ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

バイデン氏、すべてのアメリカ人とアフガン人支援者の避難を誓う(AP通信より)

アフガニスタン関連

白い背景に米国のキャピトルビル

タリバンが首都カブールを制圧して以降、アフガニスタン情勢も大変気になるところです。

心配でちょっと英語のニュースサイトを読みましたので、和訳したいと思います。

バイデン氏、すべてのアメリカ人とアフガン人支援者の避難を誓う|記事の内容

バイデン氏、すべてのアメリカ人とアフガン人支援者の避難を誓う

原文はリンクからご確認下さい。

エレン・ニックマイヤー、ロバート・バーンズ、ジェームス・ラポルタ、ゼケ・ミラー 記

昨日

ジョー・バイデン大統領は、2021年8月20日(金)、ワシントンのホワイトハウスのイーストルームで、アメリカ市民とその家族、SIV申請者、弱者であるアフガニスタン人の避難について言及。

ワシントン(AP) – ジョー・バイデン大統領は金曜日、すべてのアメリカ人をアフガニスタンから帰還させること、そして戦争に協力したすべてのアフガニスタン人も帰還させることを固く約束した。政府関係者は、米軍のヘリコプターがカブール空港を超えて飛行し、避難を求める169人のアメリカ人を救助したことを確認した。

バイデン氏の約束は、タリバンから逃れようとする何千人ものアメリカ人やその他の人々が、押し寄せる人混みやタリバンの空港検問所、そして時には乗り越えられない米国の官僚制度を乗り越えようと奮闘する中でなされた。

タリバンがカブールを制圧し、20年に及ぶ戦争に終止符を打った数日後、バイデン氏はまだアフガニスタンに滞在しているアメリカ人に「我々はあなたを家に帰します」と約束した。

ホワイトハウスで発表された大統領のコメントは、アフガニスタンからの映像が、特に空港での混乱を示すことが多かった週の終わりに、目的と安定を示すことを意図したものでした。

タリバンの攻撃にさらされているアフガニスタンの同盟国のために、脱出方法を見つけることを約束したことは、何万人もの通訳者やその他の支援者とその近親者が避難を求めていることを考えると、ワシントンの約束を大幅に拡大する可能性がある。

「バイデン氏は、戦時中のアフガニスタン人支援者に対しても、米国市民と同様の約束をしていると述べ、出国に必要な書類や空港への入場許可を得るために、個々に戦ってきたアフガニスタン人への支援の見通しを示した。彼は、アフガニスタンの同盟国が避難において「同様に重要である」と言いました。

一方、マサチューセッツ州選出のセス・モールトン議員は、ロイド・オースティン国防長官が金曜日に行ったブリーフィングで、空港の検問所でタリバンに殴られた人々の中にアメリカ人が含まれていることを確認し、議員たちに不愉快なニュースを伝えたと述べた。

バイデン氏は、空港の外での混乱と時折起こる暴力を描いたビデオやニュース報道に継続的な批判を受けている。

米国の撤退時期については「私が決定した」と述べ、その口調は毅然としたもので、いつになっても困難な場面につながると宣言した。ドナルド・トランプ前大統領は、タリバンとの交渉で出発を5月としていたが、バイデン氏はそれを延長した。

バイデンが8月31日に残存する米軍の大半を撤退させるという期限を前に、数千人の人々が避難したままになっている。金曜日には、難民の中継地点であるカタールの米空軍基地でバックアップが発生したため、飛行機が数時間停止しましたが、午後にはバーレーン行きを含めて再開されました。

しかし、潜在的な避難民にとっては、空港への入場に関する問題が続いている。ベルギー外務省の確認によると、ベルギーの航空機の1機が、搭乗予定の人々が乗り込めずに空しく離陸したとのことです。

国防関係者によると、アメリカ人約250人を含む約5,700人がC-17輸送機16機に乗ってカブールを脱出し、6,000人規模の米軍の臨時配備が行われた。その前の2日間には、それぞれ約2,000人が空路で移送されました。

バイデン氏は、169人のアメリカ人が空港の外から運ばれてきたと述べたが、詳細は明らかにしなかった。その後、米国防総省のジョン・カービー報道官は、169人は空港近くのバロン・ホテルに集まり、木曜日に空港の境界線を越えて安全な場所に運ばれたと述べた。カービー報道官によると、169人は空港近くのバロン・ホテルに集まり、木曜日に空港の境界線を越えて安全な場所に運ばれたという。

カービー氏によると、ヘリコプターは敵対的な攻撃を受けなかったという。カービー氏によると、アメリカ人は当初、ホテルから空港のゲートまでの短い距離を歩く予定だったが、ゲートの外に群衆がいたため、計画を変更したという。

