お知らせ

02/06

2021年2月10日(予定)NHKクローズアップ現代でNIPTに関して放送されます。
当院も取材を受けておりますので是非ご覧下さい。

07/02

週間新潮掲載の記事がヤフーニュースに掲載されました。
2か月ほどで消えるのでスクショを張り付けておきます。
news.yahoo.co.jp/articles/a87aec43a59f8b0c15009b6f64bdf48de9559e27

07/02

www.dailyshincho.jp/article/2020/07020559/?all=1&page=1

新型出生前診断」の拡大で“ビジネス化”加速の懸念 儲けに走るクリニックの手口

是非ご覧ください。

休診日のお知らせ

2021年6月

1日(火)・2日(水)/8日(火)・9日(水)/

15日(火)・16日(水)/22日(火)・23日(水)/
 
29日(火)・30日(水)/

2021年5月

1日(土)・2日(日)・3日(月)・4日(火)/GWで空輸出来ないため、

11日(火)・12日(水)/18日(火)・19日(水)/

25日(火)・26日(水)/

2021年4月

6日(火)・7日(水)/13日(火)・14日(水)/

19日(月)午後診休診(16:00~20:00)/

20日(火)・21日(水)/27日(火)・28日(水)/

GNS

遺伝子名; GNS


↓↓↓↓↓↓ テーブルこの下にペースト ↓↓↓↓↓↓

遺伝子GNS
疾患名ムコ多糖症ⅢD型(サンフィリッポ症候群
スーパーNIPT100で検査対象のバリアントc.1226dupG
c.1169delA
c.1168C>T
c.1138_1139insGTCCT
c.1063C>T
検出率>80%
分布一般人口(世界中のどこにでもある普遍的な人口)
引用Jansen, A. C. M. et al. (2007); Mok, A.,
Cao, H. & Hegele, R. A. (2003)
程度重度
遺伝形式常染色体劣性
症状:引用元www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/children/012.html
症状ムコ多糖症Ⅲ型(Sanfilippo症候群)はムコ多糖症I型やⅡ型と比べて骨の障害が少なく知的障害は重い。軽度の肝臓腫大があり、角膜混濁はない。尿中にヘパラン硫酸が出ているがデルマタン硫酸は認められない。
生化学的に4つの亜型にわけられる。すなわち、heparan N-sylfatase欠損症(A型)、α-N-acetylglucosaminidase欠損症(B型)、acetylCoA:α-glucosaminide acetyltransferase欠損症(C型)、N-acetylglucosamine 6-sulfatase欠損症(D型)の4つである。日本人では、B型の方が多い。また、沖縄県にB型のcommon mutationがありfounder effectが推測されている。C型、D型は、どちらもまれである。

2歳から6歳頃に症状が発現する。多動、乱暴な行動、発達遅滞、粗い毛、多毛が認められる。中枢神経変性症状が急速に進行し、7〜8歳までに言語は消失する。言葉の獲得が見られないままに退行する症例もある。10歳代になると、睡眠障害、肝脾腫、痙攣発作が見られ、周囲とのコンタクトも消失する。Sanfilippo症候群は、ムコ多糖症に特徴的な粗な顔貌や関節・骨の変形は非常に軽度であるため、診断が難しい。身長も、ほぼ正常範囲である。10歳代で寝たきりとなり、多くは20歳代頃に呼吸器感染症等で死亡するが、30歳、40歳にまで達する症例もある。A型が比較的重症であると言われている。

頻度日本では、約10万人に1人の発生頻度
保因者頻度
新生児マススクリーニング

↑↑↑↑↑↑ テーブルこの上にペースト ↑↑↑↑↑↑