欧州研究機構のアドバンスグラントで行われるNIPTの臨床試験に日本から共同参加する栄誉を頂きました。 ミネルバクリニックでは、世界中の国際認証を受けた遺伝子検査機関を厳選して業界オンリーワンの検査体制を整えています。

ミネルバクリニックは高い専門性を誇り技術で皆さんにお答えする診療を行なっているため無料相談は受け付けておりません。問診票は医師が皆さんの状態を知るためや必要な情報を伝えるために作成しており診察の一部ですので配布の時点で診療料金が発生します。

自閉症スペクトラム(ASD)には顔つきの特徴があるのか解説

自閉症スペクトラムのマークを持つ子ども

自閉症スペクトラムの顔つき

自閉症スペクトラムの人の顔つきに大きな特徴は見られません。以前は賢そうな顔つきをしていると言われていましたけど、特に医学的な根拠もないので現在では否定されています。

自閉症スペクトラムかどうかを判断する基準はDSM-5による診断がありますが、素人では判断できません。しかしいくつかの特徴があるのでもし当てはまることがあれば医師に相談をするのがおすすめです。

自閉症スペクトラムの子どもの顔つき以外に見られる4つの主な特徴

自閉症スペクトラムのお子さんには複数の特徴が見られます。そのうち代表的な特徴を4つご紹介しますのでご覧になって参考にしてみてください。

表情が変わらない

人に興味がないのかと思わせるほど表情に変化がありません。通常の赤ちゃんだとお母さんやお父さんが大きく口を開けたら真似をして一緒に口を開けます。しかし自閉症スペクトラムの子どもはや表情認知の障害があると認められているせいか、顔の表情が少ないのが特徴です。

こだわりが強い

特定のルールや物事に異様なまでにこだわりを持つのが自閉症スペクトラムの特徴です。例えば、毎日同じ道順をたどる、同じ服を着ることや同じ食物を食べることを強く要求します。また、手足をばたつかせたり、ぴょんぴょんと飛び跳ねたり、おもちゃの車のタイヤを回し続けたりするなど、同じ行動を延々と繰り返すするのもこだわりを持っているために起こしてしまいます。

相手の言葉をそのままオウム返しする

例えば、子どもに「パパとママどっち?」と聞くと「ママ」や「パパ」と答えずに「パパとママどっち?」と返事をしてしまうことはありませんか?自閉症スペクトラムの子どもは言葉を覚えるのが苦手なため聞いたことをそのまま返してしまうのが特徴です。

言葉を教えても覚えられないので大人が言った言葉をオウム返ししてしまうのです。ただ、お子さんが1歳半や2歳くらいならば3歳児検診まで様子を見てあげてください。

クレーン現象が起きてしまう

クレーン現象とは、子どもが何かしてほしいときに、保護者やほかの人の手を取って対象に指を差したり、手を近づけたりする行為です。自閉症スペクトラムの乳幼児がよく取る行動の一つです。

しかし、乳幼児は自分の意思を伝える手段が乏しいためクレーン現象をしがちです。特に言葉を覚え始めた時期は、自分の意思を伝えるために色々なコミュニケーションを取ろうとします。クレーン現象もその一つですので決めつけずに他の行動も見てから疑いを持つようにしましょう。

自閉症スペクトラムの大人が取ってしまう行動

近年はアスペルガー症候群など大人の自閉症スペクトラムも認知されてきています。「もしかしたら自分も?」と疑いを持つ人も多いでしょう。そうした不安を持っている人に向けて、大人の自閉症スペクトラムはどんな行動をしてしまうのかいくつかご紹介します。ただし、当てはまるからといって自己判断は禁物です。必ず病院で検査を受け、医師から自閉症スペクトラムと診断されてからサポートを受けるようにしましょう。

コミュニケーションの特徴として挙げられるのが「相手の気持ちに立って考えられない」というのがあります。相手との距離感が掴めずに発言をしてしまい怒らせてしまうのがよくある例です。他にも社交辞令や冗談が通じなかったり、会話が続かなかったりするのも大人の自閉症スペクトラムでありがちな例です。

続いては「強いこだわり」からくるトラブルが起きることです。例えば、仕事をやる順番にこだわってしまい、柔軟性のある対応ができなかったりします。ゲームに夢中になってしまい仕事へ行くのを忘れたという例もあります。

これらの特性を理解せずに仕事をしてしまうとトラブルを起こしてしまい職場での評価も下がってしまいます。場合によっては退職を余儀なくされてしまうことも珍しくありません。そのため自閉症スペクトラムの人は自己評価が低く、二次障害としてうつ病やパニック障害、対人恐怖症になってしまうこともあります。