これとは別に、米軍の高官がAP通信に語ったところによると、米軍のヘリコプターがアフガニスタン人(主に女性と子供)を乗せて、金曜日に空港まで運んだという。陸軍第82空挺師団の第3旅団戦闘チームは、カブール空港近くのキャンプ・サリバンからアフガニスタン人を空路で移送した。これらの関係者は、軍事作戦について議論するために匿名を条件にコメントしている。

カービー氏は、金曜日にヘリコプターを使った作戦があったことは知らないと述べている。

カブール以外の都市や地方に住む人々のために、CIAのケースオフィサー、特殊作戦部隊、国防情報局のエージェントが、米国市民や米国のために働いていたアフガニスタン人の一部を、あらかじめ決められた引き取り場所に集めている。

この関係者は、安全上の理由から、これらの空路で移送場所の詳細を明らかにしなかった。また、現在進行中の作戦について話す権限が与えられていないため、匿名を条件に語った。

ワシントンでは、議会の退役軍人たちが、バイデン政権に対して、より多くのアフガニスタン人が通過できるように、カブール空港よりも警備範囲を広げるよう求めていた。

また、議員たちは、バイデン政権に対して、米軍の撤退期限である8月31日が確固たるものではないことを明確にしてほしいと述べた。

イラクに従軍し、アフガニスタンでは人道支援活動に従事した経験を持つミシガン州選出のピーター・メイジャー議員は、「10日以内に出国しなければならないと考えているアフガニスタン人がいることが、空港の混乱やパニックの原因になっている」と述べた。

空港の外には群衆が押し寄せ、タリバンの戦闘員が空港の周囲を取り囲んでいるため、米国はアメリカ人やその他の人々に対して、空港内で必死に飛行機の席を探している人々に安全な通行を保証することはできないという勧告を改めて行った。タリバンは、群衆を統制するために定期的に空に向かって発砲しており、男女や子供たちが逃げ惑っている。

この勧告は、多くのアフガニスタン人や外国人が、機内に入るために生死をさまよっている様子を捉えています。勧告にはこう書かれている。「複数のゲートで人々を処理しています。大勢の人が集まり、セキュリティ上の問題があるため、ゲートは予告なしに開閉されることがあります。最良の判断で、開いているゲートから空港に入るようにしてください」と書かれています。

バイデン氏はこれまで、今月のタリバンによる突然の占拠に先立ち、米国がより多くの同盟国を派遣できなかったことについてアフガニスタン人を非難してきたが、米国政府高官はAP通信に対し、米国の外交官は数週間前に政権に避難活動を強化するよう正式に要請していたと述べた。

バイデン氏は金曜日に、さまざまな時間の予測を得たと述べたが、いずれもアフガニスタン政府の存続を悲観していた。

バイデン氏は、米国の支援を受けていたアフガニスタンのアシュラフ・ガーニ大統領の助言に従い、翻訳者やその他の危機に瀕しているアフガン人を脱出させるための米国の取り組みを早めに拡大しなかったと述べている。ガニ大統領は先週末、タリバンが首都を占領した際に国外に逃亡した。

また、バイデン氏は、危険にさらされている多くのアフガン人支援者が国外に出ることを望んでいないと述べた。しかし、難民団体は、何千人ものアフガニスタン人が米国に避難するためのビザ申請が何年も滞っていることを指摘している。

また、アフガニスタン人や彼らを支援しようとしているアメリカ人によると、政府は避難民となる人々のためのビザ取得要件に固執しており、その要件を満たすためには10以上のステップが必要で、完了するまでに何年もかかるという。例えば、アフガニスタン人が第三国に行ってアメリカのビザを申請したり、アメリカ人と一緒に仕事をしたことを示す書類を作成しなければならないなど、タリバンの掃討作戦によって危険または不可能になった要件が含まれていることが多い。

ラポルタは、フロリダ州ボカラトンからレポートしました。AP通信のライター、Zeke Miller、Josh Boak、Lolita C. Baldor、Kevin Frekingがワシントンから寄稿しました。

まとめ

日本でも報道がごちゃごちゃしていてわかりにくいし、ツイッターでは非難を求める人たちがカブール空港に押し寄せる動画が多々おちています。

わたしは基本的には新型コロナ情報を中心に発信していますが、やはり、世界にはこうした危険地帯もあって、皆さんが日本国でイベルメクチン使わせない政府はバカだとか言っていられる状況にこそ、感謝をしてほしいと思い、少し状況を共有しました。

神様、どうか世界がもっと平和になりますように。

そう祈りをささげるしか私にはありません。

現地で必死に頑張っている救助しようとする米軍兵士のみなさま、ありがとうございます。

必死に救助を待っているアフガニスタンの方々が一人でも多く救助されますように。

publicブログバナー

 

medicalブログバナー