デッドライン:1月11日午前9時30分、”軍民融合 “を阻止するために中国企業からの撤退を

みなさま、こんにちわ。お忙しいアヤカさんに代わり、普段はあまりしない政治系のニュースの翻訳をしたいと思います。PCの皆さんはグーグルの翻訳機能が使えたりするのですが、スマホは難しいみたいですね。
🐅んぱーなので、私。みんなで助け合いましょう!
日本時間2021年1月12日、つまり米国時間2012年1月11日はトランプさんが中国への投資を禁止した期限となっています。
そのことが現状に大きく影響している気がします。いずれにしても、🐅んぱーのわたしは、仕事が手につきません!!

davidharrisjr.com/kari/deadline-jan-11th-at-930-am-to-divest-from-chinese-companies-to-stop-military-civil-fusion/

訳文
デッドライン:1月11日午前9時30分、”軍民融合 “を阻止するために中国企業からの撤退を

月曜日が中国のいくつかの企業への投資の期限となっています。今回のトランプ政権の動きが、中国共産党との複雑で深い対立を引き起こすのではないかとの憶測もある。

マイク・ポンペオ米国務長官は、中国が「軍民融合」を利用していることが、トランプ政権の介入の主な理由になっているとの声明を発表した。

“その目的は、中国が[中国共産党の下で]世界で最も技術的に進んだ軍事力を開発できるようにすることだ」との声明を発表した。その名が示すように、MCFの重要な部分は、中国の民間研究・商業部門と軍事・防衛産業部門との間の障壁を取り除くことである。中国共産党はこの戦略を、自らの研究開発努力だけでなく、盗用を含めた世界の最先端技術を入手し、流用することで、軍事的優位性を達成するために実行している。”

Division of Examinations Risk Alertは火曜日、ドナルド・トランプ大統領が署名した大統領令で規定された、共産主義中国軍関連企業に関連する証券への投資に関連する最近の措置について、投資顧問、証券会社、その他の市場参加者に注意を喚起するために発信されました。

EO 13959は、2021年1月11日午前9時30分(米国東部標準時)から、2021年11月11日までの間に、個人および法人を含む米国人が、中国共産党系軍事企業(以下「CCMCs」)の特定の証券およびデリバティブ取引を行うことを禁止するとしています。

EO 13959の発行はまた、2019年9月に超党派の米下院議員グループが米国執行部に対し、”長年休眠状態にあった権限を含め、中国共産党の軍事・市民融合戦略に立ち向かうために、自由に使えるすべての法定権限を再検討するよう求めたことを受けてのものです。”

そのような権限の1つは、1999年度の国防許可法(NDAA)のセクション1237、改正された(以下、セクション1237)は、国防長官は、”直接または間接的に米国またはその領土と所有物のいずれかで動作している人のリストを公開することを要求した中国共産主義の軍事企業です。

私たちの2020年の大統領選挙投票で今すぐ投票しましょう
2020年11月12日、トランプ大統領は、2021年1月11日午前9時30分(米国東部標準時)に発効する、米国人が特定のCCMCの上場有価証券、またはそれらの有価証券から派生した、またはそれらの有価証券への投資エクスポージャーを提供するように設計された有価証券の取引に従事することを禁止する新たなEOを発表しました。
2020年12月28日、OFACはこれらの禁止事項の幅を明確にするガイダンスを公表しました。その中には、(i)対象となる金融商品を、例えば、デリバティブ(先物、オプション、スワップ)、ワラント、ADR、GDR、ETF、インデックスファンド、投資信託がEOの下での「証券」の定義に含まれる範囲内に含まれるように拡大解釈すること、(ii)禁止事項が米国及び外国のファンドへの投資にも適用されることを確認することなどが含まれます。 (iii) 財務省は、上場CCMCsが過半数を所有または支配している事業体を追加でリストアップする意向であることを表明している。
EOは、米国人がCCMCの指定から1年以内に上場CCMCの保有株を売却することを認める限定的な免除を提供している。
2020年11月12日以降にCCMCに指定された企業については、EOによる制限は指定から60日後に発効し、指定から365日以内に行われた売却については免除が認められる。
1月6日のプレスリリースによると