改善方法としては、医師から自閉症スペクトラムと診断を受けた上で自分の特性を理解することからがスタートです。特性がわかれば職場で協力してもらったり、自分に合う仕事へ転職したりと生きづらさを改善していきましょう。

まとめ

今回は自閉症スペクトラムの人には顔つきに特徴があるのかどうかを解説しました。実は1943年に発表された論文の中に特徴の一つとして「利口そうで物思わしげな顔つきと,話 せる場合には優れた記憶力によって、話せない場合には動作テスト(例セガンの型はめ板)に よって、明らかになる良好な潜在的認知能力をもつこと」と記載されていたため現在も特徴として残っていたと思われます。

自閉症スペクトラムは人それぞれ特性があります。そのため判断が難しく特徴に当てはまったからといってもお子さんやご自身が自閉症スペクトラムだと決まったわけではありません。

気になる特性が複数あるならば、お子さんの場合は小児科の医師へ、ご自身を疑っているならば遺伝カウンセリングを受けて遺伝子検査を受けてみるのがおすすめです。なぜなら自閉症スペクトラムの原因は9割が遺伝子だと言われているからです。

東京のミネルバクリニックでは、遺伝子の専門家である臨床専門医が遺伝カウンセリングを行い、遺伝子検査についてお話をした上で検査を実施しています。もしご自分が自閉症スペクトラムかもと疑いを持っているならば一度ご相談にお越しください。オンライン診療も実施していますので全国どこからでも診療を受けられますのでお気軽にお問い合わせください。

自閉症遺伝子パネル

ミネルバクリニックでは自閉症の診断や次のお子さんのリスク、カップルから自閉症のお子さんが生まれるリスクなどを総合的に評価可能な自閉症遺伝子パネルをご提供しています。早期診断は早期に療育につなげて社会性を獲得する一助になります。遺伝子検査はこの10年で飛躍的に進化を遂げ、たくさんの知見が得られてきました。不安に思っている方々を力強くサポートしていきたいと願っています。

自閉症スペクトラム関連記事

この記事の筆者:仲田洋美(医師)

プロフィール

1995年医師免許取得。血液・呼吸器・感染症内科を経て、臓器別・疾患別の縦割りの医療の在り方に疑問を感じ、人を人として”全人的”に診療したいという思いを強くし、臓器を網羅した横断的専門医となり、2010年にがん薬物療法専門医取得(2019年現在全国1200人程度)。臓器を網羅すると遺伝性がんへの対策が必要と気づき、2011年に臨床遺伝専門医取得(2019年現在全国1000人程度)。遺伝相談はセンシティブな分野にもかかわらず、昼間の短い時間しか対応できない大病院のありかたに疑問を感じて、もっと必要な人がハードルを感じずに診療を受けられるようにしたいと2014年12月に開業。以来、全国から大学病院でも難しい内容の対応を求める人々を受け入れ、よろづお悩み相談所として多くの人々の様々な”家族(計画)の問題”を改善に導く。

著書に”女性のがんの本当の話”(ワニブックス)、”遺伝するがん・しないがん”(法研)がある。
少ない専門家で、正直で嘘のない言葉選びから週刊誌等の取材も多く、医療系の特集に時折コメントが掲載。(週刊現代、週刊ポスト、週刊新潮など)。
テレビ出演も時々あり、小林真央さんの病状を市川海老蔵さんが初めて記者会見した日、フジテレビの午後4時台のニュース番組に生出演して解説。その他TBS, AbemaTVなど出演。

一人一人の事情に合わせた個別対応をするべく、しっかり時間を取って本当のニーズは何かを聞き取りすることを大切にしている。短い時間でもお互いが出会ったことが相手の人生に大きな意味があるような医師患者関係の構築を理想として日々精進。

患者さんが抱えている問題を解決するにはどうしたらよいのかを考えて医師歴8年目に法学部に学士入学した程度に”凝り性”。女医が少なかった時代に3人の母親として難関専門医を3つ取得して社会進出を続けた経験から、女性のライフスタイルを医学以外の部分でも支援したいと願っている。いろんな人生経験から心に響く言葉を投げかけるため、”会うと元気になる”ということで有名。飼いネコ4匹。

さらに詳しいプロフィールはこちら

お電話は24時間受付可能
診療時間
午前 10:00~14:00
(最終受付13:30)
午後 16:00~20:00
(最終受付19:30)
休診 火曜・水曜

 

休診日・不定休について


クレジットカードのご利用について

publicブログバナー

 

medicalブログバナー

 

NIPTトップページへ遷移