland-to-fine-2-45448716?utm_medium=social&fbclid=IwAR066EAPajwdTZpE9LBEuhkhNsQ4J8S8vhrm530V3o25aqfehudP3iwKpAI

訳文

ポーランド、言論の自由を検閲するたびにソーシャルメディアの巨人に220万ドルの罰金を科す

世界の他の国々はポーランドのように考える必要があると思いますか?

ポーランドでは、ビッグテック企業が合法的な言論の自由をオンラインで検閲するたびに、220万ドルの罰金を科す新法が可決される予定だ。
欧米諸国のリベラルな政府が、いわゆる「ヘイトスピーチ」の削除に失敗したとして、ソーシャルメディアの巨人であるFacebookやTwitterに罰金を科そうとしているのに対し、ポーランドではさわやかに異なるアプローチを取っている。
“ポーランドの規定では、ソーシャルメディアサービスは、ポーランドの法律に違反していない場合、コンテンツの削除やアカウントのブロックは認められません。”
“削除やブロックが行われた場合、プラットフォームに苦情を送ることができ、プラットフォームは24時間以内にそれを検討することができます。”
“決定から48時間以内に、ユーザーは裁判所にアクセスの返還を求める嘆願書を提出することができる。裁判所は苦情を受け取ってから7日以内に検討し、全てのプロセスを電子化することになっている。”
ポーランドのズビグニェフ・ツィオブロ法務大臣は、この法的イニシアチブは検閲と戦うために考案されたものであることを明らかにした。
Ziobro氏は、中傷されたり、中傷された人が正義を追求する権利に影響を与えることはないと主張した。
“しばしば、イデオロギー検閲の傾向の犠牲者は、ポーランドで活動している様々なグループの代表者でもあり、彼らのコンテンツは、コミュニティの観点から受け入れられない見解を表現したり、価値観に言及したりしているという理由だけで、削除されたり、ブロックされたりしています。
“私たちは、それが簡単な話題ではないことを認識しています “と続けた。
“インターネット上では、誹謗中傷されたと感じるすべての人のための保証の領域があるべきであり、他の人の自由の領域に悪影響を及ぼす可能性のある様々なコンテンツの制限の領域があるべきであることを理解している」と述べた。
“しかし、私たちは、一方の側と他方の側の両方が、このようなソーシャルメディアのアカウントに表示されるコンテンツが本当に個人の権利を侵害しているのか、排除できるのか、検閲があるのかを裁くことができる機関の決定を求めることができるようなツールを提案したいと思います。
これは、言論の自由を重んじるすべての先進国、特に米国のモデルとなるべきだ。

Poland to fine social media giants $2.2m every time they censor free speech

Do you think the rest of the world needs to start thinking a lot more like Poland?

A new law is due to be passed in Poland that would fine Big Tech firms a staggering $2.2 million every time they unconstitutionally censor lawful free speech online.
While liberal governments in western nations seek to fine social media giants Facebook and Twitter for failing to remove so-called “hate speech,” Poland is taking a refreshingly different approach.
“Under its provisions, social media services will not be allowed to remove content or block accounts if the content on them does not break Polish law.”
“In the event of removal or blockage, a complaint can be sent to the platform, which will have 24 hours to consider it.”
“Within 48 hours of the decision, the user will be able to file a petition to the court for the return of access. The court will consider complaints within seven days of receipt and the entire process is to be electronic.”
Polish Justice Minister Zbigniew Ziobro made clear that the legal initiative was designed to fight censorship.
Ziobro asserted that it wouldn’t impact the right of people who have been slandered or defamed to pursue justice.
“Often, the victims of tendencies for ideological censorship are also representatives of various groups operating in Poland, whose content is removed or blocked, just because they express views and refer to values that are unacceptable from the point of view of communities… with an ever-stronger influence on the functioning of social media,” Ziobro stated.
“We realize that it is not an easy topic,” he continued.
“We realize that on the internet there should also be a sphere of guarantees for everybody who feels slandered, a sphere of limitation of various content which may carry with it a negative impact on the sphere of other people’s freedom,” he said.
“But we would like to propose such tools that will enable both one side and the other to call for the decision of a body that will be able to adjudicate whether content appearing on such and such a social media account really violates personal rights, whether it can be eliminated, or whether there is censorship.”
This should be the model for all developed countries that value free speech, especially the United States.

コメントを残す (削除要請には応じませんので自己責任でお願いします)

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です