共産主義中国軍企業を金融する証券投資に関する行政命令 2020年11月12日、トランプ大統領は行政命令13959「共産主義中国軍企業を金融する証券投資からの脅威に対処する」(以下、EO)に署名した。

EOでは、2021年1月11日午前9時30分(米国東部標準時)から、2021年11月11日までの間に、個人と法人の両方を含む米国人が、中国共産党系軍事企業(以下「CCMC」)の特定の証券およびデリバティブ取引を行うことが禁止されるとしています。

我々は、企業が自らの投資について、また投資家や顧客のためにEOの影響を見直し、評価し、関連プロセスを評価することを推奨する。また、追加的なガイダンスについては、OFAC のウェブサイトを継続して確認することをお勧めします。

執行命令のウィキペディアのページによると、対象企業のリストは以下のようになっている。

当初、米国の取引所で株式が取引されている2社を含む31社が特定されました。これらの企業には、航空宇宙、造船、建設、技術、通信などの業界の企業が含まれている。

中国エアロエンジン社
中国航空産業株式会社
中国ロケット技術学院
中国航空宇宙科技股份有限公司
中国航空宇宙科学工業株式会社
中国通信建設会社
中国電子株式会社
中国電子技術集団
中国移動体
中国国家化工股份有限公司(ChemChina
中国国家化学工学
中国国家原子力公社
中国原子力工程建設株式会社(CNECC
中国総合原子力発電所グループ
中国鉄道建設株式会社
中国造船工業株式会社
中国南方工業グループ
中国宇宙衛星
中国国家建設工程
中国国家造船会社
中国通信公社
中国三峡株式会社
中国聯合網通信集団(チャイナユニコム
株式会社CRRC
黎明情報産業株式会社 (スゴン)
ヒックビジョン
華為
インスパイア
中国北方工業集団有限公司(ノリンコ
パンダ電子
シノケム
2020年12月3日、国防総省はさらに4社を中国軍が所有または支配する企業に指定し、影響を受ける企業の総数は35社となった。

セミコンダクター・マニュファクチャリング・インターナショナル・コーポレーション(SMIC
中国国家海洋石油公社(CNOOC
中国建設技術
中国国際工程諮詢有限公司

Deadline: Jan 11th at 9:30 AM, to divest from Chinese Companies to Stop “Military-Civil Fusion”

Monday is the deadline for people to disinvest in several Chinese companies. Some people speculate that the Trump administration’s move to cause this divestment may cause a complex and deep conflict with the Chinese Communist Party.

US Secretary of State Mike Pompeo released a statement about China’s use of the “Military-Civil Fusion” being a leading reason for intervention by the Trump administration :

“Its goal is to enable the PRC [Under the Chinese Communist Party] to develop the most technologically advanced military in the world. As the name suggests, a key part of MCF is the elimination of barriers between China’s civilian research and commercial sectors, and it’s military and defense industrial sectors. The CCP is implementing this strategy, not just through its own research and development efforts, but also by acquiring and diverting the world’s cutting-edge technologies – including through theft – to achieve military dominance.”

The Division of Examinations Risk Alert was sent out on Tuesday to remind investment advisers, broker-dealers, and other market participants of a recent action relating to investments in securities associated with Communist Chinese military companies, as laid out in an Executive Order signed by President Donald Trump.

The EO 13959 states that beginning on January 11, 2021, at 9:30 a.m. EST, U.S. persons, which includes both individuals and entities, will be prohibited from transacting in certain securities and derivatives of Communist China military companies (“CCMCs”) unless such transactions are for purposes of divestment and occur through November 11, 2021.

The issuance of EO 13959 also follows calls by a bipartisan group of U.S. Congress members in September 2019 for the U.S. executive branch to “reexamine all the statutory authorities at its disposal to confront the CCP’s strategy of Military-Civil Fusion, including powers that have lain dormant for years.”

One such authority, Section 1237 of the National Defense Authorization Act (NDAA) of FY1999, as amended (“Section 1237”), required the Secretary of Defense to publish a list of persons “operating directly or indirectly in the United States or any of its territories and possessions that are Communist Chinese military companies.

VOTE NOW IN OUR 2020 PRESIDENTIAL POLL
On November 12, 2020, President Trump issued a new EO prohibiting U.S. persons from engaging in transactions in publicly traded securities of certain CCMCs, or any securities that are derivative of, or are designed to provide investment exposure to, such securities, effective January 11, 2021, at 9:30 a.m. EST.
On December 28, 2020, OFAC published guidance clarifying the breadth of these prohibitions, including (i) a broad interpretation of the covered financial instruments to include, for instance, derivatives (futures, options, swaps), warrants, ADRs, GDRs, ETFs, index funds and mutual funds, to the extent such instruments fall within the definition of “security” under the EO; (ii) confirmation that the prohibition applies to investments in both U.S. and foreign funds that hold publicly traded securities of CCMCs, regardless of the level of such securities’ share of the underlying fund, ETF or derivative, and regardless of where the securities are traded or in which currency the securities are denominated; and (iii) a statement that the Treasury Department intends to list additional entities that are majority-owned or controlled by listed CCMCs.
The EO provides a limited exemption allowing U.S. persons to divest their holdings in listed CCMCs within one year from the CCMC’s designation.
For companies designated as CCMCs after November 12, 2020, restrictions imposed by the EO will go into effect 60 days after the designation, with an exemption allowing for divestments made within 365 days of the designation.
According to the press release of Jan 6th:

Executive Order on Securities Investments that Finance Communist Chinese Military Companies On November 12, 2020, President Trump signed Executive Order 13959, “Addressing the Threat from Securities Investments that Finance Communist Chinese Military Companies” (the “EO”).

The EO states that beginning on January 11, 2021, at 9:30 a.m. EST, U.S. persons, which includes both individuals and entities, will be prohibited from transacting in certain securities and derivatives of Communist China military companies (“CCMCs”) unless such transactions are for purposes of divestment and occur through November 11, 2021.

We encourage firms to review and assess the impact of the EO for their own investments and on behalf of investors and clients and evaluate their related processes. We also encourage firms to continue to review OFAC’s website for additional guidance.

According to the Wikipedia page for the Executive Order, the list of companies is as follows:

Initially, 31 companies were identified, including two companies whose shares are traded on U.S. exchanges. These include companies in the aerospace, shipbuilding, construction, technology, and communication industries.

Aero Engine Corporation of China
Aviation Industry Corporation of China
China Academy of Launch Vehicle Technology
China Aerospace Science and Technology Corporation
China Aerospace Science and Industry Corporation
China Communications Construction Company
China Electronics Corporation
China Electronics Technology Group
China Mobile
China National Chemical Corporation (ChemChina)
China National Chemical Engineering
China National Nuclear Corporation
China Nuclear Engineering & Construction Corporation (CNECC)
China General Nuclear Power Group
China Railway Construction Corporation
China Shipbuilding Industry Corporation
China South Industries Group
China Spacesat
China State Construction Engineering
China State Shipbuilding Corporation
China Telecommunications Corporation
China Three Gorges Corporation
China United Network Communications Group (China Unicom)
CRRC Corporation
Dawning Information Industry Co. (Sugon)
Hikvision
Huawei
Inspur
China North Industries Group Corporation (Norinco)
Panda Electronics
Sinochem
On December 3, 2020, the Department of Defense designated four additional companies as owned or controlled by the Chinese military, taking the total number of affected companies to 35.

Semiconductor Manufacturing International Corporation (SMIC)
China National Offshore Oil Corporation (CNOOC)
China Construction Technology
China International Engineering Consulting Corporation

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です